ただいまの掲載件数は タイトル58097件 口コミ 1134676件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 火花 > 映画論評・批評

『火花』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

菅田×桐谷の映画版は、板尾創路監督が狙った挑発的な演出に息をのむ

written by:イソガイマサト
(2017/11/16更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 原作が有名です
製作年/国 2017年/日本
配給 東宝
ヘッド館 TOHOシネマズ スカラ座
時間 121
公開日
監督

 


『火花』


お笑い芸人・又吉直樹の芥川賞受賞作をドラマ化に続いて映画化した本作だが、原作も読んでいないし、ドラマ版も観てないのでそことの比較はできないし、比較することにはそもそも何の意味もない。売れないお笑い芸人の10年に渡る友情を、その世界の酸いも甘いも知り尽くしたお笑い芸人の板尾創路が、菅田将暉と桐谷健太をダブル主演に迎えて自らのメガホンでわざわざ視覚化したのだから、語るべきはその魅惑のコラボが何を産み落としたのか? それが観る者に何をもたらすのか?だけで十分だと思うのだ。

と、前置きが長くなったが、ここからが本題。複数の演技バトルがトーナメント方式の試合のように設定された多重構造のドラマはかなり挑発的で、それだけで息をのむ。菅田は現役芸人の川谷修士(2丁拳銃)とお笑いのネタと芸人の哀切のドラマを体現し、桐谷の方は同じ俳優の三浦誠己と同様の芝居を確立。そんな若干違うアプローチでそれぞれのお笑いコンビを生きたふたりを、板尾監督は映画の後半で狙い澄ましたように激突させるのだからたまらない。そこで流れる菅田の涙は本物。生々しいエモーションに私たちの心も激しく揺さぶられる。

 

1
【関連作品】
火花

(C)2017「火花」製作委員会

 

『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
『リメンバー・ミー』日本版無料特別上映会ご招待!
世界を震撼させた衝撃作が日本上陸!
『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
本年度オスカー最有力作品! キャストの熱演と緻密な脚本が生み出した濃密な人間ドラマ『スリー・ビルボード』ほかチリの俊英が放つ『ナチュラルウーマン』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ