ただいまの掲載件数は タイトル56824件 口コミ 1119121件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ > 映画論評・批評

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

今や軽視されがちなマクドナルドについてあらためて
考えさせられる

written by:猿渡由紀
(2017/06/28更新)

ジャンル 社会派ドラマ
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 THE FOUNDER
製作年/国 2016年/米
配給 KADOKAWA
ヘッド館 角川シネマ有楽町
時間 115
公開日
監督

 


『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』


始まりは、L.A.郊外で兄弟が経営した1軒の店。しかし、“世界の言葉”にしたのは、野心家のセールスマンだった。

物語の始まりは1954年。当時は、ウェイトレスが車までトレイでハンバーガーを運んで来てくれるのが常識で、ミルクシェイクを作るミキサーのセールスマン、レイ・クロック(マイケル・キートン)は、ランチに立ち寄っては、待ち時間の長さに、しばしばうんざりさせられていた。だが、ある日、マクドナルドという1軒の店が8台という大量のオーダーをしてきたことに好奇心を抱き、足を運ぶ。そこでは、独自に開発された画期的なシステムがとられ、注文品が、あっという間に出てきた。クロックはすぐ、オーナーのマクドナルド兄弟に、一緒に組もうと持ちかける。

クオリティの維持を最重要視する兄弟と、荒っぽい手段を使ってもビジネスの拡大を狙うクロック。双方の間には、埋められない溝ができていく。果たしてクロックは悪者なのか? もしこの出会いがなかったら、世の中の食文化はどうなっていたのか? 今やすっかり軽視されているマクドナルドについて、あらためていろいろなことを考えさせられてしまう、興味深い1作である。

 

1

(c)2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 

『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ