ただいまの掲載件数は タイトル60260件 口コミ 1159685件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > オーシャンズ8 > 映画論評・批評

『オーシャンズ8』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

女性版犯罪チームは負けず劣らずゴージャス&自然体

written by:村山章
(2018/08/10更新)

ジャンル アクション
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 OCEAN'S EIGHT
製作年/国 2018年/米
配給 ワーナー・ブラザース映画
ヘッド館 丸の内ピカデリー
時間 110
公開日
監督

 


『オーシャンズ8』


『オーシャンズ11』シリーズは“オールスター豪華共演!”という売り文句に新しい価値基準をもたらした。有名スターが次々と現れて見せ場をかっさらうのでなく、力むことなく自然体でアンサンブルを楽しむ、そんなコンセプトが貫かれた軽妙な犯罪コメディだったのだ。

監督がソダーバーグからゲイリー・ロスに交代、サンドラ・ブロックが新たな女性犯罪チームを結成する本作もその伝統と軽やかさを受け継いでいる。同じ画面にサンドラ・ブロックとケイト・ブランシェットとアン・ハサウェイが収まっても(3人ともオスカー受賞者だ)まったく「すごいでしょ!」オーラを感じさせない。価値観が反転して逆に贅沢だ。

実はソダーバーグはロスの『ハンガー・ゲーム』で第2班監督を務めたことがある。友人であるロスの現場で自らカメラを回し、1日だけ暴動シーンを演出したのだ。ソダーバーグは「自分がやったとバレないように作品になじませるのが1番の目標」と発言していたが、ロスもまた、我を出すことなく、本シリーズが持つ粋でライトなエンタメ感を見事に踏襲してみせている。簡単な言葉で言い換えると、「とにかくゴージャスで楽しいから観て!」なのである。

 

1
【関連作品】
オーシャンズ8

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”