ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149262件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アナベル 死霊人形の誕生 > 映画論評・批評

『アナベル 死霊人形の誕生』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

少女残酷物語を紡ぐ『死霊館』ユニバースの極北の恐怖

written by:相馬学
(2017/10/04更新)

ジャンル ホラー
気分 コワ〜い体験ができます
原題 ANNABELLE:CREATION
製作年/国 2017年/米
配給 ワーナー・ブラザース映画
ヘッド館 新宿ピカデリー
時間 110
公開日
監督
PG12

 


『死霊館』に登場した、呪いの人形を中心に据えた『アナベル 死霊館の人形』の続編。『死霊館』シリーズが家族や夫婦のドラマに重きを置いているのに対して、こちらは恐怖を描くことに徹する。

物語はタイトルどおり、呪われた人形アナベルの誕生秘話を背景にした前日談。愛娘を事故で亡くした人形師の夫妻と、彼らの屋敷に間借りすることになった孤児の少女6人と、その世話をするシスターが、怪現象からのサバイバルを強いられる。『死霊館』と同様に少女たちが悪霊の格好の標的となるのだが、こちらはより過激で容赦ナシ。中心となるのは足の不自由な女の子で、昇降機がなければ階段の上り下りもできず悪霊からも素早くは逃れられない。そんな設定でスリルを高めつつ、後半は『エクソシスト』のような悪魔憑きへと発展し、衝撃のクライマックスへ。『ライト/オフ』で長編デビューしたホラー界期待の俊英デイビッド・F・サンドバーグの、陰影を活かしたショック演出はさらに冴え渡り、暗闇に置かれた少女たちの恐怖を生々しくすくい取る。今後『死霊館』はユニバース展開され、さらなるスピンオフ作品が作られるが、本作の極北と言うべき恐怖はひとつの指標となるかもしれない。

 

1

(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!