ただいまの掲載件数は タイトル62932件 口コミ 1167781件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ボンジュール、アン > 映画論評・批評

『ボンジュール、アン』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

ソフィアのママの監督作は
熟年版『ロスト・イン・トランスレーション』

written by:長谷川町蔵
(2017/06/28更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 おしゃれな感覚が楽しめます
原題 PARIS CAN WAIT
製作年/国 2016年/米
配給 東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
ヘッド館 TOHOシネマズ シャンテ
時間 92
公開日
監督

 


『ボンジュール、アン』


ハリウッドに君臨する映画監督一家、コッポラ・ファミリー。一家の歴史は、ジア・コッポラの監督デビューによって3代目に突入したわけだが、ここにきて家長フランシス・フォード・コッポラの妻、エレノア・コッポラが齢80歳にしてメガホンを取ることに。過去に傑作ドキュメンタリーを撮っているとはいえ、これには正直戸惑った。

だけど内容を観たら納得。仕事に多忙な夫に対して疎外感を覚えるヒロインのささやかな冒険というプロットにおいて、本作は娘ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』の熟年バージョンだからだ。劇中、主人公が「娘が好きな曲なの」と言ってカーステレオでフランスのロックバンド、フェニックス(フロントマンのトーマス・マーズはソフィアの夫)のナンバーを聴くシーンにはニヤリとさせられる。また劇中で言及される“亡くなった息子”のモデルはジアの父にあたる長男ジャン=カルロのことだろう。

きっとエレノアは、家族の歴史を一家の家業である劇映画で振り返りたくなったに違いない。そんなエレノアの分身である主人公を、夫の作品の常連であるダイアン・レインが好演している。

 

1
【関連作品】
ボンジュール、アン

(C)American Zoetrope,2016

 

ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】