ただいまの掲載件数は タイトル59758件 口コミ 1155083件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ノクターナル・アニマルズ > 映画論評・批評

『ノクターナル・アニマルズ』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

T・フォードの監督第2作は区別しない異空間演出で
観客を甘美な混沌へと誘う

written by:清藤秀人
(2017/11/01更新)

ジャンル サスペンス
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 NOCTURNAL ANIMALS
製作年/国 2016年/米
配給 ビターズ・エンド=パルコ
ヘッド館 TOHOシネマズ シャンテ
時間 116
公開日
監督
PG-12

 


『ノクターナル・アニマルズ』


恋人を亡くした大学教授の最期の1日を、ただひたすら甘美な映像を駆使して描いた監督デビュー作から7年。トム・フォードの空間演出は格段に成長していた。ジャンクカルチャーにどっぷり浸かるアートギャラリーのオーナー、スーザンの空虚な現実と、彼女の手元に送られて来る元夫が綴った犯罪小説が誘うリアルな虚構とを、地続き、つまり何ら演出的区別をせずに往き来しつつ、さらに、現実の時間軸を前後に移動させるという企みを、ものの見事に成功させているのだ。その意図した混沌の効果たるや!!

観客はいつしかスーザンと一緒に、不眠症に苦しむ日常を逃れて、テキサスの荒野で起きる殺人事件を目撃したり、元夫との出会いの日々に思いを馳せつつ、やがて、痛烈な結末へと突き進んでいく。まるで小説のような切れ味鋭い幕切れへと。それは正しく、映画だけに許された虚実のごった煮。シャワーやベッドシーン、死体演出に見る裸体の類似配置、スーザンのメイクの濃淡など、各空間をつなぎ、時に区別する演出の遊びにも興じながら、フォードが狙った映画的世界の完成度は高い。それを比較するなら、ブライアン・デ・パルマが最も近いのでは?

 

1

(C)Universal Pictures

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!