ただいまの掲載件数は タイトル59971件 口コミ 1156996件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アウトレイジ 最終章 > 映画論評・批評

『アウトレイジ 最終章』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

生と死の絶妙な対比が映える極悪非道たちの
サバイバルドラマ最終章

written by:轟夕起夫
(2017/10/06更新)

ジャンル バイオレンス
気分 ハラハラドキドキ興奮します
製作年/国 2017年/日本
配給 ワーナー・ブラザース映画=オフィス北野
ヘッド館 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
時間 104
公開日
監督
R15+

 


『アウトレイジ 最終章』


1作ごとにモードを変えながら、断続的に発表されてきた『アウトレイジ』シリーズ。この『…最終章』では冒頭、視界の奥に青い空と水平線が見え、ゆるやかな坂道を軽トラックが走っていく。思い起こせば“軽トラ”というのは『あの夏、いちばん静かな海。』(1991)や『菊次郎の夏』(1999)、『アキレスと亀』(2008)など北野映画によく出てくるものなのだが、ここで比較すべきはやはり『ソナチネ』(1993)だろう。ラストの、同じく海へと繋がるゆるやかな坂道にシンボリックに登場していたからだ。

つまり、本作のオープニングは明らかに前2作とテイストが違うのである。ビートたけしと大森南朋……主人公の大友と、彼をかくまう“張グループ”の一員・市川が韓国の済州島で釣りをし、『ソナチネ』のごとく時間つぶしを始める、手持ち無沙汰な、でもどことなく開放感を与える数ショット。これが映画全体に効いてくる! つかの間流れた大らかな“生の時間”が刷り込まれ、だからこそ以降にやってくる閉塞感、前2作さながらの裏切りと打算、殺し合いのサバイバルドラマの“物の哀れ”を際立たせるのだ。

総じて『アウトレイジ』シリーズとは、いわゆる「ヤクザ映画」ではなかった。業に満ちた人間図鑑であり、足元を掬いあうパワーゲームであり、いつの時代にも当てはまるバイオレントな寓話。物語が進むにつれ、まるで空気が薄まっていくような“窒息感覚”は、本作がシリーズ中、一番だと思う。

 

1
【関連作品】
アウトレイジ 最終章

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集