ただいまの掲載件数は タイトル56842件 口コミ 1119263件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 君はひとりじゃない > 映画論評・批評

『君はひとりじゃない』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

スピリチュアルな視点で傷ついた心の再生を描く
驚くべきポーランド映画

written by:高橋諭治
(2017/06/27更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 しみじみと感動できます
原題 CIALO
製作年/国 2015年/ポーランド
配給 シンカ
ヘッド館 シネマート新宿
時間 90
公開日
監督

 


『君はひとりじゃない』


第65回ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)に輝いたこのポーランド映画は、母親に先立たれて断絶してしまった父親と娘の“絆”を巡る物語。検察官の父親は地元で起こる陰惨な事件の現場に出入りするのが日課で、生きる喜びを見失っている。摂食障害を患ってやせ細った娘は、心と体のバランスが崩れてしまった。そんな鬱屈した日々を過ごす父娘に、中年の女性セラピストが救いの手を差し伸べ、観る者の先読みを許さない摩訶不思議なドラマが展開していく。

実はこの映画、冒頭から奇妙な出来事が続発する。川辺で首吊り自殺した男性が、警察の現場検証の最中に突然むくりとよみがえり、いずこへと歩き去ってしまう。またセラピストは鋭い霊感の持ち主で、しばしば街中で幽霊を目撃したりする。要するに、本作は“心のよりどころを失った現代人”というヒューマンなテーマを、スピリチュアルな要素を媒介に映像化したユニークな1作なのだ。そして登場人物3人が一堂に会する終盤には、それまでのシュールな“驚き”がまさかの“感動”に変わる瞬間がある。稀に見るほど美しく、切なさや愛おしさが溢れ出すその超常現象をぜひ目撃してほしい。

 

1
【関連作品】
君はひとりじゃない

(C)Nowhere sp. z o.o., Kino?wiat sp. z o. o., D 35 S. A., Mazowiecki Fundusz Filmowy 2015 all rights reserved.

 

WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ