ただいまの掲載件数は タイトル60623件 口コミ 1162142件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > オリエント急行殺人事件 > 映画論評・批評

『オリエント急行殺人事件』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

ポアロの髭はそのままに、よりアクティブに
ドラマチックに生まれ変わった古典ミステリ

written by:よしひろまさみち
(2017/12/13更新)

ジャンル サスペンス
気分 原作が有名です
原題 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
製作年/国 2017年/米
配給 20世紀フォックス映画
ヘッド館 TOHOシネマズ 日劇
時間 114
公開日
監督

 


『オリエント急行殺人事件』


1934年に出版されて以降、日本でも何度も翻訳されてきた『オリエント急行殺人事件』。ご存じのとおり、映画化、ドラマ化も何度もされてきており、もはやこれ以上映像でできることはない、というところまできている作品だが、まさかの斜め上をいく傑作に仕上げてきたのが、現在公開中のケネス・ブラナー版だ。

まず、ポアロ像を大きく変えたことが大きい。原作に忠実に、運動神経あまりよくないずんぐりむっくりのオヤジというこれまでのポアロのイメージを一新。自信家できざな性格と印象的な口ひげはそのままに、スタイリッシュ&アクティブなポアロは、ルックスからして主役の華が出た。しかも、密室劇だったオリジナルを大幅に改編し、外にも出るしアクションまでこなすポアロは新鮮だ。

そして、多くの人が知るこの物語の結末の処理も非常に巧い。正直、本作は結末が全てではない希有な推理モノといっていい。結末に至るまでの過程、あまりにも多いキャラクター描写のまとめ方、それらが見どころだ。65ミリフィルムを使って、雄壮な雪景色や荘厳な汽車を映し出すのはもちろん、オールスターで構成された各キャラの心象描写まで効果的に表現。オリジナルが周知された物語だからこその工夫やギミックをたっぷり楽しんでもらいたい。

はやばやと続編の製作が決定しているが、物語の終盤でその布石が投じられる。思わずニヤリとしてしまうはずだ。

 

1

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”