ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149237件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 > 映画論評・批評

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

原作再現度高いスタンドバトルとキャストの熱演が事前の悪評を払拭! 高まる次回作への期待!

written by:イソガイマサト
(2017/08/07更新)

ジャンル サスペンス
気分 原作が有名です
製作年/国 2017年/日本
配給 東宝=ワーナー・ブラザース映画
ヘッド館 TOHOシネマズ 新宿
時間 118
公開日
監督

 


『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

日本を舞台に描く荒木飛呂彦の人気コミック第4部の序章を実写化した本作。これまでこのビッグタイトルに誰も手を出さなかったのは、どんな映画を作っても浴びるに違いない原作ファンのバッシングを恐れてのことだと思うけれど、すでに『殺し屋1』『ヤッターマン』『無限の住人』といったムチャなコンテンツの実写化を次々に無謀にもやり遂げている映画製造マシンの三池崇史監督だけはそんなの関係ない!!

今回もコミックの2次元&静止画の世界を、CGを駆使しながら生身の人間で立体的にスピーディに実写化! 第4部全体のプロローグとも言える前半を、山田孝之の独壇場とも言える水まみれの怪演と彼が演じたアンジェロが放つスタンド(特殊能力)“アクアネックレス”のVFXで見せきり、主人公の高校生・仗助と西村兄弟(岡田将生、新田真剣佑)をめぐる後半のエピソードに雪崩れ込んでいく展開もそつがない。個性的なキャラが炸裂させる“バッドカンパニー”などのスタンドもちゃんと視覚化されていて楽しい。まあ、原作ファンはそれでも難癖つけるだろうが、難癖をつけるよりも、“あの画がこうなったのか?”“こういう表現に変えたのか?”というポジティブなスタンスで観た方が楽しい時間が過ごせるというものだ。

ただ、コミックの再現に終始していて、小さくまとまっている感じがするのも否めない。せっかく奇天烈なキャラやスタンドが次々に登場するのに、みんなお行儀がよくて、弾けないのがもったいない。まあ、小松菜奈が演じる山岸由花子の描き方を見ても、それは意図的にワザとやっていることなんだろうな〜。つまり確信犯という奴で、エンドロールの途中に出てくるショッキングな映像にも“今回は下ごしらえで、次が実戦だから楽しみに待っていろよ!”という強い意思が感じられる。間違いなく作られるだろう第二章では、今度こそスクリーンからはみ出すような、ぶっちぎりの三池版“ジョジョ”ワールドを期待したい。

 

1

(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!