ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157611件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パターソン > 映画論評・批評

『パターソン』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

ゆるゆると流れる
ありふれた日常に宿る輝きを掬いとった映像詩

written by:佐藤久理子
(2017/08/21更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 しみじみと感動できます
原題 PATERSON
製作年/国 2016年/米
配給 ロングライド
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ有楽町
時間 118
公開日
監督

 


『パターソン』


ニューヨーク郊外にある小さな街パターソンで、バス・ドライバーをするパターソン(アダム・ドライバー)という主人公の1週間を描いた物語。まるでラップのように韻を踏む名前からして、何やらユーモラスな予感がするが、この映画にはこうした、些細だがこだわりのリピートが溢れている。そもそもパターソンの日常が繰り返しだ。いつも同じ時間に起床して、穏やかに隣で眠る妻を置いて仕事に出かけ、帰宅した後はおきまりの犬の散歩に出かける。こう書くと一見どこにでもいそうな平凡な主人公だが、そうではない。なぜなら彼は詩人だから。そして本作の監督は、『パーマネント・バケーション』や『ストレンジャー・ザン・パラダイス』など、“何も起こらないこと”を美しくもちょっぴり可笑しい映像詩に仕立てる俊才、ジム・ジャームッシュだからである。

もちろんパターソンは著名な詩人などではない。それどころか、彼には自分の詩を世に出したいという野心すらない。だが彼は、ふだん目にする風景にかけがえのない何かを認める眼差しと、それを愛でる心を持っている。バスの車窓の過ぎ行く景色に目を留め、乗客のたわいない会話に耳を傾け、いつも調子っぱずれな行動で彼を楽しませてくれる妻を思いながら詩を書き続ける。ゆるゆると穏やかに流れて行く時間の、なんと満ち足りていることか。ひょっこり遭遇する謎の日本人(『ミステリー・トレイン〈1989年〉』以来のジャームッシュ作品となった永瀬正敏)との会話にも、思わず微笑みたくなるような味がある。

世界がパターソンのような人ばかりだったらなんて素敵だろう、と思わせてくれるような作品だ。

 

1

(C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集