ただいまの掲載件数は タイトル55896件 口コミ 1106371件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > メッセージ > 映画論評・批評

『メッセージ』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

絶妙な語り口と、感動的なテーマによって、
『2001年宇宙の旅』にも匹敵するSF作品

written by:斉藤博昭
(2017/05/15更新)

ジャンル SF
気分 原作が有名です
原題 ARRIVAL
製作年/国 2016年/米
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ヘッド館 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
時間 116
公開日
監督

 


『メッセージ』



SF映画ながら、今年のアカデミー賞では作品賞など8部門にノミネートされた本作。その理由は、単に地球外生命体と人類のコンタクトという以上に、そこから一歩も二歩も進んだ新たな地平へと向かい、心を揺さぶるドラマになっているからだろう。映画化が難しいといわれたテッド・チャンの原作(『あなたの人生の物語』)のテーマをしっかりと守りつつ、絶妙な脚本と映像、編集、そして音楽によって、革命的なSF映画となった。さらに原作を超え、現在の世界情勢を反映したテーマが立ち現れているのも、奇跡的といえる。

冒頭で、主人公ルイーズの娘が病気で亡くなったことが語られる。それに続くシーンで、地球の12カ所に謎の飛行物体が襲来し、各国がパニックに陥るのだが、このふたつの事象が、さり気なく、いつの間にかリンクしていく語り口こそ、本作の真骨頂だろう。ルイーズ役、エイミー・アダムスの微妙な表情の使い分けによって、ふたつのドラマがつながっていく事実は、映画を観終わったときに理解できる。この演技のテクニックは、かなりハイレベル。アカデミー賞にノミネートすらされなかったのは大いに疑問である。

 

1
【関連作品】
メッセージ

 

ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝