ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149265件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > エイリアン:コヴェナント > 映画論評・批評

『エイリアン:コヴェナント』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

SFスリラーへの原点回帰に見る
鬼才リドリー・スコットの本気

written by:相馬学
(2017/09/14更新)

ジャンル SF
気分 コワ〜い体験ができます
原題 ALIEN: COVENANT
製作年/国 2017年/米
配給 20世紀フォックス映画
ヘッド館 TOHOシネマズ 日劇
時間 122
公開日
監督
R15+

 


『エイリアン:コヴェナント』


スクリーンで描かれた宇宙生物の中でも、最も狂暴なものとして記憶される『エイリアン』のクリーチャー。生みの親である鬼才リドリー・スコットが、同作の前日談となる3部作の製作に取り組み、その第1弾として『プロメテウス』を放ったのは、ご存じのとおり。第2弾となる本作ではより深く、エイリアン誕生の秘密に踏み込んでいく。

『プロメテウス』でスコットが描いたのは、創造主という“親”を創造物という“子”が乗り越える話だった。しかし、思索的なドラマはファンの不評を買い、シリーズ初体験の観客からは難解というレッテルを貼られてしまう。その点、今回はシリーズの伝統に則り、SFスリラーの色を深めていく。宇宙船のクルーが未知の生命体の出現によってサバイバルを余儀なくされる……というストーリーはシリーズの基本を踏襲したものだ。緊迫感溢れる展開はもちろん、血のり増量のスプラッター描写を見ても、本作の指針が恐怖の方向に振れているのは明らかだ。サバイバルもスリル満点で、誰が生き残るのかという興味を引かずにおかない。そして、シリーズ中最も救いのない結末。スコットは本気で観客を怖がらせようとしているのがよくわかる。

創造主と創造物というテーマを踏まえつつも、スリラーに徹する潔さ。スコットが本気でエイリアンを撮ろうとしていることが、本作からはよくわかる。2019年公開予定の完結編が楽しみになってきた。

 

1

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!