ただいまの掲載件数は タイトル56791件 口コミ 1118752件 劇場 585件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 哭声/コクソン > 映画論評・批評

『哭声/コクソン』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

國村隼が怪助演! 韓国の剛腕監督が放つ不条理な恐怖映画

written by:高橋諭治
(2017/03/03更新)

ジャンル サスペンス
気分 コワ〜い体験ができます
製作年/国 2016年/韓国
配給 クロックワークス
ヘッド館 シネマート新宿
時間 156
公開日
監督

 


『哭声/コクソン』


毎年数多くの“過激な”クライムスリラーが作られている韓国映画界でも、『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督は確かな演出力に裏打ちされたアクション&バイオレンス描写の激しさにおいて群を抜く存在だ。もしもこの剛腕監督にホラーを撮らせたら、どれほど恐ろしい映画が出来上がるのか。國村隼が韓国を代表する映画賞の青龍賞で男優助演賞を受賞したオカルト映画がこれだ。

とある村の住民たちが、自分の家族を虐殺するという異常な出来事が続発。近くの山奥に住みついた日本人が関係しているのではないかとの噂が流れる中、愛する娘を守ろうとする警官の苦闘を描き出す。この上なく血生臭い映画だが、直接的な暴力シーンは決して多くない。むしろ観客は、謎の日本人や怪しげな祈祷師らに翻弄されて右往左往する警官の運命を通して、いったい何が真実なのか分からない極限の不安を体験することになる。のどかな田舎の風景をバックに繰り広げられる惨劇は、クライマックスになだれ込んでもまったく解決しそうな気配もない。じわりじわりと嫌なテンションを高めるナ監督の新境地が生み出した“不条理恐怖”にどっぷり浸ってほしい。

 

1
【関連作品】
哭声/コクソン

(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

 

モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ