ただいまの掲載件数は タイトル55716件 口コミ 1103457件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラビング 愛という名前のふたり > 映画論評・批評

『ラビング 愛という名前のふたり』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

実話を基に描き出す人種を超えて愛を貫いたふたりの静かな愛の物語

written by:細谷美香
(2017/03/08更新)

ジャンル ラブ・ストーリー
気分 心から泣けます
原題 LOVING
製作年/国 2016年/英=米
配給 ギャガ
ヘッド館 TOHOシネマズ シャンテ
時間 123
公開日
監督

 


ラビング 愛という名前のふたり


アメリカのいくつもの州で禁止されていた異人種間の結婚が許されたのは、1967年のことだという。何とほんの60年前まで、あまりにも理不尽な法律がまかり通っていたことになる。『ラビング 愛という名前のふたり』は、歴史を変えることになった夫婦の実話を基にした映画だ。

バージニア州で愛を育み、異人種間の婚姻が許されているワシントンDCで結婚をしたレンガ職人のリチャードと、ミルドレッド。地元に戻ったふたりは逮捕され、故郷を追われてしまう。

ジョエル・エドガートンが演じた、これまでのワイルドでセクシーなイメージとはまた違う口下手な主人公は、過酷な現実に対する怒りや嘆きを、声高に叫ぶことはしない。都会暮らしで笑顔を失ってしまった妻の思いに寄り添い、愛だけを拠り所にその時々で最善だと信じる道を選んでいくだけだ。果てしなくドラマチックなラブストーリーや、スリリングな裁判劇にできる題材でありながら、ふたりの人生を描くジェフ・ニコルズ監督の手つきは、あくまでも慎ましい。その誠実な姿勢が、黙々と、けれども確かに、ひとつずつレンガを重ねていくような主人公の生き方と美しく重なっている。

 

1

(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

 

ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝