ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106812件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ハードコア > 映画論評・批評

『ハードコア』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

ゲーム世代の俊英たちの影響を如実に受けた勢い満点の新型アクション

written by:相馬学
(2017/04/03更新)

ジャンル バイオレンス
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 HARDCORE HENRY
製作年/国 2016年/ロシア=米
配給 クロックワークス
ヘッド館 新宿バルト9
時間 96
公開日
監督
R15+

 


ハードコア


最初から最後まで、主人公の視点のみの完全一人称映像……そんな前情報を得て、シューティングゲーム的なビジュアルを想像したが、いざ観てみると想像を超える猛スピードのアクティビティ。走る、跳ぶ、追う、ぶん殴る、撃つ、飛び降りる、そんなアクションが矢継ぎ早に連ねられ、ゲーム映像がユルく感じられるほど。もちろん、それは映画ならではの工夫があってこそ、だ。

主人公の腕や脚が機械化しているという設定は近未来的でワクワクするし、謎めいた悪の一派の存在も興味を惹き付ける。そんなストーリーの妙を支えるのは、新世代監督からの影響だ。『アドレナリン』のネヴェルダイン&テイラーのような機動力重視の撮影。シャールト・コプリーが出ているせいもあり、『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督的な主観映像にはリアリティが。クイーンの曲に乗って展開するアクションはエドガー・ライト監督『ショーン・オブ・ザ・デッド』へのオマージュ!? 

ビデオゲーム世代と言うべきこれらの監督からの影響を消化し、次のステップに踏み込んだ、タイトルどおりハードコアな快作。三半規管の弱い方にはオススメしません!?

 

1
【関連作品】
ハードコア

(C)2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝