ただいまの掲載件数は タイトル56568件 口コミ 1115558件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > スプリット > 映画論評・批評

『スプリット』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

シャマラン節全開!
まさかの広がりを見せる驚愕のエンディングに舌を巻く

written by:村山章
(2017/05/15更新)

ジャンル ホラー
気分 コワ〜い体験ができます
原題 SPLIT
製作年/国 2017年/米
配給 東宝東和
ヘッド館 TOHOシネマズ 新宿
時間 117
公開日
監督

 


『スプリット』



3人の女子高生vs23重人格のサイコ誘拐犯。宣伝文句でも謳っているように『スプリット』の骨子はシンプルそのもので、説明するのに一行あれば事足りる。しかしM・ナイト・シャマランが作る映画は常に、一見ベタなジャンル物を独特の視点で再構築する実験室のようなもの。本作でも観客の予想の斜め上を行く展開が満載で、あの手この手で怖がらせ、同時に笑わせてくれたりもするので、観客としては「これってなんの映画だっけ?」と困惑することになる。

この困惑状態をシャマラン自身は「ジェットコースターに乗ったような状態」に例えている。要するに観客に「何が何だかわからないけど面白い!」と思わせるのがシャマランの真骨頂であり、『スプリット』もいきなり女子高生が拉致される序盤からノンストップで、あの手この手のシャマラン節を繰り出してくる。「何だこの映画?」と思ったアナタは「ようこそ“シャマラン・ランド”へ!」と手招きされているのである。

ただ、今回はシャマラン映画の中では笑いの成分が少なめかも知れない。筆者は恐怖と笑いとヒューマンドラマの正三角形こそがシャマランが目指すものだと信じているが、本作では23重人格の誘拐犯ケビンと誘拐された少女ケイシーの心の闇に焦点が絞られていく。シャマランといえば「どんでん返し」が代名詞のように付きまとうが、今回ほどダークな人物像をメインに据えたのは初めて。しかしそんな重めの物語も、シャマランが広げたさらなる大風呂敷のプレリュードだったことが分かるラストシーンの驚愕よ。一体“シャマラン・ランド”はどんな壮大な拡張計画を進めているのか、それを見極めるためにも必見の一本であることは間違いない。

 

1
【関連作品】
スプリット

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 

第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.3『あさひなぐ』特別試写会合計415組830名様ご招待!
遂にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にスパイダーマン本格参戦! 映画論評・批評の新コーナー“critic”。夏のアクション大作『スパイダーマン:ホームカミング』『トランスフォーマー/最後の騎士王』ほか『エル ELLE』など8月公開作更新中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝