ただいまの掲載件数は タイトル57400件 口コミ 1124379件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 銀魂 > 映画論評・批評

『銀魂』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

成功の鍵は、照れを忘れて挑んだキャスト陣の好演と
福田監督の大胆な演出力

written by:イソガイマサト
(2017/07/11更新)

ジャンル アクション
気分 原作が有名です
製作年/国 2017年/日本
配給 ワーナー・ブラザース映画
ヘッド館 丸の内ピカデリー
時間 131
公開日
監督

 


『銀魂』


ずっと不可能とされていたのに、原作者の空知英秋先生の「福田雄一監督ならアリかも」という思いがけない快諾によって、まさかの実写映画化が実現した『銀魂』。その無謀とも思えるプロジェクトが吉と出るか?凶と出るか?に全世界が注目していたが(大袈裟!?)、シリーズの中でも特に人気のある『紅桜篇』をベースにした本作は、個人的には大成功だったのではないかと思う。

相思相愛というか、類は友を呼ぶというか、福田監督の『勇者ヨシヒコ』に親近感を覚えていた空知先生と、「『ヨシヒコ』が『銀魂』に似ているという噂を聞いて観ないようにしていたけれど、観たら確かに似ているかも」と笑い飛ばす福田監督のコラボは、それこそ時代の要請だったのかもしれない。たぶん、仲のいい兄弟のように趣味嗜好が近いのだ。

だから、完成した映画にはまったくブレがないし、銀ちゃん役の小栗旬を始め、菅田将暉、岡田将生ら、『銀魂』世代の原作コミックが大好きな演者たちが照れることなく、全力で笑って!泣いて!熱くなれる!『銀魂』ワールドの住人に完全になりきっているから、観る側も手放しで楽しめる。しかも、小栗の紹介もあって参加した韓国のアクション監督Chan Jae Wookによる立体的なバトルシーンも痛快! 中でも、ヒロインの神楽を演じた橋本環奈が体当たりで炸裂させるアクロバティックなアクションと、白目&鼻ホジも辞さない彼女のコミカルな芝居は今作最大の注目ポイントと言えるだろう。

それにしても、『銀魂』というフォーマットで、宮崎駿アニメの代表作のパロディをやったり、長澤まさみにコミックの『ドラゴンボール』の擬音部分を音読させたり、子供が思いついたような、いや、子供だって実際にはやらないようなギャグをケロっとした顔でやってのけてしまう福田雄一はやっぱりとんでもない大物。時代がようやくその才能と笑いに追いついたのかも!?

 

1
【関連作品】
銀魂

(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

 

ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』無料特別上映会ご招待!
まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ