ただいまの掲載件数は タイトル56409件 口コミ 1112592件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 忍びの国 > 映画論評・批評

『忍びの国』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

映画俳優・大野智のポテンシャルはいかに?

written by:森祐美子
(2017/07/10更新)

ジャンル 仁侠/時代劇
気分 原作が有名です
製作年/国 2017年/日本
配給 東宝
ヘッド館 TOHOシネマズ 日劇
時間 125
公開日
監督

 


『忍びの国』


大野智が、約6年ぶりとなる映画主演を果たした本作。映画はすでに公開され大ヒットを記録しているが、それは中村義洋監督の演出、和田竜による史実を基にした原作小説の力はもちろん、大野が主人公・無門にこれ以上ないハマり役というのがやはり重要ポイント。同じ和田竜原作『のぼうの城』ののぼう様が野村萬斎でなければならなかったように、『忍びの国』の無門は、大野智でなければならなかった。

怠け者の無門は、実は伊賀一の忍び。人を人とも思わない人でなしで、金でしか動かないが、唯一の弱点が妻のお国(石原さとみ)という、ギャップが魅力の憎めないキャラクター。ひらりひらりと相手の攻撃をよける、大野自身もアイデアを出したという忍びのアクション、3日間かけて撮影された平兵衛(鈴木亮平)との本気の一騎打ち。現代口調での飄々とした語りと、クライマックスでの射抜くような表情。哀愁すら感じさせる背中……。とにかく情報量が多く、見どころが詰まっており、共演者も強者ぞろいの作品で、大野=無門は気負わず、すっと存在し独特の味わいを残しながら物語を駆け抜けていく。

映画単独初主演となった『映画 怪物くん』はドラマ作品からの映画化だったため、スクリーンでしか観ることのできない主人公を大野が演じるのはこれが初。そんな中、大作の主演を鮮やかに務め上げ、映画俳優、映画スターとしてのポテンシャルを開花させている。

 

1
【関連作品】
忍びの国

(C)2017 映画『忍びの国』製作委員会

 

池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝