ただいまの掲載件数は タイトル57053件 口コミ 1121294件 劇場 592件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ゴースト・イン・ザ・シェル > 映画論評・批評

『ゴースト・イン・ザ・シェル』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

スカーレット・ヨハンソンが新たな命を吹き込んだ“少佐”がこの上なく魅力的!

written by:斉藤博昭
(2017/04/13更新)

ジャンル アクション
気分 原作が有名です
原題 GHOST IN THE SHELL
製作年/国 2017年/米
配給 東和ピクチャーズ
ヘッド館 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
時間 120
公開日
監督

 


『ゴースト・イン・ザ・シェル』


どこか既視感がある。その既視感を肯定的にとるか、否定的にとるかで、この作品の好き/嫌いは分かれるかもしれない。

未来都市の風景は、『ブレードランナー』や『フィフス・エレメント』を連想させ、SF作品としてのビジュアルという点からは、目新しさは少ないかもしれない。既視感が快感につながるのは、同じ『攻殻機動隊』を原作にした押井守作品への濃厚なオマージュである。あるシーンなど、キャラクターの風貌や会話、演出もそっくりで、押井作品のファンは、そのサービス精神を好意的に受け止めるべきだろう。日本のアニメの美しき複製として、海外のメディアが本作を「上等なコスプレのよう」と評したのは、うなずける。

作品への賛否が混沌とするなかで、確実な点がひとつだけある。それは、スカーレット・ヨハンソンのカリスマ的な輝きだ。非人間的クールさと、自分のアイデンティティーを探す泥臭い苦悩の両面を演じ分け、脳以外はアンドロイドという複雑なキャラクターを鮮烈に体現している。逞しさ、そして過剰なセクシーさも強調するボディスーツのシルエットは、アクションヒロインの理想型と言えそうだ。残念なのは、スカーレットのインパクトによって、他のキャストの存在感がかすんでしまったこと。そして肝心のサイバーテロの犯行の恐ろしさがモヤモヤとして伝わらないなど、いくつかの不満もある。しかし、日本で生まれた作品がハリウッドでどう映像化されたかという一点において、過去の失敗作とは明らかに違う真摯なアプローチは、日本人としてスクリーンで確認する価値が十分にあるだろう。

 

1

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

 

ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
98%が「後篇が早く観たい」と回答!『あゝ、荒野 前篇』試写会レポート
早世した激情の女性作家ネリーの半生を描く『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
アウトレイジ(極悪非道)たちの狂宴遂に最終章!『アウトレイジ 最終章』ほか最恐ホラー『アナベル 死霊人形の誕生』『エルネスト』など10月公開作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ