ただいまの掲載件数は タイトル56785件 口コミ 1118666件 劇場 585件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ワンダーウーマン > 映画論評・批評

『ワンダーウーマン』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

G・ガドットのカリスマ性が光る
DC映画のイメージを打ち崩す痛快作が遂に日本上陸!

written by:細谷美香
(2017/08/17更新)

ジャンル アクション
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 WONDER WOMAN
製作年/国 2017年/米
配給 ワーナー・ブラザース映画
ヘッド館 丸の内ピカデリー
時間 141
公開日
監督

 


『ワンダーウーマン』


誕生から75年以上経った今も愛され続けているDCコミックの美女戦士。彼女を主人公に据え、すでに全世界で大ヒットを記録している『ワンダーウーマン』がついに日本にも上陸する。DCコミックの映画化といえばどうにもこうにも暗い、というイメージがつきまとうが、本作にはコミカルな要素もあり、最後までエモーショナルで痛快無比。その面白さはやはり、主人公、ダイアナの美しさと強さが同居する個性によるところが大きい。

女性だけの島で生まれたキャラクターならではの男性や外の世界に対する天然っぷりと、健やかに育まれた博愛主義。島を出て人間の愚かさにはじめて触れたダイアナが、ドイツ軍の虐殺計画を阻止しようとするパイロットとパートナーシップを結び、戸惑い、怒りながらも真のヒーローへと成長していく冒険の旅に胸が熱くなる。

『モンスター』のパティ・ジェンキンス監督が手がけたアクションはしなやかで躍動的。神々しさとお茶目さを併せ持ち、アクションも完璧にこなすガル・ガドットはひれ伏したくなるほどの存在感で、彼女を起用してくれた人に直々にお礼を述べたくなる素晴らしさだ。“人類愛”という言葉がこれほど似合うヒーローは、やはり唯一無二だろう。

 

1
【関連作品】
ワンダーウーマン

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

 

WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ