ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149237件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > スパイダーマン:ホームカミング > 映画論評・批評

『スパイダーマン:ホームカミング』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

満を持してのMCU参戦に相応しいスパイダーマン!

written by:よしひろまさみち
(2017/08/02更新)

ジャンル アクション
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 SPIDER-MAN: HOMECOMING
製作年/国 2017年/米
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ヘッド館 TOHOシネマズ 日劇
時間 133
公開日
監督

 


『スパイダーマン:ホームカミング』


インディペンデントホラーの鬼才サム・ライミが、一躍第一線の監督となった『スパイダーマン』シリーズ。その後、マーク・ウェブ監督による『アメイジング・スパイダーマン』としてリブートし、これまたヒットを記録した。今回の『スパイダーマン:ホームカミング』は2度目のリブート。それも、ライミ監督起用時を彷彿とさせる、インディペンデント映画出身のジョン・ワッツ監督によって生まれ変わった。

今回の最大の特徴は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の後日談として描かれたこと。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一部としてリブートしたことによって、MCU作品中、日本で最も親しまれている『アベンジャーズ』の世界観を共有することとなる。そのため、アイアンマン=トニー・スタークの他、ハッピーやペッパーといった『アイアンマン』シリーズ懐かしの面々までが登場する。いわば、MCUと旧『アイアンマン』の世界がドッキングしたといえる。

肝心の中身については、監督が“原作コミックへの回帰”を求めただけあり、これまでのスパイダーマン=ピーター・パーカーの中でも一番若く、未熟な設定。これが高校生の青春&成長物語として非常に効果的に作用する。また、蜘蛛に噛まれてパワーを得る、とか、ベンおじさんを失うといった初期設定は完全スルーしているが、監督は「そこはもういいだろ(笑)?」。でも、観れば納得。スパイダーマンは、すでにマーベル・ヒーローの中でも最大の知名度を誇るだけに、まったく違和感がない。これまでのシリーズを観たことがない人、特に若い層には自分のことのように共感を得られるだろう。

 

1

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!