ただいまの掲載件数は タイトル56175件 口コミ 1109487件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > はじまりへの旅 > 映画論評・批評

『はじまりへの旅』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

現代社会に疑問符を投げ掛けるオリジナルでハートウォーミングな作品

written by:佐藤久理子
(2017/04/03更新)

ジャンル コメディ
気分 爽やかな感動が味わえます
原題 CAPTAIN FANTASTIC
製作年/国 2016年/米
配給 松竹
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ有楽町
時間 119
公開日
監督
PG12

 


はじまりへの旅


こんなヴィゴ・モーテンセンが観たかった、とファンなら狂喜するのではない
か。否、ファンでなくても、これほどまでにワイルドかつ繊細で、知的でナイーブ、厳しくも温かい愛情あふれる父親像をチャーミングに演じている彼に、誰もが納得させられるに違いない。本作でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたのは、生まれたままの姿をスクリーンで晒しているからというだけではないのだ。

キャッシュ家の長、ベンと6人の子供たちは、ベンの思想に基づいて、アメリカの森林地帯で開拓時代のような自給自足の暮らしを営んでいる。だが遠い街で入院中の妻が亡くなったことで事態が急転し、親戚との対立も深まる。子供たちを誰よりも愛してきた彼だが、初めて自分の信念が根底から覆されるような状況に追い込まれる。携帯もコンピュータもなく、コーラもハンバーガーも食したことがない現代文明とはかけ離れた暮らし――そこに物質主義社会には失われたユートピアがあるというマット・ロス監督の思いは、決しておとぎ話に終始することなく、シビアな現実との軋轢を描きつつ感動的な着地を見せる。その姿勢が、晴れやかな感慨をもたらしてくれる。

 

1
【関連作品】
はじまりへの旅

(C)2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 

池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝