ただいまの掲載件数は タイトル58810件 口コミ 1144243件 劇場 591件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 美しい星 > 映画論評・批評

『美しい星』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

抱腹絶倒のコメディに秘められた、本当のヤバさ

written by:宇野維正
(2017/05/17更新)

ジャンル SF
気分 原作が有名です
製作年/国 2017年/日本
配給 ギャガ
ヘッド館 TOHOシネマズ 日本橋
時間 127
公開日
監督

 


美しい星


例えば宇多田ヒカルが「チューニング不要のダイヤル 秘密のヘルツ」と歌ったように、Suchmosが「周波数を合わせて 調子はどうだい? 兄弟、徘徊しないかい?」と歌ったように、芸術というものはこの世界に飛び交っている特殊な電波を受信した者によって発信される、秘密の信号のような側面がある。1962年、三島由紀夫はそのようにして『美しい星』を発信した。そして55年後、それを受信した吉田大八監督が新たに発信したのが、この映画『美しい星』である。

こんなことを書くとまるで“ヤバいヤツ”みたいだが、この作品にはリリー・フランキー演じる気象予報士の主人公を筆頭に、そんな“ヤバいヤツ”がホンモノから胡散臭いヤツまで次から次へと出てくる。そうした連中の言動に腹を抱えて笑う、というのが本作の持つ一般的な機能であることは間違いない。実際ここ数年、自分にとってこれほど笑った日本映画は記憶にない。しかし、それと同時に本作は、その電波に波長が合ってしまった者だけに重要なメッセージを投げかけてくる作品でもあるのだ。そんな芸術の“秘密の領域”へと大胆に踏み込んでみせた、吉田大八監督の勇気に強い感銘を受けた。

 

1
【関連作品】
美しい星

(C)2017「美しい星」製作委員会

 

未来の映画監督たちよ、ここに集え!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
アカデミー脚色賞ほか映画賞多数受賞の話題作、誰もが心揺り動かされる青春ラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』や毒のあるユーモアが散りばめられた『ザ・スクエア…』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ