ただいまの掲載件数は タイトル56353件 口コミ 1112230件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 夜に生きる > 映画論評・批評

『夜に生きる』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

俳優陣の新たな魅力を引き出してみせた
“監督”B・アフレックの采配が光る1作

written by:長谷川町蔵
(2017/05/17更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 LIVE BY NIGHT
製作年/国 2016年/米
配給 ワーナー・ブラザース映画
ヘッド館 丸の内ピカデリー
時間 129
公開日
監督
PG12

 


『夜に生きる』


ベン・アフレックの最新監督作は、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』以来となるデニス・ルヘイン原作モノとなった。アフレックもルヘインも出身地ボストンをこよなく愛する男だから、このリユニオンには納得だ。但し本作の主要な舞台はフロリダ。禁酒法時代にボストンからやって来たアフレック扮する主人公が、自身の帝国を築き上げていくクライムドラマ仕立てになっている。今やアフレックはワーナー・ブラザースの看板スター(バットマン!)なので、ルヘイン作品の中でも派手目なこれが選ばれたのだろう。元々ワーナーは30年代にギャング映画を当ててメジャーになったスタジオなので、そういう意味でも本作は“ミスター・ワーナー”の主演作に相応しい。

そんな製作会社の思惑を知ってか、監督・俳優としてのアフレックは、“先代ミスター・ワーナー”ことクリント・イーストウッドに似てきた。つまり俳優としては基本、無表情でどっしり構えているだけなんだけど、演出家としてはなかなか器用で、脇役俳優に見せ場を与えながら映画全体をしっかり盛り上げるのだ。

本作も、クリス・クーパーやブレンダン・グリーソンら実力派はもちろん、クリス・メッシーナやシエナ・ミラーに意外な役を振って新たな魅力を引き出している。エル・ファニングを人形から完全に脱皮させたことも賞賛されるべきだろう。あとKKK幹部を演じるマシュー・マーが凄い。彼の怪演を観るだけでも価値ある作品だと思う。

 

1
【関連作品】
夜に生きる

(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

 

若手映像クリエイターの登竜門《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017》 特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝