ただいまの掲載件数は タイトル59928件 口コミ 1156702件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > レディ・プレイヤー1 > 映画論評・批評

『レディ・プレイヤー1』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

バーチャル空間を最高級の映像で魅せる
エンタメ巨匠の底力

written by:斉藤博昭
(2018/04/18更新)

ジャンル SF
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 READY PLAYER ONE
製作年/国 2018年/米
配給 ワーナー・ブラザース映画
ヘッド館 丸の内ピカデリー
時間 140
公開日
監督

 


『レディ・プレイヤー1』


『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の手堅さも良いが、久々に豪快アクションエンタメをスピルバーグが完成させたことに歓喜する。何より“つかみ”の巧さに惚れ惚れ。2045年、やや荒廃した地区の住居に暮らす主人公が、高層階から外壁を伝って降りてくる冒頭、その心躍るカメラワークで一気に引き込む。続いて、仮想空間“オアシス”でのカーレース。観客とドライバーの目線を一体化させる演出はアクション映画の常套手段だが、これほどまでスピード感と臨場感、そして楽しさを提供したシークエンスは異例。スピルバーグの鮮やかなカット割りは、ハイレベルな名人芸といえる。

バーチャル世界に入り込む映画は過去にもあった。しかし今作の場合、“オアシス”内のキャラクターの、リアル感と作り物感のブレンド具合が絶妙。CGなのにアニメっぽくはなく、かといって『アバター』のような生々しさではない。一部、人間ドラマがあっさりだが、ここまでの映像マジックを提供されれば気にならない。頻出する人気キャラや、過去の映画へのオマージュ(ほぼ完コピに爆笑!)も、分からなければスルーOK。とにかく作品全体の満腹感は破格でしょ!

 

1
【関連作品】
レディ・プレイヤー1

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集