ただいまの掲載件数は タイトル56175件 口コミ 1109520件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ワイルド・スピード ICE BREAK > 映画論評・批評

『ワイルド・スピード ICE BREAK』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

進化し続けるメガヒットシリーズ最新作は観客を未体験ゾーンに引きずりこむ豪快アクション連打の快作

written by:村山章
(2017/04/21更新)

ジャンル アクション
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 FAST 8
製作年/国 2017年/米
配給 東宝東和
ヘッド館 TOHOシネマズ 日劇
時間 136
公開日
監督

 


『ワイルド・スピード ICE BREAK』


公開初日の世界興収が歴代一位というとんでもない記録を叩き出した『ワイルド・スピードICE BREAK』。今回が最高傑作と断じるのは早計だが、少なくとも本作がスケールとサービス精神においてとんでもないハードルをBREAKして、さらなる未体験ゾーンに飛び込んだことは間違いない。

今回はヴィン・ディーゼル扮するドミニクがまさかの裏切り。国際テロリスト集団に身を寄せ、苦楽を共にしてきた仲間たちを敵に回す。もちろんドミニクにはそれなりに事情と理由がある。「いったいなぜ!?」という謎解きで引っ張るかと思いきや、わりと早い段階で“裏切りの真相”が明かされる。それから先は見せ場に次ぐ見せ場のオンパレード。しかも過去作以上にドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムが輝きまくっているのだ。

ステイサム扮するデッカード・ショウは盟友ハンを殺し、思い入れの深いドミニクの家まで爆破した仇敵。ジョンソン扮する捜査官ホブスにとっても殺しても殺したりない宿敵だったわけだが、今回はなんとドミニクが抜けたファミリーと共闘する展開に。昨日の友は今日の敵、というほど単純ではないが、シリーズのファンとしては「ハンの落とし前はちゃんとつけてくれよ」という不満はある。

が、その不満も脇に置いておこうと思えるくらい、クライマックスでさく裂するステイサムのアクションが痛快なのだ。もはやディーゼル、ジョンソン、ステイサムのトリプル主演状態。さらに大女優ヘレン・ミレンが美味しいところをさらったり、ここ2作ほど顔を出してなかったあのコンビが再登場したりと、ファミリーの増殖とは留まるところを知らない。

故ポール・ウォーカー=ブライアンの卒業は悲しい出来事だったし、代わりは誰にも務まらない。エモーショナルな見せ場のピークは『EURO MISSION』の高速道路ジャンプや『SKY MISSION』のラスト5分には及ばない。しかし“ワイスピ”は観客を楽しませ、驚かせる気概をまったく捨てていないし、つくづく贅沢で愛らしいシリーズだと思う。

 

1

(C)Universal Pictures

 

池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝