ただいまの掲載件数は タイトル60700件 口コミ 1162533件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バリー・シール/アメリカをはめた男 > 映画論評・批評

『バリー・シール/アメリカをはめた男』の映画論評・批評


作品情報 | 関連ニュース | |

才能も魅力もあるけれどギリギリ“アウト”な
トム・クルーズ

written by:村山章
(2017/10/23更新)

ジャンル 人間ドラマ
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 AMERICAN MADE
製作年/国 2017年/米
配給 東宝東和
ヘッド館 TOHOシネマズ スカラ座
時間 115
公開日
監督

 


『バリー・シール/アメリカをはめた男』


ウソみたいな実話である。航空会社の腕利きパイロットがCIAにヘッドハンティング。ダミー会社を任されて空運業を始めるのだが、史上最悪の麻薬王パブロ・エスコバルの麻薬カルテルに気に入られ、任務そっちのけでコカイン密輸に精を出して大儲けするのである。

スケールはデカいが、追い風で調子に乗っているうちに手痛いしっぺ返しを食らう。そんな大物なんだか小悪党なんだかよく分からない、バリー・シールなる男の栄枯盛衰を面白おかしく描いた不謹慎極まりない伝記映画だ。そしてそんな映画にトム・クルーズが最高にハマっている、と言ったら、意外に感じられるだろうか。それとも当然だと思われるだろうか。

すっかり常人離れした能力を持つヒーローばかり演じている感があるトム・クルーズだが、役者としての魅力を象徴しているのはあの自信過剰に輝く“眼”である。どんな危険なこともつい楽しんでしまう天性のイタズラ心と、根拠もないままに人を惹きつけるあの“眼”だ。それが『ミッション:インポッシブル』のイーサン・ハントに備わると最強のスパイだが、もし考えナシのロクデナシに備わっていたらどうなるか?

まさにその答えが『バリー・シール…』だ。魅力も才能もあるけれど、本質的にはロクデナシ。危なっかしくて見ていられないが、ちょっとだけ応援してしまう。トムといえば『マグノリア』で演じた、モテモテ道を伝授する胡散臭いセミナー教祖役も素晴らしかったことを忘れるなかれ。スターのオーラを逆手に取って、トムのギリギリ“アウト”な持ち味がたっぷりと味わえる最強のブラックコメディをどうぞ。

 

1

(C)Universal Pictures

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”