ただいまの掲載件数は タイトル58612件 口コミ 1141541件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! > 掲示板 > 実は逆転している寅さんの世界

実は逆転している寅さんの世界 ネタバレ

2015/6/5 21:43 by さくらんぼ

私の知人に「寅さんみたいな奴が親戚にいたら困る」と言う人がいます。私も同感。。。

たしかに今まではそうでした。

でも、久しぶりに寅さんを観たら、ちょっと印象が変わってきたのです。

これは、寅さん全シリーズに共通の話ですが…

今まで寅さんは、ガサツな男、と言う印象でした。「とらや」の住人は皆紳士なのに。

しかし、最近は、寅さんは紳士なのに「とらや」の住人は概ねガサツ、と言う印象に変わってきました。

逆転現象。

目で見た印象や、すぐに大声を出しておこる、など、表面的なことを言えば、もちろん寅さんがガサツです。

でも、内面的なものを見れば、とらやの住人がガサツ、と感じ始めたのです。

ただし、とらやの住人が全員と言うわけではありません。さくらや、その夫などは、少し違います。

ガサツの筆頭は、下絛 正巳さん、扮する、おいちゃんです。

あの薄情な顔がすでにいけません。

あのキャラは、寅さんと正反対な、干からびキャラでした(年齢のことではありませんよ、あくまで内面の潤いのことです)。

実は、寅さんは、浮世離れした、アーティスティックなロマンチストだったのです。でも、見た目があれだから理解されない。

おなじみの寅さんの失恋話も、私が見る限り、女性の無神経が寅さんの傷口を広げいました。

久しぶりに観た、この映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」は面白かった。

中村雅俊も大竹しのぶも、良い味を出していて好感が持てました。あの大竹しのぶには、私も惚れてしまいそう。

寅さんの美しさに気がついたら、

主題さがしを忘れてしまいました。


★★★★

 



  • 追記 ( 寅さん映画は「才と徳」 ) ネタバレ

    2015/9/25 21:57 by さくらんぼ

    7年ぐらい前に、山田 洋次監督の講演を聴いたことがあります。

    当然、寅さんの話もありました。それによると、私の記憶違いでなければ「高度経済成長期になり、経済優先の社会の中、人々が忘れていったものを描いたのが寅さんです」と、正確ではありませんが、そんな意味のお話をされたのを覚えています。

    そして、最近、ある方のツイッターで「才と徳」についても勉強させていただきました。

    その、山田監督と、ツイッターのお話と、両方の情報を合わせてみましたら、寅さん映画の構造が分かったような気がします。

    つまり「寅さんは徳の神(記号)」であり、その他大勢の登場人物は、高度経済成長に代表されるように、利益を最大化することを是とする「才」の記号なのです。

    寅さんが旅先で出あった女性たちは、そのほとんどが、寅さんを慕って東京のとらやまで、はるばる、やってきます。その瞬間、たしかに潜在意識では寅さんに恋してる。でも、陰にいた別の恋人(才)を再選択し、去って行くのです。

    これは、人々が、寅さん映画の人気があるように、寅さんを求めつつも、寅さんではなく、経済を選択した時代と重なるのでした。

    もちろん、人情喜劇ですから、随所にデフォルメがあったり、非該当部分もありますが、概ねこのような構造なのではないでしょうか。

    本日も、録画していた「徳の神」を拝んできました。ご利益がありますように。

  • 追記U ( 2度観必見の映画 ) ネタバレ

    2015/9/27 21:06 by さくらんぼ

    「寅さんが徳の神」ならば、映画のラストで、いつもきまって片思いの女性から振られ、哀しみながら、寅さんが去って行く、あの、もてない男子にとって無念の思いがよみがえる理不尽なシーンは、寅次郎の失恋であるよりも、捨てられた徳の神の姿と、とらえた方がより真実に迫るのでしょう。そう気がつくと、あのシーンは必要悪に昇華されます。

    いったんは徳に惚れながらも、やっぱり徳よりも才を選び、経済成長の坂道を登っていった人々を、残された徳の神は、どのような気持ちで見送ったのでしょう。そう考えると、寅さんも「2度観必見の映画」になってしまいそうです。

  • 追記V ( 他の寅さん作品もおもしろい ) ネタバレ

    2015/9/28 7:36 by さくらんぼ

    申し遅れましたが、このレビューは、最初こそ映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ! 」のレビューを書くつもりでしたが、どうやら寅さんシリーズ全体を総括したレビューになってしまいました。もしDVD購入の参考にされる方はご注意ください。言い換えれば、この作品も面白いですが、他の寅さんシリーズを買ってもきっと面白いです。

  • 追記W ( 寅さん映画にあるリアル ) ネタバレ

    2015/9/28 8:46 by さくらんぼ

    何十年かぶりに会いました。顔も忘れかけていた人にです。その人とは笑顔で10分ほど話をしただけ。でも彼は、寅さんのような存在感を残して帰って行きました。

    寅さん映画では、旅先で知り合った女性たちが、寅さんに再会したくて、皆、とらやにやってきます。今回、初めてその気持ちが分かる気がしました。

    寅さんの、温かく、ぶ厚いパワー感。その強いエネルギーの真(まこと)にひと時でも包まれた人は、今までの人生で出逢った、その他大勢の人とは、まったく別格のサムシングを感じとり、まるで一目ぼれの恋でもしたかのように、ふらふらと…気がつくと、ほんとうに、ふらふらと、寅さんの家にやってくるのでしょう。これもまた、どなたかも言っておられた「徳」と言うものの一つなのかもしれません。

    この稀有な体験をしてから、寅さん映画にあるリアルが感じられるようになったのです。

  • 追記X ( リアル寅さん ) ネタバレ

    2016/12/1 18:19 by さくらんぼ

    「喪中につき新年の…」。先日ポストを見たらそんな葉書がありました。今まで何枚も受け取ってきた喪中はがきですが、今回ばかりは言葉を失ってその場に立ちつくしました。

    亡くなったのは若いころお世話になった上司です。すでに定年退職され、悠々自適の生活を楽しんでおられた方です。その様子はいつも年賀状から伝わってきました。

    その方の個性をひと言で言えば「寅さん」でした。そのため嫌う人も少なくありませんでしたが、妙に私を可愛がってくれ、私にはあったかい人でした。

    いつだったかお茶に誘われて「○○君、俺、定年までまだ〇年もあるんだよ。どうしたらいい…」と、部下であり、一回り以上も年下の私に、「仕事が嫌になった」と本音を吐露したのです。どこか愛嬌のある方でした。そのとき未熟者の私はなんと答えたのか…きっと「少しづつ有給休暇を使って、だましだまし仕事したらどうですか」とでも言ったのかもしれません。それでも上司は嬉しそうに聴いてくれました。

    そんな上司も無事に定年まで勤め上げ、元気にリタイアされました。

    今あらためて気づきました。失礼ながら、あそこに愛すべき「リアル寅さん」が居たのです。

  • 追記Y ( 実は逆転している寅さんの世界 ) ネタバレ

    2018/1/4 10:07 by さくらんぼ

    >今まで寅さんは、ガサツな男、と言う印象でした。「とらや」の住人は皆紳士なのに。
    >しかし、最近は、寅さんは紳士なのに「とらや」の住人は概ねガサツ、と言う印象に変わってきました。(本文より)

    >7年ぐらい前に、山田 洋次監督の講演を聴いたことがあります。
    >当然、寅さんの話もありました。それによると、私の記憶違いでなければ「高度経済成長期になり、経済優先の社会の中、人々が忘れていったものを描いたのが寅さんです」と、正確ではありませんが、そんな意味のお話をされたのを覚えています。(追記より)


    寅さんが「在日の人」をモチーフにして生まれた、差別の哀しみを描いたものなら(第一作目のレビュー参照)、寅さん映画の深層は、「寅さんを笑っている登場人物たちを笑うもの」だったのかもしれません。

満足度データ

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
100点
1人(9%) 
90点
1人(9%) 
80点
2人(18%) 
70点
3人(27%) 
60点
4人(36%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
11人
レビュー者数
2
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
80
ファン
1人
観たい人
7人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • 出木杉のびた

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

第20作 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! HDリマスター版 [DVD]

  • 定価:3990円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:399円(10%)

松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! [DVD]

  • 定価:1944円(税込)
  • 価格:927円(税込)
  • OFF:1017円(52%)

 

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
巨匠スピルバーグがおくるSFアクション大作! 圧倒的没入感を味わえる『レディ・プレイヤー1』や佐藤健VS木梨憲武のアクション大作『いぬやしき』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

アカデミー賞をTOHOシネマズで楽しもう!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ