ただいまの掲載件数は タイトル56791件 口コミ 1118747件 劇場 585件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ライムライト > 掲示板 > 実像

実像

2003/8/17 11:07 by 未登録ユーザ さくらんぼ

自分と結婚する事が、彼女にとっては行く末幸せではないと冷徹に分析し、彼は身を引くのである。途中、彼の心の中には、色々な思いが有ったと思うけれど、彼ほどの人物ならば、その結論を出す事は難しい事ではない。

では、ここでチャップリンのもう一つの名作である「街の灯」を思い出してみる。主人公は若い。しかし貧しいのである。かれはその貧しさを気にかけない。一人暮らしならそれで結構だが、それが恋のマイナス材料になっている事に気づかない。たとえ気づいても貧しさから抜け出す事は容易ではないだろう。彼はその状況で事実上の求愛をする。

この「ライムライト」と「街の灯」は「身の程をしる」と言うポイントにおいて、思えば対照的な作品であったのだろうか。両方とも優れた作品で、それをシンプルに仕上げている。

でも、若者の中にもこんな人がいるかもしれない。たとえば「街の灯」の主人公を借りて語ると・・・

彼は自身が貧しいのを自覚し、彼女が誤解している事にも気づき、目が開いたら、彼女にどう説明しようかと最初から苦悩する。いや、人の心をもてあそんではいけないから、今すぐにでも彼女に自分の実像を教えたい。それから改めて求愛したい。しかし実像を教えたら、彼女は去っていくかもしれない。それは耐え難く哀しいが、もし去っていかなかったら、ある意味、それも苦しいことだろう・・・

もちろんこれでは別の映画になってしまいかねない。
しかし実人生は意外と複雑なのだと、改めて思うのである。

 



  • 追記

    2003/8/19 21:48 by 未登録ユーザさくらんぼ

    「ライムライト」について話すつもりだったけれど、あまり話せなかったので、ここで少し話そうと思う。例によって昔観ただけなのでディテイルは忘れているが・・・

    映画にはほとんど登場しなかった記憶だが、バレリーナの姉は娼婦をしてまで彼女を金銭的に支えていたようだ。彼女の足が動かなくなった理由の裏には、その事を知ったための精神的なショックが有ったのだと思う。

    一方、老芸人はそんなバレリーナを励まし立ち直らせる。しかし、その後感激した彼女から求愛されても、彼女の幸せを考え、身を引くのである。

    この姉と老芸人のエピソードに共通するキーワードは「犠牲」だと思う。しかし、同じ犠牲でも一方は彼女を病気にし、一方は彼女を癒した。いったい何が違うのだろうか。

    彼女は同性、同世代で身内の姉に対してはその心情をよく理解できたが、異性、別世代、他人である老芸人の心情には理解が及ばなかった。その無理解が、皮肉にも彼女を救ったのではないだろか。

    もちろん私にも老芸人の心情はよく分からない。しかし、想像できる事を少し書いてみる。

    老芸人にも青春時代は有ったのである。周りの若い女性が黙っていてもチヤホヤしてくれた時代が有ったはずだ。しかし老人になるとそれは少なくなる。それで男は自分が盛りを過ぎた事実をしみじみと噛みしめる。

    この時、彼が過ごしてきた人生の賜物として仕事、地位、名誉、財産、家族などの充実したものを所有していれば精神のバランスはとれる。しかし、この映画の老芸人の様に何も無いと、どれほど寂しいことだろう。

    「明日が有るさ・・」は若者の言葉である。老人は明日になればさらに歳をとって悪循環になりかねないからである。老芸人はバレリーナにどれほど好意を持っていたか知らないが、「もう後が無い出逢い」だった。

    彼女はそんな彼に求愛し、断らせたのである。感謝の代わりに彼の心の中に嵐を起こした。ここにも「街の灯」からひそかに感じられた、隠し味ともいえる、チャップリン一流の「残酷」が感じられる。

  • 追記U ( 老芸人が亡くなった後 ) ネタバレ

    2017/3/15 9:32 by さくらんぼ

    >彼女は同性、同世代で身内の姉に対してはその心情をよく理解できたが、異性、別世代、他人である老芸人の心情には理解が及ばなかった。その無理解が、皮肉にも彼女を救ったのではないだろか。(追記より)


    ラストに老芸人が亡くなった後、若きバレリーナは傷心で踊れなくなるのでしょうか。また映画の最初に戻るのでしょうか。どうどう巡りみたいに。

    私は、一時は悲しんでも、バレリーナは若い恋人の愛ですぐに再生し、老芸人のことなど忘れてしまって、幸せに暮らすのだと思います。

満足度データ

ライムライト
100点
37人(30%) 
90点
27人(22%) 
80点
25人(20%) 
70点
18人(14%) 
60点
6人(4%) 
50点
2人(1%) 
40点
2人(1%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
3人(2%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
121人
レビュー者数
36
満足度平均
82
レビュー者満足度平均
86
ファン
32人
観たい人
56人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • すえりん
  • ketchup
  • てぃーたん
  • メアリ
  • taiyaki
  • 猫ぴょん
  • 斗眠島民
  • きじねこ
  • 黒蜜わらびもち
  • 十二人の怒れる葡萄
  • 出木杉のびた
  • はに丸
  • Guntank
  • グラントリノ
  • ペルチャン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

チャップリン Blu-ray BOX

  • 定価:37800円(税込)
  • 価格:29236円(税込)
  • OFF:8564円(22%)

チャップリン メモリアル・エディション BOX1 [DVD]

  • 定価:11970円(税込)
  • 価格:10096円(税込)
  • OFF:1874円(15%)

ライムライト (2枚組) [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3694円(税込)
  • OFF:410円(9%)

 

モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ