ただいまの掲載件数は タイトル56791件 口コミ 1118742件 劇場 585件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > サイコ〈1960年〉 > 掲示板 > B級規模で超A級の名画

B級規模で超A級の名画

2007/3/18 15:17 by 青島等

ヒロインが途中から突然姿を消すというのは前年イタリア映画にあったと思うが、本作は殺されるというショッキングなものです。ジェネット・リーが4万ドル持ち逃げし逃避行時に警官の尋問や中古車販売店の丁寧なエピソードを積み重ねワイパーが追いつかない土砂降りはシャワー室の惨劇の伏線になっています。
またモーテル主人ノーマン・ベイツの趣味≪鳥の剥製≫は母親を連想させたり、シャワー時のナイフ襲撃はヒッチの次回作「鳥」の予告編を兼ねているように思えます。
アンソニー・パーキンスの歩き方=後ろ姿は見事にトリックを暗示しています。
後半登場のジョン・キャビンはデクの坊で被害者の妹ヴェラ・マイルズの活躍で事件は解決するが、私立探偵の挙動は元刑事らしくかなり不快感を感じ、階段の惨劇をむしろ当然の報いと思ってしまう。

 



  • Re: B級規模で超A級の名画

    2009/6/17 19:05 by ekoeko

    ヒチコックのマイベスト5
    (1)『レベッカ』
    (2)『めまい』
    (3)『鳥』
    (4)『サイコ』
    (5)『裏窓』

    かな。

  • レビューから掲示板へ

    2009/6/17 20:11 by 青島等

    いつの間にやら梯子酒〜ならぬ移動されていました。
    僅か80万$で作って興行成績1300万$と言う当時としては記録的な利益率です。
    制作費は前年「北々西に進路を取れ」の1/4か1/5な額です。
    私は
    ■裏窓
    ■泥棒成金
    ■めまい
    ■北々西に進路を取れ
    が、ありきたりだがベスト4
    これに「サイコ」「ハリーの災難」「ダイヤルMを廻せ」「疑惑の影」が続きます。
    「間違えられた男」は暗過ぎ、「知り過ぎていた男」はチト落ちる。

  • ヒッチコックとジョン・フォードは犬猿の仲

    2017/8/21 20:27 by 青島等

    別版に幾度も記しているが納涼ムービー推奨作に因み自己レス
    DVD再見は『本当にあった怖い話』を見る為の体感予行演習。

    ヒッチ先生はヒロインの勤務先事務所のガラス扉の外に立っている
    帽子を被っている右側を室内から斜め背後のキャメラアングル。
    この帽子が通常の淵の狭い黒じゃなく白く淵の広いテンガロンハット
    社長が連れてきた4万弗の客も白いテンガロンハットを被っている。
    舞台がアリゾナ州フェニックス(原作は知らない)なのは見出しの如く
    ジョン・フォードに対する辛辣な嫌味かもしれない。
    フォードは「駅馬車」で生活苦だったナバホ族をエキストラに雇って以来
    彼等から恩人として‘背の高い指導者’と言う称号で尊敬されていたから

    ヒッチ先生が公開に合わせ宣伝来日した際の質問
    “昨年度の外国映画で興業成績1位は何でした?”
    ところがジョン・ウェイン主演西部劇と言う情報からインタビュアーは
    “ジョン・フォードの「騎兵隊」です(※)”と答えてしまった。
    ヒッチ先生は一蹴“アメリカでは興業が悪く誰も相手にしなかった”

    “俺が有名にした女優を奴は必ず自作に招く”〜byフォード

    フォードの「モガンボ」で人気の出たグレース・ケリーを
    ヒッチコックは翌年翌々年3本でヒロインに招き更にブレイクさせ
    ヴェラ・マイルズも「捜索者」の翌年「間違えられた男」で妻役だが
    この場合は「ミスタア・ロバーツ」でフォードと喧嘩別れした直後の
    ヘンリー・フォンダが(ヒッチコック映画唯一の)主演だから根が深い

    ※実際はハワード・ホークス監督の「リオ・ブラボー」

  • あえてジョン・フォードとハワード・ホークスを引き合いに出す

    2017/8/23 23:54 by 青島等

    もう10年前か、猛省したい事がある。
    ソレは見出しアルファベットのランク付けが嫌いなんです。
    ‘ジョン・フォードはどれもA級、ハワード・ホークスはB級(※)
    B級とは決して馬鹿にしている訳じゃ無い’と和田誠が釈明するが
    その釈明自体が不愉快、世間では通常見下している風潮なのは間違いなく
    テレビ東京の木曜ロードショーで木村奈保子がB級を乱発したから

    ※フォード自身が毛嫌いした駄作「馬上の二人」が果たしてA級か(笑)

満足度データ

サイコ〈1960年〉
100点
52人(19%) 
90点
40人(15%) 
80点
66人(25%) 
70点
64人(24%) 
60点
22人(8%) 
50点
7人(2%) 
40点
5人(1%) 
30点
2人(0%) 
20点
1人(0%) 
10点
4人(1%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
264人
レビュー者数
60
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
81
ファン
38人
観たい人
95人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


関連ニュース

 

この映画のファン

  • ペルチャン
  • Garbera
  • コナン
  • ☆☆☆☆☆☆
  • goutal
  • kobyas
  • レビュアンローズ
  • はあとちゃん
  • taiyaki
  • カフェラテ
  • hatchan
  • Guntank
  • のんべののん太
  • 愛知の☆
  • バトルコサック

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

サイコ (1960) ― コレクターズ・エディション [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:1203円(税込)
  • OFF:1497円(55%)

サイコ [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:480円(税込)
  • OFF:3624円(88%)
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ