ただいまの掲載件数は タイトル57861件 口コミ 1130859件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > シャレード〈1963年〉 > 掲示板 > 拳銃を撃つグラント!

拳銃を撃つグラント!

2010/2/15 20:52 by 青島等

グラントの軽快なフットワークはヒッチコック映画でたびたびありますが
クライマックスで真犯人との対決シーンで拳銃を撃ち合うのは非常に珍しい。
勿論、中盤ビルの屋上でジョージ・ケネディ相手の(ユーモアを交えあるが)格闘シーンもグラントには珍しいです。
グラントのクラスなら気に入らなきゃ脚本の変更を要求出来た筈ですが
あえてハードボイルドを演じているのはグラントなりの新たなキャラへの挑戦かと思います。

 



  • 同時期スターへのライバル意識

    2010/2/15 21:56 by 青島等

    即レスにビックリです!
    ヒッチコック映画の好敵手ジェームズ・スチュアートはアンソニー・マン西部劇ではウィンチェスター・ライフルを撃ちまくり時々殴り合いをやっています。
    ジミーの好敵手ヘンリー・フォンダもやはり西部劇ではコルト6連発拳銃の名人です。
    ジョン・ウェインに至ってはほとんど撃ち合いと殴り合いばかりです。
    彼らに対するライバル意識か
    グラントにも格闘シーンや撃ち合いシーンを演じて欲しいというファンの要望に応えたのかも知れませんね。
    いずれにせよ滅多にない映像だからよけいに印象的です。

  • 拳銃さばきも絵になるグラント!

    2010/2/15 22:22 by kotorin

    流離さんをお待ちすべきかと思いましたが、夜更かしは苦手なので、お先にお邪魔します。

    主演作は数えるほどしかみていませんが、グラントの撃ち合うシーンや格闘シーン、本作で初めて見ました。
    ケネディに銃を取り上げられて弾を抜かれるシーンでは、あれ、銃持ってるんだ、ってなんだか新鮮に思いました。
    「汚名」のラストではポケットに手を突っ込んでいつでも撃てる格好はしていましたが、結局手は出さなかったですし、「北北西」では彼女に撃たれて死んだふり。

    しかしあんなに機敏に動けるのに、この後二作で引退してしまったのは本当に残念です。


    ちょっと気が引けて、レス削除し書き直して↑も一度投稿しようとしたら、夢寝由来さんのレスが既に入っていて、こっちのほうこそビックリしてしまいました。

    >ジョン・ウェインに至ってはほとんど撃ち合いと殴り合いばかりです。
    あははは、ちょっと刺があっておかしいです〜。
    グラントが落ち着いたら、スチュアートあたりからちょっとづつ撃ち合い、殴り合いに入ってみようかと思います。

  • ”もしものコーナー”勝手にこちらに引っ張ってきました

    2010/2/16 18:55 by kotorin

    ずーっと思っていたのですが、もう少しグラントが若かったら、ジェームズ・ボンドがお似合いだったろうなと・・・。あの身のこなしとユーモアはぴったりです。ボンドガールとの絡みはお手の物でしょうし、格闘シーンや撃ち合いシーンももっと見たかったなあ(遠い目)・・・。

  • グラントのジェームズ・ボンド!

    2010/2/16 20:41 by 流離

    こんばんは!昨夜は気づいたら、日付が変わる頃まで居間の床とお友達になっていました。風邪をひかなくてよかったです・・・そんなわけで出遅れましたが、楽しそうなお題でございます。

    そういえば、ハードボイルドを演じているグラントの印象はありませんねぇ。グラント=ダンディ、というイメージです。でも、この作品ではすごく自然に感じられました。

    >ジョン・ウェインに至ってはほとんど撃ち合いと殴り合いばかりです。

    私も大笑いさせていただきました!でも、配役を逆に置き換えて考えるのは、ジョン・ウェインの方に無理を感じます。グラントなら、どんな役でもスマートに演じてしまいそうな気がしますねぇ。

    kotorinさんは『北北西〜』ご購入ですか!?実は私は本日『白昼の決闘』と『フィラデルフィア物語』を買ってきてしまいました。とりあえずレンタルしたほうから観ることにします。

  • グラントはスッピンだった!

    2010/2/20 15:25 by 青島等

    「007シリーズ」の諜報部員ジェームズ・ボンドは原作者イアン・フレミングはケイリー・グラントを想定して書いたと言う説があります。
    グラントと親交のあったハワード・ホークス監督は「007」の映画化を望んでいたとインタビューに答えています。

    本作クライマックスで白いトレンチコート姿は諜報部員と言うよりは私立探偵=ハードボイルド第一人者のボギーを意識していますね。

    神田の古本屋で入手した初版パンフレットにグラントは
    “ナチュラルを重視しているから過去15年間ずっとメイクアップをしていない”と知るされています。
    また健康の秘訣は“カリフォルニアの太陽で年中皮膚を茶褐色に焼いておくこと”ともあります。
    まだまだオゾン層破壊が発表(1982年)されて⇒日焼けは皮膚癌を誘発するなんて騒がれる前の健康法ですね。

  • スッピンであの美貌!

    2010/2/20 22:47 by kotorin

    フレミングはデヴィッド・ニーヴンを望んでいた、と聞いていました。
    しかし、グラント想定説、説得力がありますね。絶対グラントのほうが似合ってる・・・と思うのは、ショーン・コネリーと面影や立ち居振る舞いが重なるからでしょうか。
    ホークスとグラントのコンビで007映画化していたら・・・やっぱりカジノ・ロワイヤルになってたりして。

    >白いトレンチコート姿は・・・
    そうなんですか。ボギーはカサブランカしか知らないのですが、軟派なグラントとはイメージがかけ離れているような・・・半分ギャグでしょうか?

    >神田の古本屋で入手した初版パンフレット
    ひゃ〜、そんなお宝もお持ちなんですね。一目拝みたいものです。
    確かに、こんがり良く焼けてますね。「北北西」を一緒に見た友達が、一言「黒っ!」て言いました。エバ・マリー・セイントが透き通るように白いので、余計黒さが際立っていたようです。

  • 若い頃は名画座と古本屋をハシゴしていました

    2010/2/21 0:29 by 青島等

    アメリカで定期的に集計されるオールタイムトップ100(男優と女優を一緒に集計)で首位争いの常連が
    ハンフリー・ボガート、ケイリー・グラント、ジェームズ・スチュアート
    偶然とは申せファミリーネームのスペル最後文字がTの三人なのです。
    残念ながら日本にはトップ10メンバーしか伝わってきません。

  • すると、お宅はお宝の山ですね

    2010/2/22 19:21 by kotorin

    昨日、教会の日曜学校で映画「クォ・ヴァディス」の話が出ました。クォ・ヴァディス(主よ、いずこへ)ってセリフは、聖書には出ていなくて、聖書外伝に書かれているらしいです。
    私は映画のほうが気になったのでチェックしてみました。デボラ・カーが出ていたんですね。
    ちょうど今、淀川、蓮實、山田のお三方の鼎談を読んでいるのですが、デボラ・カーでえらく盛り上がっていました。ekoekoさんがご覧になったら憤慨されそうな盛り上がり方なんですが。

    前置きが長くなりましたが、好きな俳優さんの話では熱くなりますね。
    日本でも、映画俳優オールタイムベストテンみたいなの、どこかでやっているんでしょうか?
    もしあったら、女優ではオードリーが一番かな?(えらく脱線してしまって申し訳ないので、シャレードに戻しました。)
    映画生活のみなさんのお気に入りスター談も聞いてみたいです。

  • 『ローマの休日』の復刻版パンフレットなら!

    2010/2/22 21:51 by 流離

    こんばんは。忘れた頃にお邪魔します。

    20年ほど前、映画館で初めて『ローマの休日』を観たときに買ってきました。あの頃はリバイバルのときもパンフを売ってた気がしますね。最近はリバイバルだとパンフがなくて残念です。

    もしグラントがジェームズ・ボンドだったら、誰に一番近かったなぁなんて考えて、遊んでいました。どうも、私の頭の中ではピアース・ブロスナンが浮かんでしまって。『探偵レミントン・スティール』のイメージが強かったのに、輪郭が似てる??それにしても、グラントがスッピンだったとは・・・羨ましいっ!

    kotorinさんは教会に通っていらっしゃるんですね。私は「クォ・ヴァディス」と言われると、「はみだしっ子」という漫画を思い出してしまいます。マイナーすぎますね(苦笑)

    映画俳優オールタイムベストテン、熱くなりますねぇ!ただ、どうも個人的な好みが外れているようで、悲しくなったりもするんですよ・・・

  • ヒッチコックの復刻パンフ、みっけ!

    2010/2/22 22:50 by kotorin

    ひょっとして、と思ってゴソゴソやってみたら、うちにもありました!
    昭和59年発行のリバイバルパンフ、「めまい」「裏窓」「知りすぎていた男」の三冊。
    劇場で見た記憶も既にないんですが、探してみるものですね。

    子どもの幼稚園が教会付属だったので、卒園後も子どもについて時々顔を出しています。
    私は少年漫画の、それも一昔前の白土作品や水木作品のファンだったので(こちらこそマイナーです)、少女漫画はほとんど知らなくて。ごめんなさい。

    ボンドではありませんが、ジョージ・クルーニーにグラントの面影があるように思います。でもクルーニーはERで見て以来ご無沙汰しています。

    流離さんの外れたお好みも是非お聞かせくださいね。

  • おぉ!ジョージ・クルーニー♪

    2010/2/24 21:53 by 流離

    こんばんは〜お邪魔します。

    ジョージ・クルーニーは面影ありますねぇ。艶っぽさも似ているかも。

    カッコいい人はきちんとカッコよく見えるんですけど、これが好みとなりますとどうも・・・過日『ジュリー&ジュリア』を観てきたのですが、なんかスタンリー・トゥッチって好きなんですよね。『Shall We Dance?』でも、リチャード・ギアは素敵なんですけど、どうしてもスタンリー・トゥッチが出てくると目がいってしまうんです(なんか照れますね)。えっと、そんな感じの人が好きなんです。ボギーは結構苦手かもと思いました。

    それにしても、『シャレード』には「おっさん」がたくさん登場していることに改めて気がつきました。「おっさん」を探しながら観たのは初めてです(爆) 楽しかったですけどね〜夢寝由来さん、ありがとうございました!

  • カーソン・ダイルはジェリー・ルイス級のお馬鹿?! ネタバレ

    2015/10/1 18:03 by 青島等

    或いは用意周到な間抜けか?単純に せっかちか?慌て者だったのか!!

    モーリス・ビンダーのデザインしたクレジットタイトル前に
    疾走する特急列車から男(チャールズ・ランパート)が転げ落ち死体

    クライマックスぎりぎり終盤で犯人がCIAバーソルミューを
    名乗っていたカーソン・ダイルで17年前の私怨が原因と判明(※)
    レジスタンス軍資金を横領独占したチャールズ等4人の戦友は
    マシンガンの弾丸を浴び重傷でナチの捕虜になったダイルを見放した
    ダイル(ウォルター・マッソー)は17年も掛けチャールズを発見
    逃げる列車時刻をも突き止め殺害したのだが

    Q疑問点;なぜダイルはチャールズの旅行鞄の中身を盗まなかった?
    大雑把にカバンの中身を確認し25万$相当の物は存在しないと判断した?
    流石に殺した直後は気が動転していたんだろうか?!
    いや誰にも見られぬ状況で殺したのだから冷静+恨み骨髄の心理

    私がダイルなら確実にカバンの中身だけ抜き取り持ち帰った筈
    だってチャールズの財布には4000フランも入っていたから
    125万フラン=25万$だから4000フラン=500$
    500$(当時の為替ルートで18万円)は1,962年の庶民にとって大金
    レジーナ(オードリー・ヘプバーン)を誘う際はタバコ代を気にするケチ

    下記3人を芋づる式に殺害したのは復讐が快楽に変わったからだろう
    同部隊所属で片腕を失ったハーマン・スコビー(ジョージ・ケネディ)
    頭が禿げてしなった小心者でチビのギデオン(ネッド・グラス)
    カウボーイ出身のティックス・ペンソロー(ジェームズ・コバーン)

    結論;文句言い放題ながら満点評価なのはマッソーの名演
    粗探しが得意な私も鑑賞中は全く疑問に感じなかったからです。
    本国では毒舌評論家ヘッダー・ホッパーですら絶賛
    悪役から見事コメディアンに進出した記念碑。

    ※公開は1,963年だが撮影は1,962年の新春(2月〜4月)
    従って私は算数(引き算)間違えはしていない(笑)

  • >グラントは前年「シャレード」で自分の限界を悟った 〜by「男性の好きなスポーツ」

    2018/1/2 22:22 by 青島等

    私の推察では格闘場面で21歳年下ジョージ・ケネディより疲労困憊
    更に筋肉痛から回復が以前の様に速やかに行かなかったんじゃないかな
    走る場面でも16歳年少のウォルター・マッソーに後れを取ったり
    ましてハイヒールで走るオードリー・ヘプバーンとは24歳差!

    続く「がちょうのおやじ」が彼にとって最後のヒット作になった
    毎度スッピンで白髪は染めず更に白くなった髭を剃らないまま
    ヒロインも全然美人には程遠いレスリー・キャロンだから(笑)

満足度データ

シャレード〈1963年〉
100点
20人(17%) 
90点
12人(10%) 
80点
38人(33%) 
70点
22人(19%) 
60点
14人(12%) 
50点
5人(4%) 
40点
1人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
3人(2%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
115人
レビュー者数
32
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
84
ファン
30人
観たい人
46人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • ユマ
  • カール・丸電
  • 黒蜜わらびもち
  • maiiam
  • cinerama
  • lefty_a_cinema
  • kotorin
  • yniold
  • すかあふえいす
  • ゴンゴン
  • 黒猫嬢
  • なもりもな
  • ck-映画ランナー
  • なつみかん。
  • 来留

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

シャレード [DVD] FRT-095

  • 定価:433円(税込)

シャレード (1963) [DVD]

  • 定価:1008円(税込)

シャレード [DVD]

  • 定価:1543円(税込)
  • 価格:351円(税込)
  • OFF:1192円(77%)
『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ