ただいまの掲載件数は タイトル58605件 口コミ 1141416件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ローマの休日 > 掲示板 > 真実の口

真実の口

2003/6/20 15:45 by 未登録ユーザ さくらんぼ

(映画「太陽がいっぱい」についても触れています。)

一見すると「貧富の差による溝を描いた作品」であるアランドロンの映画「太陽がいっぱい」には、実はそのような溝は存在しない事を説明するボートのシーンがある。

主人公の青年二人が仲良くボート遊びをしてから岸に下りるときに、彼らは二人一緒に降りる。もし二人に前述したような溝が有るならば、まず身分の下の者が先に下りて船を留め、後から身分の高い者が下りる事が映画の表現上必要だからと、どこかで読んだ記憶が有る。

もしもこのレベルで映画「ローマの休日」を味わおうと思っても今の私には出来ない。テレビで観たのだが、いつ観たのかも忘れてしまったほど古い記憶だからである。もっとも今改めて観直しても書ける自信はないが。

だから断片的に覚えている記憶を手繰り寄せて、少しだけ書いてみたい。

ヒーローは新聞記者である。真実を報道するのが仕事だ。その彼はヒロインが王女だとすぐ気づいた。しかしヒロインに向かってはそれは言えない。言えば逃げてしまうからだ。

一方ヒロインはご存知の通り王女様。彼女はお忍びで街へ出た。だから自分の身分を当然に誰にも言えない。

そして、秘密を持った二人の楽しいエピソードが語られていく・・・

でも楽しいときは短いものである。やがて旅は終わり、二人は新聞記者と王女として、つまりお互いの本当の身分に戻って、万感の思いの対面となるのである。

しかし、やはり二人はここでも本当の自分の気持ちを素直に語り合えない。当然である。言えば周りが大騒ぎになる。しかし何らかのシグナルをお互いにだけは送りたい。この場を逃したら二度と言葉を交わすチャンスなど無いかも知れぬ。ここのところのぎりぎりの描写はとても素晴らしい。

こう見て来ると、この映画は「真実を語る事の難しさ」について描いた作品ではなかったかと思うのだ。

そして「ローマ」、古代遺跡たちもまた、沈黙して私達を迎えるのである。

 



  • 追記 ( 恋愛は究極の付帯ドラマ ) ネタバレ

    2015/10/23 7:12 by さくらんぼ

    私の部屋にはランプが3つ置いてあります。

    Aランプは、街中のリサイクルショップで見つけました。たそがれ時のお店で、明かりが灯っていたのを一目惚れして買ったのです。何度も行きつ戻りつし、勇気を出して入店して。開店したばかりの小さなお店でしたが、店員さんは若い女性でとても誠実そうな人でした。ランプシェードにはエンジェルの絵が書いてあります。温かい電球色の光。

    Bランプは、廃品回収業者が場末にある倉庫の隅で始めたリサイクルショップで、みつけたものです。こちらも入店には勇気がいりました。でも、店員さんはみなホッとするような柔和な方で安心。実は、これは白いガラス製の花瓶です。その中に、試行錯誤の上、ホームセンターで買った4ワットの青い白熱ランプを入れました。夜間、点灯すると、水中をのぞいているように幻想的。

    Cランプは、ネットで偶然に見つけたものです。美しいエメラルドグリーンの光と形に、一目惚れして即ポチりました。でも…これには記憶喪失になったように、付帯ドラマがないのですね。それどころか、「ネットの中の商品が、目の前にあるのはなぜ」てきな感じ。

    今までネットでいろんなものを買いましたが、Cの様な空虚を感じたのは初めてです。おそらく、夜間、音楽をかけ、物思いに浸りながら、購入したもの自体を観賞していることなんて、他には、そうはありませんから、気づかなかったのでしょう。

    今までは、物を買うためには、それなりの儀式がありました。まず服を着替え、電車や自動車に乗り、時間をかけて店まで行きます。天候が雨かもしれないし、暑かったり、木枯しが吹いているかもしれません。途中ですれ違った犬に吠えられるかもしれない。そうやって、やっと、お店までたどり着いて、ちょっと緊張してドアを開け、店員さんに挨拶をして、見せてもらいます。そうして、やっと購入する。

    帰りには、ちょっとくたびれて、喫茶店によったり、ランチを食べたり、そのランチが思いのほか美味しく、また、そのレストランへ行きたいと思ったり…そうやって、すくなくとも半日がかりの大事業を終えて帰宅するのです。ですから購入したものは、その付帯ドラマとともに一生の想い出として記憶される。

    これからネットショッピングの時代になると、それらが欠落していくのです。

    これは、私たちの気持ちに、どのような影響を与えてくるのでしょうか。

    最近、若者たちの間では「恋愛など、めんどうくさい」と言われている様です。思えば「恋愛は究極の付帯ドラマ」なのですから、メールやライン、ネットショッピングなど、になれた人には、もはや「生臭い恋愛」など、論外な事なのかもしれませんね。

  • 追記U ( ラストの会見で胸に刻むこと ) ネタバレ

    2015/11/12 6:58 by さくらんぼ

    久しぶりにTVで再観しました。

    昨今の量産されるTVトレンディドラマと比べるのもなんですが、やはり、映画「ローマの休日」は良いですね。特に、ラストの宮殿での再会場面は素晴らしい。何度見ても。

    そして、そこでは、こんな思いも新たにしました。

    王女が深夜、宮殿に戻ると、大臣や御付きの者たちが、「今まで、どこへ行ってたんですか、王女としての自覚を忘れたんですか!」みたいな話で説教しようとします(セリフは正確ではありませんが)。

    そのとき王女は毅然として、「私に説教は不要です。王女の自覚が無かったら、ここへは戻ってきません」と言い返すのです。

    王女は一日で大人になりました。

    恋愛は、悲恋は、人を大人にするのです。

    そう言えば、悲恋をお葬式に例えた歌もありましたね。ウィッシュというフォークデュオの美しい名曲「御案内」です。

    何かのレビューでも書きましたが、お葬式の席で、悲しむ親族に、せっかくの機会だからといって、なんらかの説教をする人たちがいます。でも、それは「水に落ちた犬を棒でたたくがごとき、人情の分らぬ醜い行為」です。お葬式ではお悔やみだけにとどめ、どうしても言いたいことがあれば、別の機会に話すべきです。

    さらに映画ではこんなセリフも出てきましたね。

    みなさまよくご存じの場面。こんな有名な映画の、こんな有名なエピソードなので、おそらく老若男女、知らぬ人はいないと言っても良いぐらいの話。

    それは、王女と記者が、恋人同士の秘密を守ることを確認しあう場面です。

    あれは王女と記者だけに当てはまることではありません。

    私たちの恋愛も同じです。恋愛はすべて二人だけの秘密だと思ってください。二人の同意がなければ、決して他言してはなりません。世の中、成就する恋愛の方が少ないのではないでしょうか。それを思うと、不用意な発言で、以後、彼、彼女たちの、運命が変わってしまうことすらあるのです。あなたは、その責任を負えますか。

    映画「ローマの休日」を観たすべての人たちに、思いだしてほしいシーンでした。


    「 今日 お葬式をします
    どうぞ 涙は流さないで
    慰めの言葉もいりません
    ただ名もない花を一輪

    今日 お葬式をします
    私の愛が死んだのです
    同情も今はいりません
    ただ見守っていてください 」



    ( ウイッシュの「御案内」より抜粋 )

  • らしくない、、、

    2015/11/12 14:55 by 未登録ユーザアバランチ

    > 昨今の量産されるTVトレンディドラマと比べるのもなんですが

    1作1作の持つ奥行きを丁寧に紐解くさくらんぼさんとしては、ひとくくりにして比べるのは「らしくない」ですね。
    本作鑑賞後の感傷がそうさせたのでしょうか、、、
    後半の断定的な物言いも「らしくなく」、ちょっと重たいです。

  • Re: らしくない、、、 ネタバレ

    2015/11/13 6:46 by さくらんぼ

    お声掛けありがとうございます。いつもお読みいただいている様で感謝いたします。ホームページにも書きましたが、思うところあって、今はどなたさまとも、ご挨拶以上の会話は控えております。あしからずご了承下さいませ。

  • 追記V ( 男性の頭で女体のギターを突く意味 ) ネタバレ

    2015/11/13 6:50 by さくらんぼ

    淀川さんかもしれません。どなたかプロの映画評論家の方が言われていましたが、映画「ローマの休日」では、王女と記者は結ばれているのだそうです。

    もちろん露骨な性描写はありませんでしたが、映画の後半、船上パーティーを楽しんでいたら、王室関係者に見つかってしまい、大騒ぎになった挙句、池に飛び込んで逃げる場面がありました。

    あの後、記者の自宅で夜を明かすのですが、あの一夜があやしいらしいのです。たしか、あの自宅のシーンはHの記号らしい。

    今は私もそれを信じます。

    そのせいかも分かりませんが。

    今回、映画を再観してみて、おもしろい場面を発見しました。

    あのボートのシーンで、王女は楽団のギターをとって、追っ手の男性の頭をギターの胴体で叩き、胴体に穴をあけるのです。

    そのとき、写真を撮り損ねたカメラマンが、「もう一回」と声をかけ、王女は言われた通り、もう一回叩くのです。もちろん王女は撮影されていることを知りません。

    後には、その写真を記者とカメラマンが笑いながら見るシーンもありました。

    そしてラストには、別れの記者会見の席で、絵葉書のふりをして王女にあの写真を渡し、その場でチラリと写真を見た王女が驚くシーンもありました。
    つまり、少なくとも四回はあのエピソードが出てくるのです。

    面白いですが、クドイぐらいでしょ。

    あのクドさはなぜかと思うとき、あっ、そうか、あれが「Hをしたぞ、気づけよ」とのダメ押し記号だったのか、と気がついたのでした。

    ギターの胴体は、女体をモチーフに作られていると言うのは有名な話です。



    ( これは返信ではありません。)

満足度データ

ローマの休日
100点
220人(30%) 
90点
170人(23%) 
80点
181人(25%) 
70点
85人(11%) 
60点
35人(4%) 
50点
9人(1%) 
40点
5人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
6人(0%) 
0点
3人(0%) 
採点者数
715人
レビュー者数
108
満足度平均
85
レビュー者満足度平均
89
ファン
170人
観たい人
357人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • らっぴー
  • hi-chan21
  • あんどらーで
  • のんべののん太
  • Matsu
  • あすかすとーむ
  • beagle
  • hiroko83
  • むしゃ
  • すかあふえいす
  • samurai
  • でっぱら
  • オレンジスイカ
  • arienaidesho
  • 双樹

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ローマの休日 [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:1890円(税込)
  • OFF:810円(30%)

ローマの休日 [DVD]

  • 定価:1620円(税込)

ローマの休日 [DVD] FRT-096

  • 定価:433円(税込)
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
巨匠スピルバーグがおくるSFアクション大作! 圧倒的没入感を味わえる『レディ・プレイヤー1』や佐藤健VS木梨憲武のアクション大作『いぬやしき』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

アカデミー賞をTOHOシネマズで楽しもう!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ