ただいまの掲載件数は タイトル60310件 口コミ 1159914件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ローマの休日 > 掲示板 > 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

男前は大根役者でもゆるされるのでは?

2007/1/21 21:58 by w×6

男前は、大根役者でもゆるされるのだ w×6 2006/02/26

オードリーは、ちょっと置いといて。
ペックさんについてですが、僕は大変好きな俳優さんです。何故ならば、男前で理知的であるからです。
強引に話を進めますが、「男前は、演技が酷くても問題なしなのだ」と考えています。

立ってするだけ、笑っているだけ、走るだけで充分なんですよね。「男前」はそうなんですよきっと。

ここで僕が使っている「男前」という意味は、単に「顔だちが整っている」というしょうもない意味であります。

以前に、トム・ハンクスは男前か?とターミナルでスレッドを立てました。今回は、その逆説的なる「男前」論とでも申しましょうか。単純明快なる「男前」の役者の話です。

確かに、ペックの芝居は「硬い」、柔軟性がない事は認めます。しかしながら、「男前」ならそれでちょうど良いのです。へたに、演技力があったりすると、オーバーな表現だとか、浮いているなんて言われるような気がするんですね。

ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン、その他「男前」ではないがゆえに、「名優」である演技の天才たちは多くいますね。「男前」でない事が、名演技に繋がるのではないでしょうか?

本作品のペックは、「男前」で、王女のお相手をする新聞記者の役として、充分ではないでしょうか。美女のお相手は、「男前」を配置しておけば、無難なのでしょう。

しかしながら、女優さんは違いますなぁ、まず女優さんは美しいのが「仕事」なのです。大前提です。ここから、よーいドンなのです。「美しいのが当たり前の世界」なんですね。だ゜って、僕が面食いなんで、女優が美しくないなんてのは、もうそれだけで、アウトなのです。(勝ってなやっちゃなぁ、おっさん!!)。

「男前は、大根でもよいのだ!」、いかようなご意見がありましょうか、返信大歓迎であります。では。
男前、ですか? Re: 男前は、大根役者でもゆるされるのだ Baad 2006/02/27

お久しぶりです。
いつの間にか女優の方に話が脱線してしまったのでレスを付けそびれていたので、このスレッドは大歓迎です。

のっけからケチを付けるようで恐縮ですが、まず結論を申しますと、私の結論は、グレゴリー・ペックは大根役者が許されるほど男前ではない、となります。

このスレッドのお題は、50年代に活躍した役者でいえば、ロック・ハドソンやトロイ・ドナヒューには当てはまると思いますが、ペックさんはセックスアピールに欠けるのでちょっと無理があると思います。(ロック・ハドソンは演技力は有るのかもしれませんが、それがあっても無くても問題にならないくらい魅力的)

> ペックさんについてですが、僕は大変好きな俳優さんです。何故ならば、男前で理知的であるからです。

ペックさんは知性や父性を必要とする映画では十分に男前に見えるのですが、残念ながらラブコメでは堅物で魅力に欠けるのに何故か意味も無くもてて、キスシーンだけやたらに上手い俳優、というのが私の評価です。で、そういう映画では役にはまっていないので場違いに見えます。要は大根役者に必要なオーラに欠けるのですね。

この映画は役柄としてはまあ、はまっているので堅実にオードリーを引き立てていると思うのですが、ロック・ハドソンがやった方が魅力的に見えると思います。でもそれだと普通のラブコメで終わってしまって、印象に残らなかったかもしれません。グレゴリー・ペックのほどほどの田舎臭さがあったからこそのこの映画、という事はいえるかもしれません。
ロック・ハドソンは、大きな人ですね w×6 2006/02/27

Baadさんへ、返信ありがとうございます。
たぶん、Baadさんは女性だと存じますが。
「男前」の感じ方は、男女でも、個人でも違うでしょうね。
僕は。ロック・ハドソンには、懐の深さと言うか、大きさを感じます。実際に体も大きい人なのですが・・・。

「ペックさんは知性や父性を必要とする映画では十分に男前に見えるのですが、残念ながらラブコメでは堅物で魅力に欠けるのに何故か意味も無くもてて、キスシーンだけやたらに上手い俳優、というのが私の評価です。」

面白い評価ですね、そうかも知れません。小鹿物語のペックは良いですものね。この作品の、新聞記者という設定に無理があったのかなぁ。堅物の学者かなんかだったら、ちょうど良かったのかも。

「大いなる西部」での、ペックとヘストンなのですが、僕は、断然ペックが光っていたと思っています。僕のお気に入りの映画なのです。では。
Re: 男前は、大根役者でもゆるされるのだ 夢寝由来 2007/01/13

> ペックさんについてですが、僕は大変好きな俳優さんです。何故ならば、男前で理知的であるからです。
> 強引に話を進めますが、「男前は、演技が酷くても問題なしなのだ」と考えています。
> 立ってするだけ、笑っているだけ、走るだけで充分なんですよね。「男前」はそうなんですよきっと。
> ここで僕が使っている「男前」という意味は、単に「顔だちが整っている」というしょうもない意味であります。
> 確かに、ペックの芝居は「硬い」、柔軟性がない事は認めます。しかしながら、「男前」ならそれでちょうど良いのです。へたに、演技力があったりすると、オーバーな表現だとか、浮いているなんて言われるような気がするんですね。
> 本作品のペックは、「男前」で、王女のお相手をする新聞記者の役として、充分ではないでしょうか。美女のお相手は、「男前」を配置しておけば、無難なのでしょう。
> 「男前は、大根でもよいのだ!」、いかようなご意見がありましょうか、返信大歓迎であります。では。

グレゴリー・ペックはゲーリー・クーパーやジェームズ・スチュアートに続く男女9割方の映画ファンが見れば主演スターである事が分かる“正統派スター”だと思う。余談だがポール・ニューマン、クリント・イーストウッド、ロバート・レッドフォード、リチャード・ギアが後継者だと思う。私の憶測だがペックを大根役者呼ばわりしたのは一部の日本の評論家だと思う。戦後登場したペックは30代前半に自分のイメージを確立しジャンルを問わずヒット作に連続主演し、先輩格のクーパーの存在を脅かす勢いだった。クーパーに感情移入している評論家たちがペックをバッシングする事でストレス解消していたのではないか?さてペックの演技ですが私は台詞は明瞭で聞き取り易いと思います。バート・ランカスターのような役幅の広さはないが、男優の実力は相手役女優のテンションを上げる力も重要だと思います。
共演女優の魅力を引き出す力ではウィリアム・ホールデンと互角かそれ以上であると思います。
Re: 男前は、大根役者でもゆるされるのだ kokoloko 2007/01/13

こんにちは!wx6さん!

グレゴリー・ペックさんに関しては置いておいて・・・(この人が大根だとは特に思わなかったので・・あら?)一般的に男前は大根でもいいかという御題には真っ向から否定させていただきます(笑)

やっぱり、演技力がないと映画(ドラマその他)は成り立たないと思うのです。見た目だけで成り立つ役柄だったらいいのですが、話の流れに影響するような『大根』はいくら男前でもだめですよーーー!!(笑)

例えば・・キムタク。この人、どの役をやらせても同じにしか見えないんですよね・・残念ながら。それに比べて香港のレスリー・チャンはどうでしょう??すべて全然違う人間なんですよね。作品ごとに。男前で悪いことはないのですが、更に演技力があると私は惚れてしまいます♪
Re: 男前は、大根役者でもゆるされるのだ youtube 2007/01/13

「皆様へ w×6 2007/01/13

夢寝由来さんへ

「バート・ランカスターのような役幅の広さはないが、男優の実力は相手役女優のテンションを上げる力も重要だと思います。
共演女優の魅力を引き出す力ではウィリアム・ホールデンと互角かそれ以上であると思います。」

そうですか、嬉しいお話ですね、好きな俳優さんを褒めて頂くとうれしいのです。七人の侍に様々の疑問を書かれていますので、ビデオを確認してお返事を書きたいと考えていました。しかし、あの作品は飛ばしながら観るのがもったいないので、思案中です。

kokolokoさんへ

「やっぱり、演技力がないと映画(ドラマその他)は成り立たないと思うのです。見た目だけで成り立つ役柄だったらいいのですが、話の流れに影響するような『大根』はいくら男前でもだめですよーーー!!(笑)」

ごもっともです。


「例えば・・キムタク。この人、どの役をやらせても同じにしか見えないんですよね・・残念ながら。」

えー、デビュー当時の沢口靖子さんは、ひどかったですよ、学芸会なみでした。キムタクも、見守って、僕は応援していきます。ええ奴だと思うから。
Re: 男前は、大根役者でもゆるされるのだ kokoloko 2007/01/13

wx6さん

キムタク・・私も好きですよ♫すごく努力家ですし、変に浮かれていないところ。だから、なんだかんだ言っても『華麗なる一族』見るつもりです!!(#^_^#)
kokolokoさんへ w×6 2007/01/13


SMAP、V6、TOKIOまでは、なんとか知っているのです。おじさんですが・・。時々、V6とTOKIOがごっちゃになります。みんな良い男だと常々思っているのです。TOKIOのリーダーは関西の出身のようですので、ひいきしてしまいます。

                                     では。

youtubeさんの投稿を消すためにやりました。

 



  • 返信を頂いた皆様へ

    2007/1/21 21:59 by w×6

    誠に申しわけありません。
    僕の、わがままで、youtubeさんの投稿を消すためにやりました。
    彼の返信が非常に不快なものであり、論戦を挑んでも、逃げ回るばかりで、頭に来ておりました。「硫黄島からの手紙」の彼へのレスも、消しました。武士の一分の彼のスレのレスも消しました。
    これは、僕のスレッドですので、スレを消しますと、返信頂いた方の投稿を全て消してしまいます。そこで、全てをコピーして、彼の投稿のみを消して、別スレとしました。

    今後、彼とは一切接触するつもりはありません。

    かなり、乱暴な手段となりました、ご理解頂けないかもしれません。
    この方法を使うと、自分に都合の悪いレスだけ消すことが出来ます。
    良くないことと知りつつ、やりました。ご批判は、覚悟の上です。

  • 傲慢さを感じる

    2007/6/15 13:25 by 未登録ユーザトーキー男爵

    大根とか名優とか誰が正しく判断できるのでしょうか?
    皆さん芝居のしの字も知らないでしょうに。せめて少しでも芝居をかじった人ならともかく、全くかじりもせず、ただ観客として受身的に観ているだけの人がそれを語るのはおかしい。何
    の世界でもプロのと素人の眼は違うはず。素人は何も語ってはいけないとは言っていません。当然、個人的な感想はあるでしょう。
    でも貴方がジョー役をペックよりうまく演じられるのか?そういう話ではないですが、そうも言いたくなる。
    とにかく、制作者がペック氏を選び、完成し、それが映画史上不朽の名作となった。私はペックがこの作品で演技が下手だとは思わない。よい味を出していました。演出家に従っただけかも知れません。そこは分からない。
    以上言いすぎだったかも、勘弁してください。

  • 確かに言いすぎでしょう

    2007/6/15 13:33 by 未登録ユーザアバランチ

    観客が役者を評価してどこが悪いのでしょう。
    アホなこと抜かさないでください。

    個人に対し傲慢などという言葉を軽々しく使わないでほしい。

  • 感想を言って悪いとは言っていない

    2007/6/15 16:30 by 未登録ユーザトーキー男爵

    俳優評論家様
    観客が感想を言って悪いとはすこしも言っていない。自由です。
    でもそれは、悲しいかな、あくまで、素人の域をでないもの。
    映画の芝居の専門家が集まって語っているなら分かりますが、医学部に言ったことのない素人がこの患者の病気はああだこうだと言っているのとさほどかわらない。それが悪いとは言っていない。大いに語ってよい。井戸端会議を否定しない。併し病気は専門の医者しか分からない。医者でも分からない場合もあるでしょうが?
    素人の感想と専門家の評価とは違う。
    映画を愛する方々へ傲慢ということばをことばのあやとはいえ使い大変申しわけありませんでした。それは訂正しお詫び申し上げます。
    でも私も映画は大好き。貴方もそうだと思います。そういうことで寛大なるご沙汰を賜り、ご容赦ください。

  • うーん、突っ込むのもなんだけど。

    2007/6/15 17:17 by 未登録ユーザアバランチ

    >観客が感想を言って悪いとはすこしも言っていない。
    ですか??
    >ただ観客として受身的に観ているだけの人がそれを語るのはおかしい。
    と言ってますよね??

    >でもそれは、悲しいかな、あくまで、素人の域をでないもの。
    感想は述べてもいいけど、しょせん素人だから的外れのもの、という事でしょうか。

    別に芝居をかじっていなくても演技の上手下手の評価はできると思いますよ。
    どこが悪いから下手なのか、どうしたら評価を受ける演技ができるのかが語れるのは専門家の領域、というくらいならまだ判りますが。

  • Re: 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

    2007/6/15 22:46 by w×6

    僕のスレの主旨は、「男前」と「個性俳優」の演技について取り上げたつもりでした。「演技」を評価するのが、素人の人間がどうこう言うのは傲慢であると言うのは言いすぎだと考えます。

    アバランチさんの
    「どこが悪いから下手なのか、どうしたら評価を受ける演技ができるのかが語れるのは専門家の領域、というくらいならまだ判りますが。」

    このご意見に賛同致します。
    料理の世界と似たような要素があると考えるのです。
    あるレベルに達した「料理」に対して、素人が「上手いねぇ!!」と「まぁまぁかな」と言うのは、充分に許されることであり、またプロの方々は、素人の評価を大事にされていると思います。「舌の肥えた」料理評論家より、一般の方々の評価を優先するのが、逆にプロではないでしょうか?

    料理評論家がすべきことは、「ここをこうすれば、美味しくなるはずだ」というコメントを付けることではないでしょうか?

    絵画の世界も同様でしょう、胸に飛び込んで来る「美」とか「郷愁」などを、ビビッと感じるしか素人はできないでしょう、絵画の評価などは、時代ともにも移り変わります。

    映画は総合芸術です、「演技」もその中の一部ですね、「いゃー、この役者さん、ええ味だしてるなぁ」と楽しむ事は、映画を観る楽しさだと思うのです。けなすより、感動するほうが楽しいので、良い演技を観て楽しめば良いと考えています。

    最後に、ペックの大ファンであることを付け加えたいです。大好きな俳優さんです。
                           では。 

  • 随分誤解されているようですが

    2007/6/16 9:59 by 未登録ユーザトーキー男爵

    私はどこにも素人が作品について語っていけないなんてそんなこと誰が考えてもないし、言うはずもない。「素人は黙っていろ」とは聖書に手を置いて言っていません。語って大いに結構。そのために映画好きな人のためのこのサイトもある。それも映画の楽しみのひとつでしょう。私もその中の一人。私の意見こそまさに一観客のど素人の私見に過ぎない。また皆さんの感想を読むのも最近知った新しい楽しみでもあります。はまっています。そこはご理解ください。誤解を与える表現でしたら。ここで、皆様に謝ります。
    でも、(私もしつこい)映画は俳優が勝手に出演する映画を自分で決めたり、与えられた役を自分の演劇哲学で勝手に演じているのでもない。製作者にキャステイングされ、演出家に演技指導されて演じているのです。そういういわば上からの、またスクリーンの影からの要求に応えて演技しているのです。そういう要求に応えられない人は使ってもらえないし、プロといえない。もしペックが大根ならば、ペックを選んだ人がキャステイングミスということであり、演出家の演技指導が悪かったといいうことにもなります。何故なら、そのシーンのOKを出すのは俳優ではなく、(ここが重要)監督なのですから。それをただ演じさせられたペックを大根と責めてもかわいそうです。(誰も責めていないですかね)確かに身長が188cmあって、大きな手足を自身多少もてあまし気味で、一見大根に見えてしまうのは可愛そうな気がします。本人も長身がコンプレックスだったようで猫背になったのもそのためとか。(そこに哀愁があってよい)
    それはそうとして、映画は、あくまで監督自身の自己表現ともいえなくもない。そういう意味でオードリーもペックも監督の表現の、芸術の素材だったのです。
    とにかくこの映画が大好きです。制作者もよくアイデアを思いついたものです。監督も演じた俳優、女優もみな好きです。結局最後は本人の好みでしょう。好みに理由はない。

  • 誤解が誤解を呼ぶ螺旋階段

    2007/6/16 11:47 by 未登録ユーザ割りこみ公爵

    みなさん根本的な誤解がある。
    俳優が演技アイデアを出したり、アドリブで演じる場合がないわけではないけれど、演出家ということが分かっていない。みなさん俳優が台本を読んで監督も、演出家も無視して自分だけの解釈だけで演技できると思っているようですが、違います。私のの知人が昔新劇の俳優をやっていました。その知人へ、私も同じようなことを(愚問)言ったら、その友人から、芝居は、勿論台本を読んで自分で演技を、セリフの言い方を工夫するのは基本だが、演出家や監督から、もっとこうやってくださいと第三者的な客観的な人からの指導があるのだよと教えてくれました。そういう言わば上からの要求に自在に応えられるのがプロだと教わりました。そこが素人との違い。それまで俳優が自分の判断だけで演じている、演じられると気軽に考えていた私は、それを聞いて驚いた記憶があります。
    そういえばクラシック音楽でも指揮者がいて、その指揮者の楽譜解釈で演奏が流れていくのは聞いていましたが、演劇もそれと同じだったのです。クラシック音楽で指揮者を無視して演奏家が各自自分の解釈だけで演奏したら全体として、まとまりがつかないおかしなものになるのは誰が考えても目にみえています。
    一回映画を撮影している現場を見てみたら?色んなタイプの監督がいるでしょうが、、、。

  • ダンケ

    2007/6/16 13:55 by 未登録ユーザトーキー男爵

    ちょっと言い過ぎたかなと自分で思いつつも、つい書いてしまい。色んな方から厳しい突っ込みを受けました。でも、いくらきつくてもNO REPLY よりは嬉しいもの。
    ただ、ペックの肩を持つわけではないですが、彼が一人で演技を考えて演じたのではないことを分かってほしくて、あえて書いただけなのです。銀幕の裏というか、俳優は、映画に関して絶対の権利をもつスーパーマンでもない。演出家や監督の操り人魚とまでは言いませんが、(こんな表現をするから、つっこみが来るのかしら)あくまで素材なのだと言いたかったのです。よい素材でないと監督に使ってもらえないでしょう。グレゴリーもオードリーも素晴らしい素材の俳優です。私はロック・ハドソンさんのように同性愛者ではありませんが、(また、余計なことを書いた)この映画のペックが好きです。同性としてあこがれます。勿論オードリーは可愛いくて清楚で気品音があって、床の間に飾っておきたい。(こんな陳腐な表現しかできない自分がやるせない)宝石のような女性。
    この世にこういう映画があって、この世もそう悪いところでもなさそうだなと思わせてくれる映画ではあります。そういう意味でも、創ってくれた方々にただただ感謝。あのジェラードの場面は猛暑で何度も化粧を直してオードリーは演じたそうです。白黒でしたが、そこまでやったのですね。何でも裏は大変という話でした。
    Yours faithfully,

  • Re: 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

    2007/6/17 21:22 by バーバレラ

    すいません。
    アバランチで書き込んでました。
    トーキーさんも映画好きなんですよね。

    ヘプバーンを床の間に飾る点で同意です。(笑)

  • 名画の魅力

    2007/6/18 9:16 by 未登録ユーザトーキー男爵

    バーバレラさん、レスポンス、ダンケシエーン。
    映画大好きというか、会社が出版社で担当している季刊雑誌の編集の傍ら、別の部で出し手いる月刊誌のシネマコーナーにたまに気に入った映画があれば、稚拙ながらレビューを書いていることもあって、よさそうな映画はよく観にいきます。でもがっかりすることが多いです。
    それはそうとして、「ローマの休日」はこれからも人々を永遠に魅了していく名画だと思いますが、それは、その優れたあらすじもさることながら随所に優れた場面があって、それがこれだけ多くの人に支持される理由かなとも感じます。例えば、サイドウオークカフェでアーニャがジョーにどういうご職業?と訪ねるときのアーニャの少しいぶかしげで、問い詰めるような表情がたまらない。そういう些細な場面で好きな演技を見つけるのも映画の魅力のひとつですね。
    また、話が前後しますが、アーニャが一人で街へ出て行く時に、色んな人にぶつかりそうになりながら一人市場を歩いていきますが、あの通行人も全てエキストラで計算されていると思うと、映画を創るって大変だと思いますし、また面白そうとも感じます。
    名画の魅力、時間が空いたら、また語りあいましょう。

  • アラバマ物語を観ました

    2007/6/20 11:16 by 未登録ユーザトーキー男爵

    ペックがアカデミー賞をとった「アラバマ物語」をDVDでやっと観ました。
    全編サスペンスに満ちた秀作でした。ペックが田舎町の正義感あふれる弁護士を見事に演じていました。
    「ローマの休日」とは全く異なる役作りに感心。世紀の大根役者?もこれでやっと汚名返上?。
    娯楽作品とはすこし言いがたい面もあって何回も観たいとは思わないけれど、作品全体がひとつの緊迫感に包まれていて、観ていて身の引き締まるものを感じました。
    無実の罪で結局死に追いやられる黒人のトムが哀れでならない。すべての展開が計算され尽くされていて精緻な作品です。

  • w×6様お詫びします

    2007/6/23 13:10 by 青島等

    私が立ち上げたスレ『ジョー・ブラッドレーは誰が適役?』で双葉十三郎氏による公開時批評を出した事から封印されたスレを巻き込んでしまったようです。
    私はクチコミの『評論家の謝罪』の別バージョンのつもりで、つまり悪い評論の見本として双葉説を載せたのです。
    幸い私へはBaadさんがポジティブなレスを下さったのですが、失礼ながらこちらはw×6さんの意図からズレてる感じがしましたので…。
    双葉説を鵜呑みにして“グレゴリー・ペックはやはり大根じゃないか!”と決め付けるのは不本意です。
    ゲーリー・クーパー、ケーリー・グラント、ジョン・ウェイン、チャールトン・ヘストン、ロック・ハドソン等々長身で美男(又は堂々とした風貌)で人気の高いスターは高い確率でマスコミから大根呼ばわりされて来ました。
    しかも昔は長老格の評論家の言う事に逆らったら業界から締め出される恐怖があり反論出来なかったようです。
    更にマスコミもファンも虚像と実像の差が大きい人ほど名優だと思い込む癖もあったと推察されます。
    実生活でもスキャンダルと無縁の紳士だったペックは共演者とモメたとか監督を解雇したとかホテルや酒場で大喧嘩をしたという情報が全くありません。その聖人君子のような面白みのない事への不満が逆に中傷されるネタに発展したのではないでしょうか?
    逆に言えば結婚歴5回のヘンリー・フォンダや監督を解雇したバート・ランカスター(二人共名優と定評がある)がペックよりどこが優れているのか全く分かりません。

    参考までに「ローマの休日」でウィリアム・ワイラー監督はペックを新聞記者に指名したのではなく、お願いしたのが正しいです。監督至上主義の日本と異なりアメリカでは客を呼べる人が一番権力を持ってます。本作の場合ワイラーは製作も兼ねてますが、ペックは20世紀フォックスからフリーになった状態で役の選択は自由だったのです。
    新人女優の引き立て役に難色を示したペックをワイラーが説得したそうです。

    大根の意味は“大根は漢方薬ジアスターゼ=胃薬だから食あたりしない”つまり当たり役が無い役者と言う意味。
    従って代表作が10本もあるペックはあてはまりません。
    アメリカではハムと言います。
    舞台でハム屋を素人が演じたからという説もありますが、
    グレゴリー・ペック主演の「白昼の決闘」で興味深い会話がありました。直接内容とは無関係ですが、
    “ブタ肉とハムは違います”ハムは血抜きして塩漬けにした保存食、憶測ですが“血の通っていないブタ”と言う意味ではないでしょうか?!

  • いえいえ何も気にしてませんよ

    2007/6/23 22:23 by w×6

    「私が立ち上げたスレ『ジョー・ブラッドレーは誰が適役?』で双葉十三郎氏による公開時批評を出した事から封印されたスレを巻き込んでしまったようです。」

    封印が解かれて喜んでいます。夢寝由来さんが書き込みを始められたころですが、ある登録ユーザーの方とトラブルがありました。僕は、よくない手段でその方のレスを消したのです。自分のスレにその方のレスを除いて取り込んで再投稿したのがこのスレです。
    大変に読みづらくなってしまいました。別のレスが付いたのは、本当に嬉しいし、意見交換は重要です。

    どなたが仰ってましたが「トム・ハンクスは男前ですか?」(ターミナル)の裏返しのスレなのです。

    話はそれますが、「演技」とは何でしょうか?いいえ、映画とは何でしょうか?確かに、「事実」ではない、ニュース映像や、ドキュメンタリーでない限りは。
    「演技」も「映画」も、全ての芸術は「真実」を仰ぎ見ている、憧れている。もう少しで手の届くところまで、挑み続けいて、それが素晴らしいのだと思うのです。それが、人の心を打つのだと思います。

                           では。

  • 私の理想は

    2007/6/24 8:36 by 青島等

    「演技」とは何でしょうか?

    俳優が映画や演劇という場を借りて観客の言いたくてもいえない事ややりたくても無理な事を可能にして観客に夢を与える仕事。題材は実話でもフィクションを問わない、人物は等身大でも憧れる現実には存在しない理想の人でも良い、不快感を感じさせる人物がいても当然だがこの役を主演スターが演じるのは敬遠される傾向がある。
    私個人は先ずカタチから役に入る演技の俳優が好きだ。
    衣装も容姿もすべてソレラシク見えなければ納得できない。内面から入る演技の俳優は極端な例『肥満体で飢餓状態を演じる』マーロン・ブランドはいかに評価が高くてもセリフは聞き取りにくく、私は全く受け付けない。
    ジェームズ・スチュアートやグレゴリー・ペックは一つのキャラクターだけだと酷評される事もあるが演技以前に人柄がにじみ出た役柄が多く私は好きだし名優だと思う。

    映画とは何でしょうか?確かに、「事実」ではない、

    映画とは『住居の定まっていない地球』そのもの。
    その人の好みでどこでも住めるし、旅も出来る。
    私は金鉱探しの旅行者。良い鉱脈を見つければそこを徹底的に掘り下げる。この金は他人が見れば只の砂かも知れない、つまりジャンルは狭く深くです。
    時のは空腹のために狩りをするがあちこちの畑や川には行かず金鉱の近郊から離れない。

    『ウソで良いんだよ』ヒッチコックの意見に賛成です。

  • Re: 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

    2007/6/25 11:48 by 未登録ユーザトーキー男爵

    「嘘でよい」箴言。大賛成。
    日本の近松さんが言っています。虚実皮膜論で、、、。虚の中にこそ、むしろ人間の真実が露わにでるものなのでしょう。それを誇張し象徴的に表現することが芸術、特に文芸なのでしょう。「芸」であり「術」なのです。それは人の裸の姿、よいも悪いも真の姿を表現するため。つまり嘘の中に真実が浮き彫りにされるのでしょう。

  • Re: ペックは大根では無いですね。

    2013/10/28 21:54 by すかあふえいす

    少なくとも私の知るグレゴリー・ペックは、「白昼の決闘」の悪童、
    「拳銃王」における善悪を超えた人間像、
    「アラバマ物語」の心強い父親など、演技も素晴らしい役者だと認知しております。

    嘘を本物にしていく映画において、ペックほどキャラクターの成長を描かせたらピカイチな役者はいません(エロール・フリンに並ぶ存在です)。

  • Re: 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

    2013/10/29 9:12 by 未登録ユーザアメリカで188cmって普通なのでは?

    トーキー男爵くんへ。

    >身長が188cmあって、大きな手足を自身多少もてあまし気味で、一見大根に見えてしまうのは可愛そうな気がします。本人も長身がコンプレックスだったようで猫背になったのもそのためとか。(そこに哀愁があってよい)

    友人の多くがが190以上。
    一番低い友人での、189cm。
    本人も長身がコンプレックスだったようで猫背になっただなんて、嘘はやめてほしいちゅうんやざ。

  • Re: 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

    2013/10/29 17:19 by odyss

    >友人の多くがが190以上。
    >一番低い友人での、189cm。

    アメリカ人男性平均身長は、約176センチです。北欧や東欧のほうが平均身長は高いのです。

    出典

    <リンクURL>

  • Re: 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

    2013/10/29 21:13 by kotorin

    一概にアメリカ人と言っても、白人は全体の70%弱、ヒスパニックやアジア系も多いので↓
    <リンクURL>
    176pはアメリカの白人男性の平均より少し低いかもしれません。
    それでも、188pは、ずいぶん高いほうだと思います。
    お友達はアメリカ人といっても、出身はオランダだったりして♪

  • Re: 男前は大根役者でもゆるされるのでは?

    2013/10/30 9:30 by 未登録ユーザ176cm?

    突然ですみませんやったざ。チビと言われるウラですら184cm。
    確かに友人のみーんなが白人。でも176cmはありえないよ。
    kotorin氏の意見を支持するね。
    ヒスパニック、アジア系を含めての数値だと思うの。
    もっかいで悪いが

    >身長が188cmあって、大きな手足を自身多少もてあまし気味で、一見大根に見えてしまうのは可愛そうな気がします。本人も長身がコンプレックスだったようで猫背になったのもそのためとか。(そこに哀愁があってよい)

    猫背になったんじゃなくてオードリー・ヘプバーンの身長が170cmしかないのが原因やからは?、170cmは低すぎるよ、ウラの女房ですら179cmあるからね。
    あとコンプレックスに関してやけど、友人で何人かいる、彼らの身長は210cm位かな『ウラは彼らがけなるい、10cmくれよって言いたくなる』
    あと、気になるのがハリウッドスターの低身長、殆どの俳優、ウラより低い低い『なんでなんだ?』

    もっかいで悪いが、188cmって普通だよ、高くもなく低くもないちゅうんやざ。
    身長に関しても、彼の顔立ちに関しても、又、演技力に関しても最高の男だと思うがね。

    うん、勝手な雑談になってしもたーようだね、これにて失礼するよ。odyss氏リンク提供ありがとうの。トーキー男爵氏、失礼したね、ほな、さいなら。

満足度データ

ローマの休日
100点
219人(30%) 
90点
169人(23%) 
80点
181人(25%) 
70点
86人(12%) 
60点
35人(4%) 
50点
8人(1%) 
40点
5人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
6人(0%) 
0点
3人(0%) 
採点者数
713人
レビュー者数
109
満足度平均
85
レビュー者満足度平均
89
ファン
172人
観たい人
356人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 秋楡
  • Cagliostro24653
  • mayocinema
  • coolmonster
  • ミスリム
  • happyh
  • あおべか
  • ドリ
  • いろりん
  • すかあふえいす
  • purinces
  • hi-chan21
  • mi-toai
  • naoki327
  • hatchan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ローマの休日 [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:1890円(税込)
  • OFF:810円(30%)
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”