ただいまの掲載件数は タイトル64980件 口コミ 1178557件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 今度は愛妻家 > 掲示板 > 皆さんはどう思いますか?

質問 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

2010/1/19 0:20 by 無責任な傍観者

今度は愛妻家

ちょっと疑問に思ったこと2つと、ちょっと悩ましいことが1つありました。皆さんはどう思いますか?
未見の人は絶対に読まないでください。

























軽いの2つ。

・新庄君は先生から返事がないんで会いに来たんですが、返事がないって1年も経ってるんですよね…
あれってちょっと変に思いませんでしたか?

・最後にカメラに残ったフィルムを現像します。
思い出の後ろ姿の写真の前に、柱に掴んでいる手だけが写った写真が出てきます。あれって何でしょう?
あれ見て、てっきり主人公は目が悪くて写真が撮れなくなったのかと思いました。中盤で主張していた「撮らないだけ」じゃなくて「撮れない」。でも全然違いましたね(笑)
違うとして、あの写真は何なんでしょうか?

で、悩ましい疑問。

・さくらちゃんはいたんでしょうか?

もちろん、実在して事故死したんですが、作中出てきたさくらちゃんは、幽霊として存在したんでしょうか?それとも主人公の作り出した幻影なんでしょうか?

理屈で考えれば主人公が勝手に作り出している幻影なんでしょう。実際「俺の想像もつかないようなことを言ってくれ」みたいなことを言っていましたから主人公も自分自身が考え出していることを自覚しているんだろうなあとは思います。

ただ、一周忌を照準に2週間失踪したりって、主人公が考えますかね?
1年前の別れと同じセリフを奥さんに言わせているのは主人公が心の奥底でケリをつけなきゃって思っているのかもって気もしますし。
ここら辺がどうもスッキリしません。

皆さんはどう思いますか?

 



  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/1/19 2:42 by HALU

    無責任な傍観者様。
    明けましておめでとうございます。
    新年のご挨拶がこんなにも遅れまして誠に申し訳ございませんでした。

    さて、疑問に私なりの解釈を少々書き込ませて頂きます。
    (ただ、鑑賞致したのが昨年の12/10での試写会でのことですので記憶が少々曖昧で申し訳ないのですがその点はご承知下さいませ。)


    > 軽いの2つ。
    > ・新庄君は先生から返事がないんで会いに来たんですが、返事がないって1年も経ってるんですよね…
    > あれってちょっと変に思いませんでしたか?


    トヨエツさん演じる北見俊介が時間軸の錯覚に陥っているのだと思います。
    ずっと以前に出逢った事を現在に置き換えて実感しているのだと思います。
    それとですが、舞台劇において全般的に言えることですが、能や狂言などに代表されるように、言葉廻し(狂言廻し)で、舞台劇ではすぐに時間軸が経過した設定になってしまいます。
    その舞台劇における弱点が、1年間も経過しているのにも、おかしいという設定になってしまうんじゃないでしょうか?


    > ・最後にカメラに残ったフィルムを現像します。
    > 思い出の後ろ姿の写真の前に、柱に掴んでいる手だけが写った写真が出てきます。あれって何でしょう?
    > あれ見て、てっきり主人公は目が悪くて写真が撮れなくなったのかと思いました。中盤で主張していた「撮らないだけ」じゃなくて「撮れない」。でも全然違いましたね(笑)
    > 違うとして、あの写真は何なんでしょうか?


    過去に起きた幻影を想起していただけのことではないでしょうか?
    過去に幻影のさくら(薬師丸ひろ子さん)を映した記憶が甦ってきて今更になって現像したのかな?と私は解釈致しております。


    > で、悩ましい疑問。
    >
    > ・さくらちゃんはいたんでしょうか?
    >
    > もちろん、実在して事故死したんですが、作中出てきたさくらちゃんは、幽霊として存在したんでしょうか?それとも主人公の作り出した幻影なんでしょうか?
    >
    > 理屈で考えれば主人公が勝手に作り出している幻影なんでしょう。実際「俺の想像もつかないようなことを言ってくれ」みたいなことを言っていましたから主人公も自分自身が考え出していることを自覚しているんだろうなあとは思います。
    >
    > ただ、一周忌を照準に2週間失踪したりって、主人公が考えますかね?


    おそらく設定としましては、北見俊介がショックに因る、かなり重度の脳機能障害に陥っているという設定なのでしょう。
    それと1周忌に関して申し上げますと、有る時点を基点に時間軸を設定しないと、舞台劇における起承転結は成り立ちませんので、1周忌を終点として舞台劇の起承転結を設定していたのではないでしょうか?

    > 1年前の別れと同じセリフを奥さんに言わせているのは主人公が心の奥底でケリをつけなきゃって思っているのかもって気もしますし。
    > ここら辺がどうもスッキリしません。
    > 皆さんはどう思いますか?

    そういった意味合いも含めての1周忌を終点とした舞台劇のシナリオだったのではないでしょうか?

    ※『宇宙戦艦ヤマト・復活篇』の無責任な傍観者様のレビュー投稿にもコメントをさせて頂いておりますので、お返事下さいますれば幸いに存じます。

    それでは失礼致します。

  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/1/19 11:21 by けん坊

    > 思い出の後ろ姿の写真の前に、柱に掴んでいる手だけが写った写真が出てきます。あれって何でしょう?

    私もいまだに疑問なんですが、さくらを撮った写真で(さくらが実際には存在しないので)その部分だけ透明になって、主人公の腕だけが写っているというふうにも思っていたんですがイマイチしっくりこないですね。

    また主人公の腕が映るようにシャッターを切る場面はなかったように思いますし。

  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/1/24 21:49 by 無責任な傍観者

    HALUさん、こんばんは

    >トヨエツさん演じる北見俊介が時間軸の錯覚に陥っているのだと思います。

    あれって回想シーンでしたっけ?
    妻の鏡台から手紙を発見するのはフェイクとして、あれに絡んでの改装だったのかなあ?単純にあのタイミングで新庄君が出てきたのかと思ってましたが、見間違いだったのかな?

    >過去に起きた幻影を想起していただけのことではないでしょうか?

    幻想だとしても、現像の画像は実際に起きたことでしょ。
    あれはちょっとおかしいんじゃないかな。

    >有る時点を基点に時間軸を設定しないと、舞台劇における起承転結は成り立ちませんので、1周忌を終点として舞台劇の起承転結を設定していたのではないでしょうか?

    制作者の意図はそうだとしても、物語としてはどうなっているかを考えたかったんですが…(笑)

    考え方として参考にさせていただきました。ありがとうございます。

    けん坊さん、こんにちは

    >さくらを撮った写真で(さくらが実際には存在しないので)その部分だけ透明になって、主人公の腕だけが写っているというふうにも思っていたんですがイマイチしっくりこないですね。

    構図が柱を中央に持ってきているので、意図が分からないですよね。
    後ろ姿が沖縄の写真だったのに対して、柱は自宅ですよね。
    ちょっとあの写真を敢えて観客に見せたというのは何なんでしょうかね?

    可能性というのはいろんな方向性を持っていますね。ありがとうございました。

  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/1/25 21:30 by 未登録ユーザmaedaria

    昨日、奥さんと観てきました。面白かったですが、身につまされる話でした(w)
    んで、僕なりの解釈でお返事します。

    > ・新庄君は先生から返事がないんで会いに来たんですが、返事がないって1年も経ってるんですよね…
    > あれってちょっと変に思いませんでしたか?

    確かに僕も「あれっ?」っと思いました。つじつまを合わせるとすれば、主人公本人が、奥さんに成り代わって返事を出し続けていた、ということじゃないかと思います。本人は、奥さんが亡くなっていることは十分自覚しながら、幻想の奥さんと暮らしている。手紙が来たら、生きているときと同じように返事も出すだろうと。失踪している間は返事も書かない。

    > ・最後にカメラに残ったフィルムを現像します。
    > 思い出の後ろ姿の写真の前に、柱に掴んでいる手だけが写った写真が出てきます。あれって何でしょう?

    別れ話の後、最後に写真をとせがまれて何枚かの写真を撮ります。最後に庭に出て、柱をバックに奥さんの頬に手を当てて、自分の手ごと1枚写真を撮ります(このページのトップにある写真のカットです!)。写った写真は、部屋の壁、自分の手と庭の柱などの背景のみとなっています。奥さんは、主人公だけに見える幻影だからです。写真に奥さんの幻想が現れなかったのは「写真」だったからなのか、そろそろ現実の世界に戻りつつあったのか。

    最後に、沖縄での走り去る奥さんの写真が現れますが、これは1年前に撮影したまま放置してあったカメラに入っていたフィルムじゃないでしょうか。1年間使わなかったカメラに残ったフィルムで撮影して、一緒に現像したと。

    > ・さくらちゃんはいたんでしょうか?
    >
    > もちろん、実在して事故死したんですが、作中出てきたさくらちゃんは、幽霊として存在したんでしょうか?それとも主人公の作り出した幻影なんでしょうか?

    このあたりの解釈は、観た人それぞれに委ねられているようにも思いますが、主人公が作り出した幻影と観るほうが自然です。主人公は決して狂っている訳じゃなく、奥さんの死を自覚しながら、幸せにできなかった後悔と、もう一度やり直したい、やり直せば「今度は愛妻家」としてちゃんと良い夫になれるという思いから、幻想の奥さんを作り上げてしまう。

    しかし、幻想の奥さんといえども人格がある。幻想だからといって、主人公の思うようには動いてくれない(主人公の心の中にいる奥さんのキャラと違う性格は演じてくれない)。結局、同じ過ちを繰り返して、再び別れがやって来る。結局、自分は愛妻家なんかにはなれないと覚り、現実にもどる、ってな感じでしょうか?

  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/1/26 6:26 by 無責任な傍観者

    maedariaさん、おはようございます。

    >、主人公本人が、奥さんに成り代わって返事を出し続けていた、ということじゃないかと思います。

    その可能性は十分あるんですよね。
    私もそう思ったんですが、筆跡が…(笑)
    奥さんが死んでから文通が始まって(彼から手紙が来た時期がその頃だった)、最初から豊川が返事を出していたとか。
    ただ、そうなると、会った時の「あいつはオレのことをどう書いていた?」というセリフが浮いちゃう。あれはいくら何でも豊川本人が書いたんじゃないでしょうから。

    >柱をバックに奥さんの頬に手を当てて、自分の手ごと1枚写真を撮ります(このページのトップにある写真のカットです!)。

    あ、なるほど!
    言われてみればこんなシーンあったんですね(笑)
    片手で機体持って片手でフィルム巻いてと両手で撮影するって思ってたからこういうシーンがあったのを忘れてました(笑)

    >主人公が作り出した幻影と観るほうが自然です。
    >幻想だからといって、主人公の思うようには動いてくれない(主人公の心の中にいる奥さんのキャラと違う性格は演じてくれない)。

    やっぱりそうですかね…
    言われてみればそうも思います。

    レスありがとうございます。
    よく分かりました。
    今後もよろしくお願いします。

  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/1/31 21:40 by Marcy

    まず初めに、新庄君ではなく西田くんです。
    どうでもいい事ですが、ちょっと気になっちゃって…
    スミマセン。

    > ・新庄君は先生から返事がないんで会いに来たんですが、返事がないって1年も経ってるんですよね…
    > あれってちょっと変に思いませんでしたか?

    西田君が会いに来たのはさくらが旅行へ行ったきり戻ってこない間の事で、僕は「2週間くらいしか経っていないのに、どうして来ちゃうんだろう」と思いました。(まだこの時点ではさくらの死は観客には知らされていないので)
    だから、1年も返事が無いのであれば心配して様子を見に来てしまったのは仕方の無い事だと思います。

  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/2/1 13:03 by nicotine

    > ・新庄君は先生から返事がないんで会いに来たんですが、返事がないって1年も経ってるんですよね…
    > あれってちょっと変に思いませんでしたか?

    新庄くんではなく、城田優さん演じた西田くんですね。
    この下りは、原作舞台にはない、映画のオリジナルエピソードなので、単に脚本家と監督の計算が甘かっただけでしょう。
    物語にとってもどうでもいいエピソードなので無視でいいと思います。

    > ・最後にカメラに残ったフィルムを現像します。
    > あの写真は何なんでしょうか?

    maedariaさんの回答が正解だと思います。

    > ・さくらちゃんはいたんでしょうか?

    北見の幻覚と考えるのが妥当かと。

    > ただ、一周忌を照準に2週間失踪したりって、主人公が考えますかね?
    > 1年前の別れと同じセリフを奥さんに言わせているのは主人公が心の奥底でケリをつけなきゃって思っているのかもって気もしますし。

    スレ主さんも書いている通り、北見は常に現実と幻覚の間を行きつ戻りつしながら、きっと毎日同じような幻覚を見つつ一周忌を迎えたんだと思います。
    この失踪の話も、このときはじめて考え出した話じゃないと私は解釈してます。
    そして一周忌の夜、回りの助けもあってようやく悲しみを乗り越え、幻覚のさくらと決別しようと決心したということじゃないでしょうか。

    どちらにしてもいい作品でした。

  • Re: 皆さんはどう思いますか? ネタバレ

    2010/2/2 12:48 by 無責任な傍観者

    Marcyさん、こんにちは

    >まず初めに、新庄君ではなく西田くんです。

    ああ、すみません。名前の印象が無くて、ROOKIESの役名で書いてました…

    >「2週間くらいしか経っていないのに、どうして来ちゃうんだろう」
    >1年も返事が無いのであれば心配して様子を見に来てしまったのは仕方の無い事だと思います。

    なるほど。そういう捉え方もあるんですね。
    確かに言われてみれば2週間で会いに来るのもおかしな話ですね(笑)

    >この下りは、原作舞台にはない、映画のオリジナルエピソードなので、単に脚本家と監督の計算が甘かっただけでしょう。
    >物語にとってもどうでもいいエピソードなので無視でいいと思います。

    なるほど、Marcyさんの言うとおり2週間は短いんだけど、1年だとちょっと長すぎますよね。感覚的に2〜3ヶ月か半年ぐらいかな…

    >北見の幻覚と考えるのが妥当かと。

    やっぱりそうですか。

    >この失踪の話も、このときはじめて考え出した話じゃないと私は解釈してます。
    >そして一周忌の夜、回りの助けもあってようやく悲しみを乗り越え、幻覚のさくらと決別しようと決心したということじゃないでしょうか。

    あ、なるほど。この話が今までの進化じゃなくて、繰り返しの終着点としたらスッキリしますね。

    >どちらにしてもいい作品でした。

    私もそう思います。

    お二方どうもありがとうございました。
    おかげで疑問点が無くなりました。
    今後ともよろしくお願いします。

満足度データ

今度は愛妻家
100点
45人(17%) 
90点
55人(21%) 
80点
71人(27%) 
70点
40人(15%) 
60点
22人(8%) 
50点
9人(3%) 
40点
4人(1%) 
30点
1人(0%) 
20点
2人(0%) 
10点
7人(2%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
256人
レビュー者数
80
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
83
ファン
51人
観たい人
176人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Mask
  • KOTERRY
  • 三毛蔵
  • qp
  • うぃるれい
  • HALU
  • youtyan
  • Shige
  • とのんたん
  • あいちゃんまま
  • てるてる13
  • リュウ、
  • だったんじん
  • ni-co
  • hikikomomi

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

今度は愛妻家【通常版】[DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3175円(税込)
  • OFF:929円(22%)

今度は愛妻家 【豪華版】 [DVD]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4845円(税込)
  • OFF:1419円(22%)

 

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ