ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160075件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 大反撃 > 掲示板 > 馬鹿(ナチ)が戦車(タンク)でやって来る!

情報 馬鹿(ナチ)が戦車(タンク)でやって来る! ネタバレ

2018/9/9 0:38 by 青島等

前半コメディだが狙った笑いじゃなく登場人物が大真面目だから可笑しい
後半は一転して破壊殺戮を充分過ぎるほど映す戦闘場面の連続
一部を除き定石通りギャラの安い役者から順に死んで行く展開
その中には後年名優に成ったブルース・ダーン(ローラのお父さん)
撮影が1,967年秋だから当時31歳!まるでキリストのような髭ヅラ
元軍人だが戦い疲れて落後兵士たちを連れ伝道師の気取りのリーダー
「戦う幌馬車」でカーク・ダグラスに序盤で射殺されるが気に入られ
ダグラスからの情報でランカスターが招いたのが真相だろうと思う。
ダグラス2本目の監督「明日なき追撃」で大役を貰っている!!

主役の少佐に最も近い格(サブキャラ)はパトリック・オニール大尉
よく見るとジェームズ・スチュアート似の容姿、彼の最高作だと思う。
大学教授出身インテリで勲章を貰っているが実は戦争が大嫌い(笑)
舞台の宮殿から絵画骨董品をコッソリ盗むのが実に人間らしい
コロムビアの「アルバレス・ケリー」でウイリアム・ホールデン、
リチャード・ウィドマークを敵に回したやはりインテリ弁護士軍人
TVミニシリーズ「マネーチェンジャース」では敵対関係の副頭取
K・ダグラスとクリストファー・プラマーを助演(プラマー側)

ピーター・フォーク軍曹は元パン屋、戦争に嫌気がさしパンを焼いている
「アンツィオ大作戦」でロバート・ミッチャムを助演し本作が続く
クランクアップ後遂にTV2時間枠『刑事コロンボ』(1,968)初主演
最初はヨレヨレのレインコートじゃなくビシッとスーツ姿だ
シリーズ化は1,971年で廃車寸前の自動車でお馴染みボサボサ髪。

原作が発表されるや否や笑いと感動が同時に味わえられる佳作として
ベストセラーになり一読したバート・ランカスターが即映画化権を買い
3年の準備期間を得て主演したのが本当で評論家+評論家もどき曰く
シドニー・ポラックが映画化、主演にランカスターを起用は嘘八百(# ゜Д゜)
「泳ぐひと」の追加撮影でポラックを気に入ったランカスターが
次回の西部劇「インディアン狩り」に抜擢し更に本作に続いたんです。
俳優志願だったポラックが台詞コーチで参加した「明日なき十代」は
ヘクト&ヒル&ランカスター・プロ製作でバートが監督への転向を助言
従ってジョン・フランケンハイマーとユル・ブリンナーが自慢し合う
“俺が彼を監督に育てた”は虚言癖か大法螺だと思えば良い(笑)
晩年のポラック自身がキネマ旬報で語った記述が存在するから

SONYに買収される22年前、日本公開の戦争コメディ・アクション
そのSONY55インチTVでスカパー・シネマ録画を観た。
オリジナルが横縦比(アスペクト)=2.33:1なのにDVD正規版は
4:3(VHS=旧式TVサイズ)に編集と言う無残なバージョンだったが
今回も何故かDVDよりマシだが1.78:1(整数で16:9)で放映
以前ユニバーサルの「対決」「シェラマドレの決闘」もシネスコサイズを
無理に16:9に左右若干削除した放映だった(# ゜Д゜)何の意味がある?!

 



  • 本編を観ずに解説する映画生活スタッフ(# ゜Д゜)

    2018/9/14 23:25 by 青島等

    >バート・ランカスター少佐とピーター・フォーク軍曹のコンビ(笑)

    DVDジャケットを見て判断 『刑事コロンボ』で著名になる3年前は
    一介の名脇役で格が雲泥の差、邦画男優比較すれば三船敏郎と田中邦衛

    あと重要なのは赤い娼館の存在価値です、赤は血と宮殿の炎上を暗示
    更に男の力の源は性欲を暗示しており今なら間違いなくR−15指定!!
    ウィスキーボトルの中身をガソリンに替えた簡易手榴弾=火炎瓶は
    ベトナム戦争当時,反戦思想の大学生たちが使った武器の象徴であり
    時代は「大列車作戦」と同じ1,944年だが空気はまるでベトナム戦争
    ナチ将兵の顔が(射殺された死体を除き)殆ど映らない撮り方だから

  • ヒロインを演じるアストリッド・ヒーレン→☆→

    2018/9/20 1:47 by 青島等

    amazon通販購入のパンフレットは表紙と裏表紙が赤で中はセピア白黒
    眼帯ランカスターの大きな顔が確認できるが他の顔はハッキリせずに
    バズーカ砲、マシンガン、ライフルを構えた兵士と戦闘機や炎上する戦車
    白抜きの大きな邦題が下に記され肝心の‘Castle Keep’は黒文字小さく
    更にPanaVision&Technicolorは黒文字で見えづらくセンスを疑う編集

    >オリジナルが横縦比(アスペクト)=2.33:1なのにDVD正規版は
    >4:3(VHS=旧式TVサイズ)に編集と言う無残なバージョンだったが
    >今回も何故かDVDよりマシだが1.78:1(整数で16:9)で放映

    amazon通販DVDとスカパーの静止画族で確認し冒頭ジープで判明
    DVDに映っていなかったフロントウィンドウと後部荷台が映っていた。

    →☆→当時パリでベスト7の一員ファッションモデル日給200$!
    スティーヴ・マックィーン主演「華麗なる賭け」で愛人役だったが
    1,946年生、つまりランカスターのデビュー作「殺人者」公開年度!!
    しかしながら54歳のランカスターは30代後半か40歳前後の設定

満足度データ

大反撃
100点
1人(16%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(33%) 
70点
0人(0%) 
60点
0人(0%) 
50点
1人(16%) 
40点
1人(16%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(16%) 
採点者数
6人
レビュー者数
3
満足度平均
58
レビュー者満足度平均
53
ファン
0人
観たい人
2人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

大反撃 [DVD]

  • 定価:1523円(税込)

 

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”