ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157021件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ケンタッキー人 > 掲示板 > 不評だった理由 今ならPG12いやR15指定!

ラスト 不評だった理由 今ならPG12いやR15指定! ネタバレ

2017/12/30 13:23 by 青島等

コルト6連発銃もウィンチェスター・リピーティングライフルも乗馬疾走も0
開拓劇は重複するがスピーディーじゃなく物足りない印象に加え
当時としては珍しい格闘が意外に尺数を要し残酷な描写である事
鞭の名手(W・マッソー)にバート・ランカスターが素手で立ち向かう
バートはプロレスのダイビングボディアタックを試みるが失敗連続
当然ランカスターは散々な傷を受け赤い血が手に脚に背中に…
ダイアン・フォスターの機転で鞭の先を荷車の車輪で止め形勢逆転
それでもマッソーはバートの顔に砂をかけて目潰し攻撃のしつこさ!
結果は当然ボコボコにされてマッソーは失神するのだが

終盤にマッソーが実は人を殺したことがない臆病者だった事も判明
息子リトル・イーライ(ドナルド・マクドナルド)とダイアンを拉致手引き
だが小屋でダグラス・スペンサーにライフルを撃てと命じられるが拒否
あっさりダグスペにライフルで殴り倒され更に銃床で頭を潰される!
まるでガラガラヘビを殺す要領 流石に血まみれの頭は映らない

川向うでテキサス長老とランカスターは語り合うが
悪党コンビは発泡し長老は単発式拳銃で反撃するが即死
ダイアンの再度の機転で片割れを背後から射殺すると相棒を失った
ダグスペはライフルに弾丸を込める為に筒先を掃除し火薬を仕込み
バートは猛ダッシュで浅瀬の川を渡り発砲直前に敵を倒し銃床で頭を潰す!

 



  • 不評だった理由 大事な事を忘れていた

    2017/12/31 23:25 by 青島等

    @「帰らざる河」が大ヒットだから親子劇の二番煎じと感じた客は多い
    Aロバート・ミッチャムの方がランカスターよりも親父キャラが似合う
    Bトミー・レティッグの方がドナルド・マクドナルドより可愛げがある
    Cダグラス・スペンサーのキャラとメイクも‘帰らざる二番煎じ’

  • 開拓期 淡水真珠 価値はゼロ!

    2018/5/28 19:35 by 青島等

    主人公が見つけた大きな淡水真珠、価値をジョン・キャラダインに質問
    キャラダインは即、高額で売れると噓をつく去った後でマッソーは大笑い
    騙されたとは知らずランカスターは大統領宛てに手紙を書き贈答する
    ところが幾日か経って大統領(の側近)からバートに手紙が届き皆は吃驚
    帰ってから開封すると‘淡水の真珠は無価値です’と一蹴された内容
    騙された事に気づいたバートは‘癪に障るが少し利口になれたよ’

    最新記事: 淡水真珠 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/世界最大の淡水真珠「眠れる獅子」、競売へ-オランダ/ar-AAxU2z1?li=AA4RHB&ocid=spartanntp#page=2
    映画の価値も宝石の価値も時代と共に変化するものだ。

    尚:ランカスターとキャラダインの会話はマッソーの経営する酒場
    1,820年代アメリカは酒場兼交易所兼郵便物の取扱所だったんですね。

満足度データ

ケンタッキー人
100点
1人(50%) 
90点
0人(0%) 
80点
0人(0%) 
70点
0人(0%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(50%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
2人
レビュー者数
1
満足度平均
55
レビュー者満足度平均
100
ファン
0人
観たい人
1人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集