ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149407件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 夏の庭 The Friends > 掲示板 > 世捨て人は街にも

世捨て人は街にも ネタバレ

2017/6/30 15:56 by さくらんぼ

街を歩いていると他人様の庭が気になるものです。下町の踏切や、運河の向こう側など、意外な場所に味わい深い庭を見つけることがあります。別にきれいな花が咲いてなくても、夏草がしげっているだけでも。

それが何回も通っていると、ある日突然、あとかたもなく駐車場になっていたりして、「写真を撮っておけば…」と思ったりすることもあります。

この映画は、戦争で敵地の女性を殺めてしまった男が、帰国しても妻の顔がまともに見れなくなり、世捨て人のようになる話だったと思います。

その庭に、戦争を知らない、興味本位の小学生が探検に行くのです。私みたいな。

暑い夏にはまた観てみたい一本です。



★★★★

 



  • 追記 ( 終身刑 ) ネタバレ

    2018/5/27 8:49 by さくらんぼ

    映画「私は貝になりたい」〈1959年〉は、戦争で人を殺めた兵隊が、BC級戦犯として、法で死刑になる話でした。

    この映画「夏の庭 The Friends」は、戦争で人を殺めた兵隊が、妻とも別れ、終身の自宅謹慎を、自分に課す話です。

  • 追記U ( 美しさ ) ネタバレ

    2018/5/27 9:51 by さくらんぼ

    「 その夏ぼくらは探しに出かけた。『死ぬ』ってことを。」 ( チラシより )

    子どもたちが見つけたのは、「戦争という殺人」でした。



    「 じっと棺の中の喜八の顔を見つめていた弥生は、生きている相手に向かうかのように正座して『お帰りなさいまし』とお辞儀した。」 ( キネマ旬報データベースより抜粋 )

    弥生とは、喜八の別れた妻です。

    「お帰りなさいまし」という言葉が象徴しているように、この瞬間まで、喜八の戦争は終わっていなかったのです。

    もちろん、喜八の行動は、重すぎるのでしょう。もし私なら、あそこまでは出来なかったでしょうし、他人に強要するつもりもありません。

    しかし、「心の中で合掌をつづけた喜八たち」を美しいと思う気持ちや、彼らの価値観も、単純に否定はできないのです。

満足度データ

夏の庭 The Friends
100点
0人(0%) 
90点
4人(21%) 
80点
4人(21%) 
70点
6人(31%) 
60点
4人(21%) 
50点
1人(5%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
19人
レビュー者数
5
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
72
ファン
0人
観たい人
19人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!