ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154840件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > たそがれ清兵衛 > 掲示板 > 彼

ラストネタバレ

2018/9/13 9:06 by さくらんぼ

剣の達人である清兵衛が、なぜそれを隠して黙々と事務職についていたかは、映画ではあまり直接的には描かれていない。ただ節々で「剣術は得意だが、人殺しは嫌いだ」と描かれていたように見えた。現代の武術とは違い、当時は実戦のために使われることもあったはず。だから彼は苦しんだ末に剣を捨てたのだろうか。

夢につまずいた清兵衛は、人生にもつまずいた男だ。彼は世間も一緒に捨てた。同僚と付き合いが悪い理由には、そんな気持もあると思う。身だしなみが悪いのも、それである。そして、彼は子供のために銭を稼ぐだけの生き方を始めた。

一方、清兵衛と戦うことになる侍も又、人生につまずいた男だ。彼は「心」の暗喩である「部屋」で清兵衛に酒を出し、しばし哀しい本音を語るのである。そこが「薄暗い」のも、そのように考えると意味が理解できる。しかし、この対戦は剣を捨てた清兵衛にとっても、なんと哀しい宿命なのだろうか。

ところで清兵衛の妻になる朋江(宮沢りえ)も又、当時の女性としては、離縁しただけでなく、進歩的な考えを持つ女性であるため、人生につまずいていたと言える。

そして清兵衛の次女もそうであるはずだ。映画の中で一ヶ所、次女が誰かに何かを指示されて「いやっ!」と拒否するシーンが唐突に挿入される。このシーンは彼女がこれから過ごすであろう人生の、極度に要約された暗示であると思う。

また彼女は、映画のナレーションを担当し、最後の墓参りにも登場する。何か哀しい人生を歩んだ彼女が、しみじみと似た物同士であった父の人生を理解して、回想する姿であろうか。

そして、これらの人々は皆、あの人にどこか似ている、はみ出し者であるがために、主流派には成れなかったた哀しみを、心に深くたたえた人…監督の心の中にはやはり彼がいるのだろう。寅さんである。


( これは、2003/2/8 11:36 byさくらんぼ の加筆再掲です。)

 



  • 追記 ( 反戦映画 ) ネタバレ

    2018/9/13 9:18 by さくらんぼ

    ラストあたりの清兵衛は、人を殺めたことがトラウマになり、人知れず苦しんでいるようでした。今のようにメンタルの病院もないでしょうし、そんな概念すら無かったかもしれない。だから悶々と耐えていた。

    でも、朋江(宮沢りえ)という恋女房がいたのです。しかし両者の間には、それをケアする心の交流は無かったようですね。人さまざまかもしれませんが、夫婦と言う人間関係も、時に哀しいものです。

    そして3年後、戊辰戦争に出征した清兵衛は命を落としました。

    映画の雰囲気では、苦しんだ末、清兵衛は「自ら死に場所を求めて出征」したように感じました。嫌々でもなく、勝つためでもなく。

    今思うと、そんな映画「たそがれ清兵衛」は「反戦映画」に見えるのです。「時代劇を舞台装置に借りた反戦映画」に。

    そこには、一枚の赤紙で、人生を翻弄された庶民の姿がありました。


    「人を殺してこい。」

    が上司の命令でした。


    ( チラシのキャッチコピーより )



    ★★★★★

  • 追記U ( 映画「ペパーミント・キャンディー」 ) ネタバレ

    2018/9/13 22:16 by さくらんぼ

    >ラストあたりの清兵衛は、人を殺めたことがトラウマになり、人知れず苦しんでいるようでした。…

    >でも、朋江(宮沢りえ)という恋女房がいたのです。しかし両者の間には、それをケアする心の交流は無かったようですね。… (追記より)



    朋江(宮沢りえ)の離縁した夫は、酒癖が悪い上に暴力をふるう男(はみ出し者)だったようです。離縁したのもそれが原因みたい。

    朋江と再婚した清兵衛が、自分の苦しみで朋江に醜態を見せなかったのは、もしかしたら、「前夫みたいに朋江の荷物になりたくなかった」からかもしれませんね。


    それから、清兵衛がどれほど苦しんでいたのか、映画「たそがれ清兵衛」では、ひかえめにしか描かれていません。

    でも、映画「ペパーミント・キャンディー」には、主人公の七転八倒の苦しみとして、あからさまに描かれています。

    そうです。ある意味、映画「ペパーミント・キャンディー」は、兄弟のような作品だと思います。

満足度データ

たそがれ清兵衛
100点
68人(16%) 
90点
84人(20%) 
80点
100人(23%) 
70点
73人(17%) 
60点
44人(10%) 
50点
19人(4%) 
40点
10人(2%) 
30点
5人(1%) 
20点
2人(0%) 
10点
11人(2%) 
0点
3人(0%) 
採点者数
419人
レビュー者数
162
満足度平均
76
レビュー者満足度平均
80
満足度ランキング
32位
ファン
35人
観たい人
117人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

大森 

関連ニュース

 

この映画のファン

  • はるばる
  • 星空のマリオネット
  • ママデューク
  • maiiam
  • 裏山歯科PURNA
  • 赤ヒゲ
  • あおべか
  • ハウグワンビイキ
  • HALU
  • izumi.s
  • tobutyan
  • チカ坊
  • Nancy04
  • タランって〜の
  • koko

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

たそがれ清兵衛 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3175円(税込)
  • OFF:929円(22%)

たそがれ清兵衛 [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3926円(税込)
  • OFF:1150円(22%)

たそがれ清兵衛 [DVD]

  • 定価:2880円(税込)
  • 価格:2520円(税込)
  • OFF:360円(12%)
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!