ただいまの掲載件数は タイトル64995件 口コミ 1179011件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラスト、コーション > 掲示板 > 平凡なストーリーとベッドシーンの必然性

平凡なストーリーとベッドシーンの必然性 ネタバレ

2008/2/2 19:23 by 未登録ユーザ 三田めぐろう

ラスト、コーション

 最近、前に見たことがある・・系の映画が続いていますが、これもほとんど「パープル・バタフライ」といっしょのストーリー。1940年代の日本軍占領下の上海というのは、題材として魅力あふれるものなのですかねえ。原作者の同時代の話、といってしまえばそれまでですが。

 全体として、マージャンのシーンが長すぎると思ったし、ワンの正体がいつばれるか・・・とどきどきするシーンもなし。この手の映画によくあるパターンのストーリーで、特に優れた脚本と言うわけでもなし・・・。

 で、問題のエッチシーンですが、まずはワンがイーを誘惑する前に、同級生と「練習」するシーンは、こういう発想が浮かばなかったので、ちょっとびっくり。ういういしい処女の方が・・とか考えるのは、日本人的発想なのか、それとも抗日という目標を良く考えていない反革命的発想なのか。

 タン・ウエイはモデル出身・・・という割には、スタイルが??。パンフレットにスリーサイズがでていますが、「このくらいのスタイルの人はたくさんいるんじゃないの?」という感じだし、中国人女優によくあるどきっとするような美女でもなし。演出でしょうけど、わきげを剃っていないのも、あれはそもそも西洋の習慣で・・・とは思うのですが、少しびっくり。でも数年前でも、かなりの中国の都会でも剃っていない人を見て(もちろん夏ですよ。)日本人の方が・・・・。本題からそれすぎました。やめます。

 でもエッチシーンの必然性はよく分かる映画・・片や周りの人間を信じられない男と、片や敵のふところに潜り込んでいるのに、いまいちしゃんとしない(そう見えました。)味方にいらだつ女がベッドを共にすると、ああいうエッチを交わすしかないでしょうね。そんなに脚やら体やら曲げられないでしょう。と思ういたいたしいシーンもありましたが・・・。日本版は数箇所カットだそうで、さらに何年ぶりかにみた「ぼかし」が入っています。

 ラストシーン。ワンは味方が誰もいないおかしな状況に気付いたはずなのに、わざわざ「逃げて」と言ったのはなぜか?道路封鎖の時に、毒入りカプセルを手にしたのに、結局、石切り場で処刑されるまで、口にしなかったのはなぜか?やっぱり「過剰に」イーにほれ込んでいたのですかね。

 ワンがクアンに「準備」の電話をする時に、わざわざ広東語でしゃべったり、憲兵隊の検問時にはかすかなに聞こえる声で「通行証を見せてください。」という日本語が聞こえたり、細部までこだわっていますし、日本風俗の場面もほぼ完璧。挿入歌に「同期の桜」が入るあたりは、よい日本人スタッフがいたのかな。

 最後に・・・やっぱり、トニー・レオンが最高でした。

 



  • Re: 平凡なストーリーとベッドシーンの必然性 ネタバレ

    2008/2/15 23:57 by kokoloko

    こんばんは♪いくつか・・

    >ワンの正体がいつばれるか・・・とどきどきするシーンもなし。

    ワンとイーが仕立て屋に一緒に行き、食事を共にした後、イーがワンを自宅に送ってくれたときと二人で指輪を受取りに行くときは流石にドキドキしました。

    >ういういしい処女の方が・・とか考えるのは、日本人的発想なのか

    マイ夫人・・という設定なのに処女じゃ、イーに怪しまれますよね。

    >味方にいらだつ女がベッドを共にすると、ああいうエッチを交わすしかないでしょうね。

    これは解釈が私とは違いますが・・そういう見方もあるのかしらん。

    あと、余談ですが、実際のワンは化粧をほとんどしない質素な学生なのに対し、マイ夫人になることで、赤い口紅の濃い化粧、そして、体の線が出るチャイナドレスを身にまとい、豪華な女性に変身する様は見所のひとつだと思いました。

  • DVDで確認・・・・・・ ネタバレ

    2008/2/16 22:05 by 未登録ユーザ三田めぐろう

     ついつい、DVDで確認。・・・・もちろん、DVDは映画本編と編集が異なる場合も多いですし、香港版、中国版、日本版が異なる場合もあるのは、承知の上・・・・。

     見たのは一応ノーカット版と言われる香港版(中文字幕のみ)エッチシーンは確かにぼかしは全く入っていませんが、日本劇場公開版と全く同じシーンだったかと言うと・・・・そこまで自信はなし。ただ、少なくとも「ぼかしなしの編集」は可能(私の勝手な解釈で、R-18的にはだめなのかも知れませんが)な訳で、何とかならなかったものですかね。

     「逃げて」は「快走」。(中文字幕は必ずしもセリフと一致しないことがありますが、私のヒアリングの限りでは一致。)直訳すると「早く行って。」くらいの意味ですかね。これだけだと、「逃げる」の意味が必ずしも入らないので、イーが腰を浮かすまでに少し時間がかかったのは、それだからか・・・・まあ、でも「逃げて!」ですよね。

     余談ですが、今日の夜中、テレ東で王力宏(この映画に出てた彼と比べた評もありました。)と藤原紀香の出る「SPY_N」があります。これは中国共産党建党80周年記念映画。という立て看板のある大連の映画館で見たのですが、共産党の建党を祝うことと、どういう関係があるのか・・・藤原紀香がここまでやるかという彼女の「露出度」の高い映画でした。(ほとんどセミヌードに近いシーンもある。テレビ放映はどうか分かりませんが。)タン・ウェイを見てて、ふと思い出しました。

  • Re: 平凡なストーリーとベッドシーンの必然性 ネタバレ

    2008/2/17 9:08 by カイタカケン

    こんにちは、三田めぐろうさま。

    >  全体として、マージャンのシーンが長すぎると思った

    ↑私はマージャンシーン、後、3倍くらいあっても良かったのですが(^^)
    特に上海時代のメンバー、政府高官の夫人ばかりで、皆さん、すごーい指輪してましたね。
    豪華な指輪を見せ合う、特権階級に属する女達の戦いかって思っちゃいましたもの。
    香港時代のマージャンシーンはまた別な意味での闘いでしたけど…
    チアチーは、マージャンとベッド、2つの戦場で戦っていたとの印象を持ちましたね。

    >  ワンがクアンに「準備」の電話をする時に、わざわざ広東語でしゃべったり、

    ↑なるほど、そうでしたか。
    Mandarin(北京語)とShanghainese(上海語)、あるいは広東語の区別が全く出来ないので、とても参考になりました、感謝。

    >「逃げて」は「快走」。(中文字幕は必ずしもセリフと一致しないことがありますが、私のヒアリングの限りでは一致。)直訳すると「早く行って。」くらいの意味ですかね。

    ↑DVDお持ちなんですね,いいなぁ〜
    私見ですが『早く行って』の方がやはりよさそう。
    イーを単に逃がすだけではなく、もう一つの意味が加わりますもの。
    情報、とてもありがたかったです!、感謝。

  • Re: 平凡なストーリーとベッドシーンの必然性 ネタバレ

    2008/6/10 11:01 by 未登録ユーザCoco

    はじめまして。
    昨日DVDでこの映画を観てから、少し納得のいかない部分があり、他の方のレビューを読もうと此方のサイトに辿り着きいた者です。

    >  全体として、マージャンのシーンが長すぎると思ったし、ワンの正体がいつばれるか・・・とどきどきするシーンもなし。この手の映画によくあるパターンのストーリーで、特に優れた脚本と言うわけでもなし・・・。

    私は2度目に観た時、マージャンシーンの会話や其々の目線に随分と色々な意味が込められていると気付き、鮮やかだな〜と感じました。 だから、長過ぎるというより、目が離せない感じでした。

    ですが、三田さんと同じく私も正体がバレるのをドキドキはらはらするという感覚はありませんでした。それが何故だったのかは、未だに分かりませんが、多分、この物語の醸し出す世界はスパイ映画にある緊張感とは別種のトコロにあったからではないかと思います。

    >  で、問題のエッチシーンですが、まずはワンがイーを誘惑する前に、同級生と「練習」するシーンは、こういう発想が浮かばなかったので、ちょっとびっくり。ういういしい処女の方が・・とか考えるのは、日本人的発想なのか、それとも抗日という目標を良く考えていない反革命的発想なのか。

    私も別の理由でこのシーンには違和感を感じました。 処女を捨てなければならないのは、既婚女性のフリをしている以上、処女である訳にはいかないというのは理解出来ます。理解できますが、女性として、はい、理解出来ました、だから練習しましょう!と、そう簡単に出来るのか?! 私は、ここの部分がどうしても?でDVDを2度観したのですが、多分、彼女も孤独だったのだと感じました。 父親は彼女を置いて、彼女の弟だけ連れて英国に行き、彼女を呼び寄せるどころか、英国で再婚したと手紙が送られてきているシーン。。。 きっと、憂いのある時代背景だけでなく、そんな家庭環境等も、彼女が大した大義を持って活動に加わった訳ではなくても、自らの身体を簡単に投棄してしまった理由ではないかな。。。と。 そこまで掘り下げて考えないと、私には絶対に理解不可能な行動なので^^;

    そして、もう1つ、彼女がこの活動に身を投じたのは、心惹かれる青年の為であったとも感じます。唯、この2人は最後まで何もなく、処刑される間際の2人の視線が、彼は「何故、あの時僕らを裏切って奴を逃がしたんだ!そうしなければ、今、僕らはこんな目にあってない筈だ!」と訴え、彼女は「あなたが私をもっと早く愛して、しっかりと繋ぎ止めてくれなかったからよ!」と言ってるように思えました。

    >  でもエッチシーンの必然性はよく分かる映画・・片や周りの人間を信じられない男と、片や敵のふところに潜り込んでいるのに、いまいちしゃんとしない(そう見えました。)味方にいらだつ女がベッドを共にすると、ああいうエッチを交わすしかないでしょうね。そんなに脚やら体やら曲げられないでしょう。と思ういたいたしいシーンもありましたが・・・。日本版は数箇所カットだそうで、さらに何年ぶりかにみた「ぼかし」が入っています。

    私が観たのはアメリカ版、英語字幕です。多分、カットされてる部分は無いと思いますが、前評判程の露出は感じられませんでしたし、それ程過激とも感じませんでしたが、女スパイとして寝室での暗殺を決行する訳でもなく、唯、相手の思うままにされてしまう最初のベッドシーンは居た堪れない気持ちにさせられました。(更に、後日、それらを仲間が全て知っていた・見張っていたと知った時の彼女の鎮痛な表情が。。。) 

    たった1人の若い女性に、これ程の自己犠牲を払わせながら、彼女が唯一託した英国にいる父への手紙み焼き捨てる組織の上司。(観ている側は彼女が唯、組織の駒として利用されているだけだと知っているだけに、余計に腹立たしく感じました)それを見ても、彼女の盾になる事の出来ない青年。。。

    麻雀では必ず負け、組織から受け取る資金も負け麻雀で消えて、何1つ良いことがない!と訴える彼女と、内に孤独と苦悩を抱えた男。自分は誰も信じたことがないが君の言葉だけは信じる!と言う男と、身も心もギリギリのところで持ち堪えている女。 日本の料亭風の店で彼女を待ち、彼女を待たせた罰に君をここで待っていたという男に、中国の歌を歌い舞う女。それを見て、涙し拍手する男に、日本の犬となって働く男の中の中国人を感じるシーンでしたね。

    >  ラストシーン。ワンは味方が誰もいないおかしな状況に気付いたはずなのに、わざわざ「逃げて」と言ったのはなぜか?道路封鎖の時に、毒入りカプセルを手にしたのに、結局、石切り場で処刑されるまで、口にしなかったのはなぜか?やっぱり「過剰に」イーにほれ込んでいたのですかね。

    私はこのシーンは、味方は隠れていたような気がします。ホテルの下に2人位いたような気がしますが、あれは味方ではなかったのでしょうか? 彼女が組織に封筒を渡した時、彼女はまだその封筒の中身が、彼の彼女への愛情の表現方法の1つだとは気付いていません。 そして、彼に言われた通りに封筒を渡した相手から、彼のサプライズ・プレゼントの事を知らされ驚いた表情が一瞬垣間見れました。 指輪が出来るまでカフェでコーヒーを飲みながら、彼女はもうすぐ決着がつく事を察知し青年にTelをします。(彼女はあくまでも任務が成功したら青年と2人で父のいる英国へ行けると信じている訳ですから)

    しかし、彼女の気持ちが変化するのは、やはりあの見事な指輪を目にし、その指輪を嵌める前に彼が彼女に言った一言だと思います。「高価な宝石に興味があるのではなく、その宝石が君の指の上で光り輝くのを見たい」と。 ここで、麻雀シーンでの遣り取りやジュエリー、そして組織や青年が彼女にしたことと、彼が今、純粋に彼女に示している愛情からくる言葉と行動が、彼女に逃げて(英語字幕では、Just Go!)と言わしめたのではないかと。 私が彼女でも同じ事をしただろうと思います。

    >  ワンがクアンに「準備」の電話をする時に、わざわざ広東語でしゃべったり、憲兵隊の検問時にはかすかなに聞こえる声で「通行証を見せてください。」という日本語が聞こえたり、細部までこだわっていますし、日本風俗の場面もほぼ完璧。挿入歌に「同期の桜」が入るあたりは、よい日本人スタッフがいたのかな。

    英語版には「同期の桜」は流れていませんでした。

    >  最後に・・・やっぱり、トニー・レオンが最高でした。

    トニー・レオン落ち着いて押さえた演技の中で見せる細やかな感情表現が良かったですね。

  • Re: 平凡なストーリーとベッドシーンの必然性 ネタバレ

    2008/11/29 18:56 by 未登録ユーザ三田めぐろう

    私はこういうところでは、セックスという言葉は使わず「エッチ」と書いてるんですけど、まあ、言い換えても意味はないですしね。・・・・

     やはり、女の人(男は別ですが)で「セックスの練習をする人」というのは、少数派だとは思います。688さんみたいな人は、私の知り合いでは一人・・・から、聞いたことがあるくらいです。

     彼女、「国を憂いて」セックスの練習をしてたんでしょうけど、やっぱり、一人の男を相手にすると、「大義」なんかどうでもよくなって、相手が自分のことをどう思っているか、そして、次のセックスは今回よりも、うまくなりたい。とそっちの方が大切になったんじゃないかな。と思いますけどね。これは映画のストーリーというより、自分がそういう立場になれば・・ということですが。

     こういう「きっかけが国家や社会情勢が強いるセックス」というのは、どう描写するのか、他の映画でも好きです。今の日本では、そういうことはまずない。と思うので。

     原作者の張愛玲は上海生まれ、香港大学を卒業して、日本軍占領下の上海で最初に作品を発表。と言いますから、本人にも近いのか・・・モデルになった鄭蘋如は国民党のスパイだったそうですが・・・・。

     そうそう、毒薬を最後まで飲まなかったのは・・・これを考えるのが、一番おもしろかったりして。

満足度データ

ラスト、コーション
100点
21人(10%) 
90点
34人(16%) 
80点
57人(27%) 
70点
39人(19%) 
60点
24人(11%) 
50点
10人(4%) 
40点
10人(4%) 
30点
2人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
6人(2%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
204人
レビュー者数
60
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
76
ファン
36人
観たい人
105人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • suzukia
  • 牛込太郎
  • ddgood
  • SHIOSHIO
  • K
  • hatchan
  • さきち
  • ひとっぺ
  • pierrot_le_fou
  • naokee
  • mitzmitzmitzmitz
  • puteri malu
  • 森の王
  • forever
  • romi299

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ラスト、コーション [DVD]

  • 定価:3990円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:399円(10%)

ラスト、コーション [Blu-ray]

  • 定価:4935円(税込)
  • 価格:4441円(税込)
  • OFF:494円(10%)

ラスト、コーション スペシャルコレクターズエディション [DVD]

  • 定価:6090円(税込)
  • 価格:5481円(税込)
  • OFF:609円(10%)

 

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ