ただいまの掲載件数は タイトル64971件 口コミ 1178502件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ゴッドファーザー > 掲示板 > どこが良いんだ!!この作品?

質問 どこが良いんだ!!この作品? ネタバレ

2007/1/4 8:07 by w×6

僕は、当時高校生、アメリカでのヒットを聞いて、リアルタイムで封切りを観た。
良いところが見つからん、音楽だけ◎。他は全部大嫌い。
下品な最初のシーン。馬の首をベッドに入れとくなんて、最低。
トイレに拳銃を隠して、人殺しをする、ひきょうもの。
殺し合いの、エゴエゴの塊、醜い。

ああそうか、だから良いんだ、醜いから良いんだ、この映画は絶対美しくない、醜い、惨い、下品のオンパレード。

なるほど、人間の本性を描いていて、その本性の「醜さ」が「美しさ」に置き換えられているんだ。

書きながら気がついた。僕は、投稿の下書きは、しない。
標題を書きながら変える場合が多い、でも今回はこのままにしておこう。

                                     では。

 



  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2007/1/4 13:01 by 無責任な傍観者

    遠い記憶によると、今まで単純な「悪」としてのギャングを、その家族(或いは人間)としての面を描いたのがウリじゃありませんでしたっけ?

    この手のタイプは邦画が得意で、安藤組を初めとする「実録モノ」で、『仁義なき戦い』五部作(実質は三部で後はオマケ)で頂点を極めました。
    上記作以外にも墓場シリーズや深作の各実録モノを見てしまうと、ゴッドファーザーシリーズは1ランク2ランク下がる気がします。
    アカデミー賞受賞の名作とされてはいますけどね。

  • 返信ありがとうございます

    2007/1/4 15:47 by w×6

    「遠い記憶によると、今まで単純な「悪」としてのギャングを、その家族(或いは人間)としての面を描いたのがウリじゃありませんでしたっけ?」

    そうです。それまでタブーであったマフィアの内面を描いたのが、新鮮だったのでしょう。

    おっしゃるとおりこの作品は、アメリカのやくざ映画みたいなもんです。僕は、やくざ映画は観ませんので、決め付けてはいけませんが。

    「この手のタイプは邦画が得意で、安藤組を初めとする「実録モノ」で、『仁義なき戦い』五部作(実質は三部で後はオマケ)で頂点を極めました。」

    と言われるので、僕の感想も全然はずれでもないて゜しょうね。

                                         では。

  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2007/1/5 7:16 by 未登録ユーザもんもん

    > 僕の感想も全然はずれでもないて゜しょうね。

    感想に当たりもはずれもないだろ。そんな精神構造だから自分の好きな作品をけなされたからってケチつけるようなおろかなこと繰り返すんだよ。いいかげん気付けよ。

  • もんもんさんへ

    2007/1/5 22:56 by w×6

    「感想に当たりもはずれもないだろ。」

    うーん、そうでしょうか?
    僕は、感想でも勘違いもあるし、誤解もあると思いますよ。
    思い込みもあるしね、僕が本作品に対して、どこが良いんだ?と考えるのは、僕の未熟さなのかも知れないでしょう。世間知らずで、苦労知らず゛の環境に育ったから、お前なんかにこの映画が解るもんかと、突っ込まれることだって、あってもかまわないと思いますよ。

    「そんな精神構造だから自分の好きな作品をけなされたからってケチつけるようなおろかなこと繰り返すんだよ。いいかげん気付けよ。」

    どんな精神構造でしょうか?僕は、他人の感想にケチを付けた覚えはありません。論理の不足を指摘はしますが、面白くないという感想にケチを付けた覚えは断言しますが、一度もありません。
    そう思っている精神構造がおかしいと言われればそれまでですが。

                                        では。

  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2007/2/10 20:53 by orion

    はじめまして。W×6さん。
    max_kenと申します。いつかは失礼しました。

    僕は、この作品を気に入っている訳ではないのですが、この作品が世界的に評価されているのは、少しは分かる気がします。

    映画を観る場合、どう観ているか人によるのですが、画面から1メートル手前で観ている人と、3メートルさがった位置で観る人がいます。前者の方は概ね脚本重視で、物語の中に入り込み、主人公と共に一喜一憂し、物語の意味や倫理観で映画を観ているのではないでしょうか。後者の方は、映像重視で、画面で映し出されるそのものを味わっているのです。従って、登場人物に感情移入したりしません。勿論作品全体の中で、その人物のキャラタリゼーションが合っているどうかは気にします。

    僕は後者なのですが、そうすることによって、例えば、衣装と美術があっているかとか、その場面と照明は合っているか、映画全体を漏らさず味わい尽くすことが出来ます。よく観ると、切ない場面なのに照明が明る過ぎるとか、甘い映画ってあるんです。こういうと生意気かもしれませんが、逆にキチンと作られた映画もあることに気付くのです。従って、映画を観て感動するのは、例えば、主人公の愛が成就したからではなく、見事な撮影、演出、美術、音楽、演技…映画(画面)そのものに感動するのです。

    観方を強制するつもりはないのですが、そうしないと観られない映画があると思います。ゴダール、タルコフスキー…とか観られなくないですか。

    結局、マフィア(ヤクザ)ものとか、戦争ものってどうして作られるかって言うと、そこに生死の極限状態があるからだと思います。映画作家は、純粋に好奇心としてそこにそそられるのではないでしょうか。この作品について、「何が言いたいのか。」と問われれば、僕なら、「意味などない。」と答えます。家族愛だとか…そんな一言で述べても、それこそ何の意味もないことだと思います。画面に映し出されたものの意図は考えますが。

    映画を構成している要素が見事に溶け合っている作品のように、僕には思います。

  • なるほど max_kenさんへ

    2007/2/10 22:36 by w×6

    返信ありがとうございます。

    「映画を観る場合、どう観ているか人によるのですが、画面から1メートル手前で観ている人と、3メートルさがった位置で観る人がいます。前者の方は概ね脚本重視で、物語の中に入り込み、主人公と共に一喜一憂し、物語の意味や倫理観で映画を観ているのではないでしょうか。後者の方は、映像重視で、画面で映し出されるそのものを味わっているのです。」

    確かにそうでしょう、調和の取れた作品であれば、観ていて快適であり、不快を感じない。
    しかしながら、見事な演技、演出、音楽に、ごまかされるのが、僕はきらいなのです。
    映画は、第7番目の芸術であると唱える方がいると聞いた事があります。映画を「芸術」として捉えるのであれば、3メートルも下がる必要はないと、僕は思うのです。

    どんな作品でも、テーマがあるはずです。ないとしたら、「芸術」の範疇に入りません。

    敢えて、本作品に1メートルの地点で、観賞するのであれば、

    「なるほど、人間の本性を描いていて、その本性の「醜さ」が「美しさ」に置き換えられているんだ。」

    というのが、僕の感想です。

    いずれにしても、絵画の場合は、少し離れて観たほうが良いでしょうし、音楽も録音で聴くか、生で聞くかによって、全然印象が違うと思います。

    僕の考えでは、映画については
    「映像重視で、画面で映し出されるそのものを味わっているのです。」

    と仰るのには、賛同しかねます。
    映画は、総合芸術であり、スクリーンとの距離があるだけで、作品と対峙するのは個人です。さきほど、1メートルの位置で観たとしたらと書きましたが、さして意味はないのです。芸術は、確かに、その技巧を褒め称える部分もあります、しかし、それらを含めて、心のど真ん中で受止めたいなぁと考えています。
    つまり、素直に観ることです。
    技巧の荒さ、演出の不味さ、演技の未熟など、全てひっくるめて、体で感じたいのです。

                           では。

  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2007/3/29 20:35 by なかむら

    はじめまして。
    私も世の中のオチコボレ達の蛮行をあたかも美談のように描くマフィア映画や任侠映画が大嫌いです。

    ところで、ゴットファーザーについては、同作プロデューサーの自伝映画『くたばれ!ハリウッド』が詳しいですヨ。
    <リンクURL>

  • なかむらさんへ

    2007/3/29 21:57 by w×6

    返信ありがとうございます。
    人を死に至らしめる様をあたかも、美しいかのごとくに、
    僕は嫌うのです。
    ですから、たけしさんのバイオレンス映画は、絶対に観ません。

    人間の本性の中には、「恐怖を味わう」欲求があるのだと、したり顔で電車の中で、ガールフレンドに話している若者がいました。「人間はかつて、野生の地で、猛獣の脅威にさらされながら生きた。だから、本能的に、『恐怖』に対する準備が出来ており、それをたまに味わうことで、満足を得るのだ」という話だったと思います、聞いているガールフレンドか、「そうなんだ!!!」「わー、すごいねぇ」と応えていましたが、お世辞に聞こえました。
    若者に「あほか、お前」と言いたかったのですが、「怖いもの見たさ」ということわざがあるし、見知らぬおっさんが、反論しても変態と思われるのでやめました。

    落ち着いて考えれば、若者の言うことにも一理あるように思います。人間の中に潜む本性とは、なんなんでしょうね?

    では。

  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2007/3/31 13:32 by 青島等

    > 僕は、当時高校生、アメリカでのヒットを聞いて、リアルタイムで封切りを観た。
    > 良いところが見つからん、音楽だけ◎。他は全部大嫌い。

    w×6様、初めてレスします。
    全く同感です。
    アメリカ興行で大成功だった本作を否定できない本邦評論家たちの過大評価という愚行を許した挙句“仁義なき暴力映画”を生み出し観客離れを起こした。
    パラマウント映画始まって以来の大愚作です。
    私はシラケ時代の70年代映画が大嫌いです。いたずらに破壊や殺戮を繰り返し、やたら血を見せびらかし、華のあるスターは皆無状態で一体何に共感しろというのか?
    サム・ペキンパーが「ワイルド・バンチ」で示した“人間の本質は暴力だ”を悪い方向に進めた映画の極致と思う。
    コッポラ映画は「ジャック」しか評価出来る物がない。
    私はコッポラよりも弟子のルーカス支持派です。

  • 映画の中の暴力

    2007/3/31 16:54 by 未登録ユーザodys

    「ゴッドファーザー」という映画の評価についてはまあまあ同感です。
     私は制作された時代には見ておらず、比較的最近リバイバルでやっていたのを見たのですが、有名な作品ではあっても映画史に残るような名作だとは思えませんでした。
     ただし、そういう評価を下すのは、暴力団を扱った映画だからではありません。純粋に作品として大したことがない、と思うからです。

     日本の場合ヤクザ映画というジャンルがしっかりあって、私はそれはそれで評価できると思っています。といってもこのジャンルに詳しいわけではないし、ヤクザ映画なら何でもいいということではありません。魅力的なヒーローやヒロインがいて、自分なりの筋を通すというふうに、骨格がしっかりしている作品なら今でも立派に通用すると思います。やたら暴力シーンばかり出てくるヤクザ映画は、私も好きではありません。
     ですから、シリーズで言うと「仁義なき戦い」は嫌いで、「網走番外地」や「緋牡丹博徒」は割りに好きです。この二つはいずれも高倉健と藤純子という魅力的な主役がいて成立したシリーズであり、60年代半ばから70年代始めにかけての邦画を代表するシリーズと言っていいでしょう。

     現実の生活の中での暴力は私も大嫌いですが、人間の本性の中には暴力の魅力を感じてしまう部分もあって、フィクションの中で暴力が描かれるのは必ずしも悪いことではないし、カタルシスによってむしろストレスを発散する手段ともなると思います。

  • 返信ありがとうございます ネタバレ

    2007/3/31 19:13 by w×6

    夢寝由来さんへ こちらこそ初めまして、よろしくお願い致します。

    「アメリカ興行で大成功だった本作を否定できない本邦評論家たちの過大評価という愚行」

    アメリカでは、マフィアの内面を描いた映画として評価されたのでしょうね。タブーに触れた映画だったのかもしれません。だからといって、日本で評価が高いのには、僕はずっと不思議だったのです。

    odysさんへ

    「ヤクザ映画なら何でもいいということではありません。魅力的なヒーローやヒロインがいて、自分なりの筋を通すというふうに、骨格がしっかりしている作品なら今でも立派に通用すると思います。」

    同感です。なんかこのこの作品には、骨格が何であったか良くわからないのです。「ゴッドファーザー」を見せれば良いのか?みたいな疑問がありました。暖かい日差しの中で、ブランドの演ずるゴッドファーザーは死を迎えましたね。一度しか観ていないのですが、確か畑で死んだと思います。このシーンだけ妙に印象に残っています。ここに何かテーマがあるのだろうか?

    では。

  • Re: どこが良いんだ!!この作品? ネタバレ

    2007/4/2 15:20 by 未登録ユーザTake

    私はこの間初めてゴッドファーザーを観ました。私は、とても面白い作品だと感じました。

    確かに、馬の首をベッドに入れておくのはとても残酷かつ、最低な行為ですが、これはそもそもマフィアの話、ベッドの下に花束を置いておくはずがないんです。多分、あの場面はコルレオーネのやり方、そんなところを見せたかったんではないのでしょうか?

    トイレに拳銃を隠しておくのは確かに汚いことではありますが、あの世界は生きるか死ぬかの世界であって、通常のコメディやドラマ映画ではないと思います。

    殺し合い、卑怯な手口、それは任侠映画、このゴッドファーザーに限らず出てくる。例えば、アーノルドシュワルツネッガーが出演しているアクション映画の作品中では、異様なまでに人が大量に死ぬ。そのようなものです。

    そして、これは必ずしも醜さだけを描かれているわけではないと思います。あくまで私論ですが。

    作中で、ヴィトーは”麻薬は身の破滅”と言っている。それに、結局殺し合いの戦争の中、互いに大切なものを失い、平和協定を結んだりと。
    それに、当時のアメリカの状況が良く分かることも描かれています。麻薬は黒人だけに売る、というその言葉です。黒人差別がここに現れています。

    平和協定を結んだものの、それが破られるそれは、確かに醜さです。しかし、それを逆に美しいと感じたり、やはり醜さは醜さだと思うのは視点によって変わる感想です。

    畑で確かにヴィトーは死にました。あの場面は、それまでは死が常に付きまとう世界で生きていたヴィトーが、孫との幸せな時間の中で死ぬという、ギャップですね。マーロンブランドはその辺を見事に演じていました。

  • そうですね Takeさんへ ネタバレ

    2007/4/2 20:18 by w×6

    「畑で確かにヴィトーは死にました。あの場面は、それまでは死が常に付きまとう世界で生きていたヴィトーが、孫との幸せな時間の中で死ぬという、ギャップですね。マーロンブランドはその辺を見事に演じていました。」

    返信ありがとうございます。
    確か、孫と遊んでいたと記憶していました。日差しを憶えているのです、マフィアの世界は黒の世界であり、日が差し込む世界ではない。最後に彼は、日差しの中で死んで行った。象徴的なシーンであった訳ですね。

    あまり、書き込み出来ない状況にありますもので、失礼致します。

                           では。

  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2007/6/8 20:50 by 未登録ユーザおれ

    > 日本のヤクザ映画のように単なる「抗争」にとどまらず
    鳥瞰的視野、しかも怜悧な客観性、晦渋に陥ることなく
    エンターテイメントを保っている分、こっちが上。

  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2007/6/9 9:35 by w×6

    「こっちが上。」

    あのー「>」が付いているいるのでどこかからの引用でしょうか?それとも、ご自分の言葉でしょうか?

    ともかく、「上、下」という表現は好きではありません。
    「好き、嫌い」の方が好きです。

                           では。

  • Re: 解らないですか。残念です。

    2013/9/15 21:12 by すかあふえいす

    ヤクザとマフィアを同じ線引きで片付けるのは浅はかです。

    殺し合いを美化するだけなら、そこら辺のチンケなヤクザ映画でも誰でもできます。
    「仁義なき戦い」なんか劣化コピーのさいたるもの。
    内容こそ日本の広島で実際に起きた抗争を元にしていますが、その下敷きはゴッドファーザーの負の面しか見ていない!
    ゴッドファーザーの影響は絶大ですが、そんな事を言えば西部劇や時代劇も暴力が正義として描かれる作品が多いではないですか。

    そうじゃないはずです。

    この映画は暴力礼讃などという「くだらねえ」事が主題ではありません。

    「暴力の愚かしさ」を訴えているのです。

    殺しを殺るものが家族の愛を両立できるわけがないと。

    だからマイケルは絶望に暮れた最期を迎えます。

    「ゴッドーファーザー」に上り詰めたマイケルに待っていたのは家族の温もりではありません。

    夫を殺された妹の憎悪と、妻からの軽蔑に似た距離を置かれた事です。
    最愛の兄ソニーや父のヴィトも失って、残ったのは父が残したコルレオーネという暴力の塊。
    「ファミリー」という名の殺しでしか生きていけない者たちを守らなければならない。
    血の繋がりを超えた家族でもあるし、いつ寝首をかかれるかも解らない爆弾でもある。
    マイケルは「ファミリー」を守るために「家族」への愛情を捨てざる負えなかった。
    皮肉な話じゃありませんか。

    それが解らない!?
    理解できないといおっしゃるんですね!?

    そうですか、残念です。
    解る人は解って、解らない人は一生解らない。

    残念でなりません。

  • おんどりゃーさん

    2013/9/15 22:31 by 青島等

    俺は、純粋にフランシス・F・コッポラの残忍な演出と
    マーロン・メタボリック・ブランドの臭い芝居が嫌い
    貴方に‘残念です’なんて言われる筋合いもないし
    一生、(そこそこ理解はできるが)嫌いのままで悔いなし

    ヴィスコンティもフェリーニもウディ・アレンも大損上留守もヤルセナキオも
    勿論、小津安二郎も死ぬまで嫌いである自分が誇らしい!

  • Re: どこが良いんだ!!この作品?

    2014/8/22 6:57 by すかあふえいす

    最初の投稿から歳月が過ぎ心境も多少変化。

    ただコッポラ擁護派の私としては、「ゴッドファーザーpartU」に3時間以上ありながら一切退屈させてくれない感じ・過去と現在を行き来して飽きさせない工夫を大いに評価しておきたいです。

    残虐性うんぬんはかねがね同意の方向で。

    少なくとも今井正やルイス・マイルストン、小林正樹(初期の作品は傑作だと思う)のようなクソ真面目偏屈監督の類よりは遥かに素晴らしい監督だという事は言っておきたいかと。

    戦後の紀子三部作の小津が嫌い、「真昼の決闘」のジンネマンが一生嫌いでも同じく悔いはありません。

満足度データ

ゴッドファーザー
100点
196人(28%) 
90点
162人(23%) 
80点
178人(26%) 
70点
70人(10%) 
60点
43人(6%) 
50点
11人(1%) 
40点
5人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
5人(0%) 
10点
6人(0%) 
0点
2人(0%) 
採点者数
679人
レビュー者数
93
満足度平均
84
レビュー者満足度平均
88
ファン
176人
観たい人
343人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 紅井良男
  • slow
  • Apollonia
  • azure+
  • たかぽん1973
  • いけ
  • 薄れゆく記憶
  • youji
  • レオバート
  • 百田
  • げんごろう
  • リリーローズ908
  • stealth3691
  • catkin
  • berkut

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ゴッドファーザー PARTI<デジタル・リストア版> [DVD]

  • 定価:1543円(税込)
  • 価格:927円(税込)
  • OFF:616円(39%)

ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション DVD BOX

  • 定価:9504円(税込)
  • 価格:4752円(税込)
  • OFF:4752円(50%)

ゴッドファーザー DVDコレクション -GAMEへの招待- (10000セット限定生産)

  • 定価:19440円(税込)
  • 価格:12580円(税込)
  • OFF:6860円(35%)
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ