ただいまの掲載件数は タイトル64747件 口コミ 1175962件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アヒルと鴨のコインロッカー > 掲示板 > ちょっと がっかり

ちょっと がっかり

2007/7/12 22:30 by 未登録ユーザ 洪水娘

アヒルと鴨のコインロッカー

字も読めないのに 何で留学できんの? 特待や推薦でもないんでしょ。 その辺から現実離れしちゃうと 一気に興覚め。原作読んだことないからわからんけど。

 



  • Re: ちょっと がっかり

    2007/7/22 19:10 by 田吾作

    > 字も読めないのに 何で留学できんの? 特待や推薦でもないんでしょ。 その辺から現実離れしちゃうと 一気に興覚め。原作読んだことないからわからんけど。

    確かに安直なシナリオですよね。
    車の運転もどうやって覚えて免許を取れたのか?とか、
    琴美(ドルジの恋人)は河崎が大嫌いだったのに、
    どうしてドルジがそこまで河崎に友情のようなものを
    重く感じるのか、とかね。日本語を教えて貰っただけで
    普通はそこまで思い入れの有る友人にはならないと思うけど、
    その辺の所は「ブータン人だから。」で誤魔化してるんですかね?

  • Re: ちょっと がっかり ネタバレ

    2008/2/5 15:48 by 未登録ユーザやぁ

    > 字も読めないのに 何で留学できんの? 

    日本語を読めなくても、英語ができれば留学できる制度、ありますよ。ドルジが通っていた研究室は英語で会話がなされていると原作にありましたし。

    >免許
    日本で免許とってなくても、ブータンで運転していたことがあるなら、運転できるのでは?

    >河崎との関係
    確かに、琴美は河崎を毛嫌いしていたけれども、河崎は琴美のことを嫌いではなかったし、またドルジのことも、親身になっていたから、ドルジは河崎を信用していたし、友情関係を築くことができらのではないのでしょうか。

    簡単に興ざめしないでください(><)

  • Re: ちょっと がっかり ネタバレ

    2008/2/26 1:32 by サザエ

    確かに、原作を読んでいなければ私も「??」と思ったかな、と感じました。

    あれだけでは、琴美が河崎を毛嫌いしながらもどっかちょっと憎めないでいるトコとか・・・
    バイト先の店長だったからっていうかいつまんだ程度のエピソードで、鉄仮面も無関心もはがれる程の思い入れを、どうしてレーコさんは琴美達に持ってしまったのかな、とか・・・

    思っちゃいますよね。



    原作で詳細に描かれていたそれらの理由が描ききれてなかったなぁ。。。と思いました。



    原作で琴美にとっても感情移入してしまっていたので、悪くはないけど残念!でした。

    原作原作言っても仕方ないのですがね(^^;

  • Re: ちょっと がっかり

    2008/10/6 6:42 by はじめ1979

    > 字も読めないのに 何で留学できんの? 
    普通に留学している生徒かなりいますよ。
    来日してから日本語学校に通う生徒も多いですし。かわりに英語しゃべれる生徒も多いです。


    >免許
    前に同じ学校に通っていた留学生が、免許無くても車は運転できるといってましたよ。


    >河崎との関係
    作品中何度も描かれているような外国人への変な偏見かと。
    琴実と同じく河崎も外国人に対して変な壁を作らず、日本人と接するように彼と接していたからでは?
    学校・本屋等々ドルジが経験した部分以外でも、主人公のバス停待ちシーン、終盤のドルジ自身のセリフからも見えない壁が語られていますし。
    言葉を教えて貰えるから河崎を好きになったんじゃなくて、普通に接してくれていたからかなと思いました。

  • Re: ちょっと がっかり ネタバレ

    2009/2/7 21:57 by 未登録ユーザ靴下猫

    > 車の運転もどうやって覚えて免許を取れたのか?とか、

    横槍失礼します。
    あくまで「原作では」ですが、ドルジは無免許運転でした。

    映画ではそこら辺不明確ですが、
    終盤に河崎が倒れて病院へ運ぶ?時、一度車がふらつきますよね。
    たぶんあれが初めての運転で、日本の道路に戸惑っている演技に見えました。

  • Re: ちょっと がっかり

    2009/2/10 19:41 by Amber

    >日本語力
    留学自体は可能ですよね。上でも述べられているように、珍しいケースでもなさそうです英語が話せるならば・・・
    (ただ、教科書のくだりからして日本語で受ける専門の授業がありそうでしたけど・・・)

    ただ、椎名と逢った時点での日本語の話すスキルが読み書きのスキルとあれほどかけはなれているのは不自然な気がします。
    たぶん河崎っていう存在がモチベーションだったのでしょうが、普通は読み書きの方から覚える方が多いですし、話す方だけが先行すると、アドリブが効かなくなるのであそこまで自然な話し方はできないのではないかと。
    特に日本語って同音異義語が多いし、耳だけでは難しい。


    >河崎との関係
    私は映画しか見ていないですけれど、そもそも琴美さんが河崎を本当に嫌っているようにも思えなかったし、ドルジもそう思っていたように感じました。
    例えば“「知り合い」って話に出てくるときは河崎さんの話である”とか、彼女にとって河崎は結局憎めない、重要な存在なのだと感じました。
    ただ恋人だった時代のわだかまりがあって、男女としても、自分が関わりたくなかったんじゃないかなぁと。
    現恋人と一緒に会うことに対する居心地の悪さもあっただろうし・・・
    ドルジだって、みなさんも上で書いているような感じで河崎に好感を持ったのでしょうが、琴美さんが本当に河崎を憎んでいると感じていたらああいう付き合い方はしなかったのではないでしょうか。


    >外国人への偏見?
    個人的には、バス停で日本語どころか英語も全く喋っていなかったあの女性と、殆どないも同然とはいえ片言の日本語をいくつか言っていて、言語的に普及している英語も話せていた来日当時のドルジを重ねているのはどうにも納得できないところがあります。
    「日本に来たら日本語喋れ」っていうのは多くを求めすぎだとしても、普通挨拶だけとか、移動のときに地名だけでもわからないのは致命的でしょう。日本だけではなく世界中何処に行っても、助けてもらうのは難しいですよ。バス停の女性がせめて行き先をわかっていれば、あるいは地図などを持っていれば・・・全然状況は違ったと思います。
    確かに、ドルジの回想(サークル勧誘のシーンとか)みたいに、偏見だか面倒だかでされなくてもいい嫌な扱いをされることも、あると思いますが・・・

    同時に終盤のドルジの台詞にも違和感を感じました。
    彼が最初に周りに避けられたりしていたのも言語能力に依るところは大きいだろうし、あれほど日本語を話せてそれだけで圧倒的に不当な扱いをされるのかは疑問です。
    そして何より、普通相手が日本人でも椎名みたいにいきなりあんなことに付き合ってくれる人、いないんじゃ(笑)
    たまたまそういう人に出会えただけでは?

    相手の言語が話せない、ということは、知り合うのにより多くの時間と労力を要するということです。日々通りすがりの人々と特にきっかけもなくきちんとした交流を持つのは難しいものです。
    国籍の違い、顔の造作の違い、言語の違い、、、
    これらを同じもののように描写しているのは腑に落ちませんでした。



    どうにも、どのトピックスも、原作は読んでいないのでそちらではもっと言及されているのかもしれませんが・・・
    映画を見た感想としても、ストーリーが良いのであって必ずしも脚本・演出の妙味ではないなと思いました。
    それから、役者さんの仕事も素晴らしかったです!

    先ほど見終えたばかりなので、ちょっと勢いで書いてますが、乱文で失礼しましたm(__)m

満足度データ

アヒルと鴨のコインロッカー
100点
96人(12%) 
90点
160人(20%) 
80点
214人(27%) 
70点
165人(21%) 
60点
86人(11%) 
50点
27人(3%) 
40点
9人(1%) 
30点
6人(0%) 
20点
4人(0%) 
10点
10人(1%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
778人
レビュー者数
151
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
79
ファン
184人
観たい人
446人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • Rima
  • いっしー☆
  • ももも
  • stra_in
  • yum@
  • はあとちゃん
  • ラッパの音がする
  • shima-ruby
  • ヴェイダー
  • jim
  • モモンガ70
  • 朝潮橋
  • ナガ
  • blondon
  • miyamasumire

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3654円(税込)
  • OFF:1422円(28%)

 

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ