ただいまの掲載件数は タイトル64244件 口コミ 1170722件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バハールの涙 > 掲示板 > DVに苦しむ母子に捧ぐ

ラスト DVに苦しむ母子に捧ぐ ネタバレ

2019/2/6 18:20 by さくらんぼ

バハールの涙

予想通り、暗く地味に始まる作品です。

でも、気がつくと、往年の人気TV「コンバット」みたいな戦争ドラマになり…

もしかしたら、映画「コマンドー」も、映画「エイリアン2」も、映画「バハールの涙」へのオマージュじゃなかったのか、という倒錯した気持ちになって…

そしてラストには、従軍カメラマンにでもなったように、呆然としている自分に気づくのです。

かなり、すごいものを観てしまいました。



★★★★★

 



  • 追記 ( 子どもへの男女の意識差 ) ネタバレ

    2019/2/7 10:20 by さくらんぼ

    女にとって自分の子どもは、出生の事実(現実的には、出生届・出生証明書)によって証明できます。血肉を分けた熱い関係であることがリアルです。

    しかし、男にとってのそれは、民法第772条(嫡子の推定)や、認知の効力など、冷めた法律が必要になるのです。

    日本にも、長男は養子に出して、末っ子に相続させる「末子相続」がありましたが、長男を養子に出す理由の一つに、「最初の子は、本当に自分の子どもか、男が不安に感じるから」とも言われていたようです。

    あまり良い言葉ではないと思いますが、ちまたには、「女は子宮で考える」「男は頭で考える」という言葉もあります。

    この映画「バハールの涙」にも象徴的なシーンがありました。

    ヒロイン・バハールたちが、友人の妊婦たちと逃亡するとき、妊婦が急に産気づくのです。すると、手助けしていたドライバー(赤の他人)が不機嫌になり、「置いていく」とか、「金を二人分出せ」とか言うのです。「なら、赤ちゃんに言ってよ!」と怒るバハールですが、出産しないように、我慢するしかありませんでした。

    そして、なんとか、国境を超える時がやってきたのですが、非武装地帯ような、最後の30mは徒歩で行かねばならないのです。苦しんで、今にも出産しそうな妊婦を支え、一歩一歩を励ましながら、二人三脚のように歩くのです。「人生で一番大切な30m」だと言って。

    男女の、赤ちゃんに対する気持ちが、かいま見られたようなエピソードでした。

  • 追記U ( 産道 ) ネタバレ

    2019/2/7 10:29 by さくらんぼ

    少し前にはこんなエピソードもありました。

    戦士になったバハールが、「今がチャンス、攻め込もう」と上官に言うのですが、上官は「まだ、その時ではない」と動きたがらないのです。

    なにか、熱い住民と、冷めた役人みたいな構図を感じましたが、そこは弁護士上がりのバハール。弁では誰にも負けないので、上官を説得して作戦開始となります。そして、バハールたちは地下道から攻め込むのですが、地下道は「産道」の記号でもあったのでしょう。

  • 追記V ( 世界の半分 ) ネタバレ

    2019/2/7 15:41 by さくらんぼ

    夫を殺され、子どもを誘拐されたバハールは、終始哀しい顔をしています。

    そんな彼女たちを撮る戦場カメラマンの女性は、砲弾の破片で片目を亡くしていました。

    これらは、世界の半分を失った記号なのでしょう。

  • 追記W ( 「 女は天国ではない 天国の代わりにあるものだ 」 ) ネタバレ

    2019/2/8 8:52 by さくらんぼ

    昔、なにかで読んだ言葉です。

    「 女に殺されると 天国へ行けない 」

    映画「バハールの涙」のチラシには、そんな、イスラム世界の言葉もありました。

    イスラムのことを何も知らない、これは私の勝手な解釈ですが、「 女に殺されると 天国へ行けない 」は、「女を泣かせるような男に、天国へ行く資格はない」と言っているような気がしました。

  • 追記X ( 女に嘘はつけない ) ネタバレ

    2019/2/8 16:17 by さくらんぼ

    ( 映画「ソウル・サーファー」のネタバレにも触れています。)


    >彼女は誰にも見えない波を察知したのでした。これはタイランドで、引き潮の後に津波が来る、ことを学習した成果ですね。彼女は手のひらで引き潮の存在を確認してからトライしました。( 映画「ソウル・サーファー」の私のレビューより )


    映画「バハールの涙」にも、これを思いださせるシーンがありました。

    ある日、女性兵士たちが陣地でくつろいでいると、突然バハールが言うのです。「銃声が聞こえない。静かすぎる…」と。

    もしかしたら、あのあたりでは、クルマのクラクションみたいに、銃声は生活音なのかもしれませんね。

    しかし、その時は聞こえなかった。

    なぜなら、敵が密かに攻撃行動を取っていたからです。

    すぐに目視で、敵を発見するバハール。

    この沈着冷静ぶりは、さすがリーダーですね。

  • 追記Y ( 「十月十日」という戦場 ) ネタバレ

    2019/2/15 22:08 by さくらんぼ

    >そして、なんとか、国境を超える時がやってきたのですが、非武装地帯ような、最後の30mは徒歩で行かねばならないのです。苦しんで、今にも出産しそうな妊婦を支え、一歩一歩を励ましながら、二人三脚のように歩くのです。「人生で一番大切な30m」だと言って。(追記より)

    >なにか、熱い住民と、冷めた役人みたいな構図を感じましたが、そこは弁護士上がりのバハール。弁では誰にも負けないので、上官を説得して作戦開始となります。そして、バハールたちは地下道から攻め込むのですが、地下道は「産道」の記号でもあったのでしょう。(追記Uより)


    そして、非武装地帯を抜けた直後に、道路上で、彼女は出産するのです。へその緒がついたままの赤ちゃんが映ります。この強烈なクライマックスは、映画史に残る、名シーンの一つになるかもしれません。

    「女性にとって、妊娠と出産の十月十日とは、いったい何なのか」。

    男の私にとっては分からないことだらけですが、「命をかけた、子宮からの子ども救出作戦の、十月十日だった」のかもしれませんね。運が悪ければ、子どもの死産もあれば、母が亡くなることもあるのですから。

    もしかしたら、この映画は、ISからの子ども救出作戦の中に、女性の十月十日を、騙し絵のように書き込んだものだったのかもしれません。

満足度データ

バハールの涙
100点
3人(13%) 
90点
8人(34%) 
80点
6人(26%) 
70点
2人(8%) 
60点
4人(17%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
23人
レビュー者数
17
満足度平均
82
レビュー者満足度平均
84
満足度ランキング
43位
ファン
2人
観たい人
8人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

この映画のファン

  • 佳辰
  • なつみかん。

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】