ただいまの掲載件数は タイトル62917件 口コミ 1167641件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ライ麦畑で出会ったら > 掲示板 > 秋の旅

秋の旅 ネタバレ

2018/9/8 16:15 by さくらんぼ

ライ麦畑で出会ったら

思わずチラシを手に取ってしまいました。晩秋の郊外の道を、青年が一人歩いている写真の。

何の変哲もない画ですが、なにか引き込まれるものがあります。

写真の右端を見ると、いろいろな映画賞を10ぐらい受賞しているようです。

観たい作品です。秋の楽しみが一つ増えました。


「 明日はきっと、今日よりはマシさ。たぶんね。」

( チラシのキャッチコピーより )

 



  • 追記 ( 映画+漫画 ) ネタバレ

    2018/11/1 9:38 by さくらんぼ

    いつもの言わけですが、私はブランチの後、映画を観ることがほとんどなので、映画の前半は、睡魔と戦っているのです。

    しかも、最近は横着になって、寝ている事に気づいても、夢の中で「おきたくない…」と思っているほど。贅沢かつ、背徳的で、甘美な眠りに憧れて。

    今回も、それで前半の重要な部分を観ていないようで、後半だけ観ても、正直なところ、それほどの感慨はありませんでした。

    「こまったな…」と思いつつ、もらってきた別バージョンのチラシを(見開きになっている)見たら、漫画で、前半のあらすじが載っているではありませんか。良かった。

    しかたないので、(失礼を承知で)それをくっ付けて映画の評価をすると、これが、なかなか面白い作品(のよう)でした。

    ただ、一つ、(漫画には書いてない)彼のお兄さんのエピソードが、どうやら彼の心の棘になっているようで、私は眠っていたので知りませんが、その棘の痛みを理解した上では、映画の味わいも違ってくるのかも知れませんね。

  • 追記U ( 既視感 ) ネタバレ

    2018/11/1 9:45 by さくらんぼ

    しかし、この映画にはザワザワとした既視感があります。

    それは他のドラマだったり、実体験だったり、主役の二人や、サリンジャーにも。

  • 追記V ( 映画「フラッシュダンス」 ) ネタバレ

    2018/11/2 10:09 by さくらんぼ

    映画「フラッシュダンス」を連想しました。

    どちらも、才能があってもくすぶっている人が、恋人の力も借りて、旅立つ姿を描いていたのです。


    ところで、主人公・ジェイミーに、もしも大人の分別があれば、あの冒険は出来なかったかもしれません。私も外回りの仕事をした事があり、見知らぬ人の家を探し、歓迎されない事を承知で、会いに行っていましたが、小心な私には大変な勇気が必要でした。高校生ならなおさらでしょう。

    しかし、「これだけは言っておく、舞台化は盗作だ!」とサリンジャーから直に言われても、学校の仲間にそそのかされて、舞台化してしまうジェイミーはいけません。

    終わってから、「自分の名前を消したシナリオを持って」サリンジャーに会いに行ったのも、重ねて失礼だと思います。サリンジャーが受け取らないのも頷けます。

    そもそも、本気でやりたいのなら、最初一回だけのお願いで止めてはいけませんでした。

    その辺り、映画の感動に水を差しました。

  • 追記W ( 事件はどこで起きているのか ) ネタバレ

    2018/11/2 15:38 by さくらんぼ

    思いだしたのは、映画「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」に出てくる、主人公・チャーリーです。

    彼は全寮制名門校の生徒。ハーバードへ推薦入学候補になるほどの才能にあふれ、人柄も高潔ですが、家は貧しく、彼女もおらず、とても大人しい。それどころか退学になりそう。そんな彼は、父性本能を刺激する!?のです。

    それに比べて、映画「ライ麦畑で出会ったら」の主人公・ジェイミーは、少々お調子者のよう。(彼女を連れて)サリンジャーのところへ会いに行ったのですが、独り暮らしらしい彼から、門前払いされます。もちろん断ったのは彼女がいたからではないでしょうが。

    でも、二回目に会いに行ったとき、サリンジャーは遠目で一目見ただけの彼女の事を覚えており、家の中で「彼女はどうした」と、本題には関係ない彼女の事を、口にしたのです。そして、サリンジャーは言ったのです。「彼女は良い子だ」と。

  • 追記X ( 「旅」と「労働」 ) ネタバレ

    2018/11/2 15:59 by さくらんぼ

    20年ぐらい前、初めてネットの掲示板に投稿した時、私は感慨ひとしお、信じられないような気持ちでした。

    つい先ほどまで、私の心の中にしか存在しなかった、その私でさえ自覚していなかった思いが、今は掲示板に掲載され、世界中に公開されている事に。

    考えてみれば、素晴らしく、かつ、恐ろしい世の中になったものです。一昔前までは、多額の費用がかかる自費出版ぐらいしか方法がなかったものが、遊び感覚で、子どもでも簡単に出来るようになりました。

    仕事というものは、どんな職種でも、この延長線上にあるような気がします。それは「頭の中にあるイメージを具現化すること」です。それは、ときに辛く長い旅。

    だから、この映画の「旅」も、実は「労働」であったのかもしれません。

  • 追記Y ( 戦争小説 ) ネタバレ

    2018/11/4 21:59 by さくらんぼ

    >ただ、一つ、(漫画には書いてない)彼のお兄さんのエピソードが、どうやら彼の心の棘になっているようで、私は眠っていたので知りませんが、その棘の痛みを理解した上では、映画の味わいも違ってくるのかも知れませんね。(追記より)


    お兄さんの話は、戦争小説へ繋がっていくのですね。

    「 戦争描写のない戦争小説とも評される『ライ麦畑でつかまえて』への深い愛と理解をたたえ、 」

    ( 2018.11.4朝日新聞〈朝〉付録グローブ 川口敦子さんの映画レビュー「オマージュを越えた愛と理解」より抜粋 )

  • 追記Z ( 反省文 ) ネタバレ

    2018/11/8 9:54 by さくらんぼ

    チラシを見ると、主人公が「赤い帽子」を被っているのです。また、彼が持っている寅さん風トランクの色も、赤っぽく見えます。

    「赤い帽子」は何の記号なのでしょう。

    ウィキペディアの「レッドキャップ」を見ると、「 直訳すると『赤い帽子』。主にイングランドとスコットランドの国境付近で出没するという。ゴブリンやオーガ等のアンシーリーコート(Unseelie Court。加害性の強い妖精、悪鬼。」(抜粋)とありました。


    映画「ライ麦畑で出会ったら」も、サリンジャーの立場から見れば、面会に来られるのは、まして舞台化は、迷惑至極の話だったわけです。

    見開きのチラシによると、この映画は「内容の85%から99%が、監督の実体験」とか。

    つまり、監督は自分の事をレッドキャップだったと反省し、サリンジャーに謝罪する映画だったのかもしれません。すると、主人公に今ひとつの感があるのも、理解できるというものです。

  • 追記[ ( 映画「世界で一番ゴッホを描いた男」 ) ネタバレ

    2018/11/8 16:59 by さくらんぼ

    私が学生の頃、数人で文化祭のポスターを描くことになりました。しかし、描き終わっても時間が余ったので、先生が、あろうことか「お互いに絵を交換して手を加えなさい」と言ったのです。

    当時は絵を描くことが好きで、少々自信(うぬぼれ)もあったので、今でも覚えているほどショックを受けました。テストの採点ではないのです。「他人のアートに手を加えろ」とは、無神経で、何たる野蛮な行為だと。

    特に、その時私が描いたのは、少し個性的な(ひねくれた)絵だったので、普通の絵に手直ししようと思えばいくらでもできたのです。でも、それでは私の個性が消えてしまう。だから怯えました。

    でも、何分かの後、戻って来た絵には、まったく手は入れられていませんでした。肯定されたみたいで、とても嬉しかった。

    学生時代の私でさえ、そんなプライドがあったのに、サリンジャーなら当然にそう思うでしょう。

    先日、映画「世界で一番ゴッホを描いた男」を観て、複製画家に芽生えた芸術家のプライドを感じましたが、サリンジャーならもっと強かったはず(ちなみに、この映画はお勧めです。対にしたいぐらい)。

    映画で、サリンジャーは、「私の小説は、読者の心を舞台としている」と言っていました。

    それ以外の場所を舞台として、彼のアートを破壊しようとする者たちに対し、どれほど憤りを感じていたのかを、大人になったジェームズ・サドウィズ監督は知ったのでしょう。


    「 1950年1月、短編小説『コネチカットのひょこひょこおじさん』(Uncle Wiggily in Conecticut、ナイン・ストーリーズ収録作品)の映画化作品『愚かなり我が心』をハリウッドのサミュエル・ゴールドウィンが全米公開するが、映画の評判は芳しくなく、サリンジャーもこの映画を見て激怒し、それ以来自分の作品の映画化を許可することはなかった。1950年秋『ライ麦畑でつかまえて』が完成する。」

    ( ウィキペディア J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』より抜粋 )

満足度データ

ライ麦畑で出会ったら
100点
1人(6%) 
90点
2人(13%) 
80点
4人(26%) 
70点
4人(26%) 
60点
4人(26%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
15人
レビュー者数
8
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
76
満足度ランキング
121位
ファン
2人
観たい人
14人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

飯田橋 

他の地域

この映画のファン

  • Yuuko Sigeta
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】