ただいまの掲載件数は タイトル64256件 口コミ 1170850件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > シンプル・フェイバー > 掲示板 > 春のミステリー

春のミステリー ネタバレ

2019/3/14 10:13 by さくらんぼ

シンプル・フェイバー

映画「蜘蛛の巣を払う女」は「冬の歌」でした。

ならば、この映画「シンプル・フェイバー」は「春の歌」なのでしょう。

陽春のお花畑の中に(イメージ)、ドロドロとした犯罪が見え隠れして、そのミスマッチ感に萌えます。

それは、うっかりすると、コメディーと間違えそうなほど。



★★★★

 



  • 追記 ( 常在戦場 ) ネタバレ

    2019/3/14 18:06 by さくらんぼ

    3.11は映画館で地震を受けました。その時に観た映画のタイトルは思いだせません。レビューも書いたような、書かないような。

    そして今年の3.13にも同じ劇場へ行き、この映画「 シンプル・フェイバー」で、また地震に合いました。

    揺れは、はるかに小さく、短時間でしたが、ビルの8階ですから、けっこう揺れました。

  • 追記U ( 映画「街の灯」 ) ネタバレ

    2019/3/15 8:04 by さくらんぼ

    どうやら、これは映画「街の灯」へのオマージュのようです。

    チラシに映った二人の女性、右側のステッキを持った彼女がチャップリンの記号。

    そのチラシの裏面には、映画「街の灯」の冒頭にあった、銅像の下に眠っていたチャップリンを模した写真もあります。

  • 追記V ( 映画「街の灯」 A ) ネタバレ

    2019/3/15 9:22 by さくらんぼ

    >ならば、この映画「シンプル・フェイバー」は「春の歌」なのでしょう。
    >陽春のお花畑の中に(イメージ)、ドロドロとした犯罪が見え隠れして、そのミスマッチ感に萌えます。
    >それは、うっかりすると、コメディーと間違えそうなほど。

    ( 以下は、 映画「街の灯」のネタバレにもふれています。)



    例えば、お花畑からは、花屋さんを連想しますね。

    それから、花売り娘がチャップリンをお金持ちだと勘違いして恋したのは、男がクルマから降りてくるシーンでしたが、この映画でも、チャップリン役のエミリーが車から降りてくるシーンで、花売り娘役のステファニーが一目惚れするのです。

    途中にある、チャップリンが泥酔した富豪の男に惚れられ、家に招かれる話や、入水自殺の話などのパーツは、二人でお酒を飲む話や、姉妹を殺す話などに、再構築されています。

    そして、映画「街の灯」では、娘の目が見えないので、チャップリンは自分が浮浪者であることを隠して(事実上、娘を騙して)いましたが、目が見えるようになった娘は、チャップリンの驚愕の正体を知るのです。

    このあたり、映画「シンプル・フェイバー」では、ステファニーが服のボタンに隠したカメラ(目の記号)で、エミリーの正体を暴く話になっています。

    映画「街の灯」のラストがハッピーエンドなのか否かは、議論があるかもしれませんが、私は、あの映画をシニカルな作品だと思います。たぶんチャップリンは娘から捨てられるのですね。

    映画「「シンプル・フェイバー」でも、ステファニーを騙そうとしたエミリーが、苦労も空しく、逆に正体を暴かれ、自滅していくさまが描かれていました。

    さがせば、他にもあるはずです。

    タイトルは忘れましたが、昔観た他の映画にも、「自滅するから花屋は覗いてはいけない」(花屋さんごめんなさい)というエピソードが、オマージュとして挿入されていましたので、映画「街の灯」のラストが悲劇だという認識は、映画関係者では共通のものかもしれませんね。

  • 追記W ( ブロガー ) ネタバレ

    2019/3/15 9:36 by さくらんぼ

    映画「家族のレシピ」の松田聖子さんは、シンガポール在住の日本人ブロガーという役でした。主人公の真人(斎藤工)は、彼女のネットでの情報能力を、私立探偵か何かみたいに利用(依頼)して、自分のルーツを探したのです。

    そして、この映画「 シンプル・フェイバー」では、まさに、その私立探偵そのものの働きを、ブロガーであるステファニーがやっていました。

    時代の空気感に、ちょっと驚き。

  • 追記X ( 重要な富豪のエピソード ) ネタバレ

    2019/3/16 9:18 by さくらんぼ

    >途中にある、チャップリンが泥酔した富豪の男に惚れられ、家に招かれる話や、入水自殺の話などのパーツは、二人でお酒を飲む話や、姉妹を殺す話などに、再構築されています。(追記Vより)


    この部分をもう少しお話しします。

    『 ところで「街の灯」のラストで、どうやらチャップリンは娘から捨てられるようなのですが、その後チャップリンはどうなるのでしょうか。諦めてまた浮浪者の生活に戻るのでしょうか。そのヒントを見つけました。

    あの大金持ち、自殺騒ぎを起こした大金持ち、あの時は、恋の真っ只中で幸福感に酔った様になっていたチャップリンが励まし、助けるのですが、あの大金持ちの自殺の理由が、妻に逃げられた事によるものだった様なのです。ここに関連付けと、暗示が有ります。

    娘に捨てられて、誰にも励まされなければ、チャップリンのその後も・・・。

    「街の灯」はなんという悲劇なのでしょう。』

    ( 映画「街の灯」の追記「捨てられたチャップリンは…」 2007/10/13 by さくらんぼ より抜粋 )


    つまり、娘に捨てられたチャップリンは、その後、世を儚んで、入水自殺するのです。

    娘は、口の悪い言い方をすれば、ある意味、「チャップリン保険金殺人の加害者」なのです。

    たとえ殺人でなくとも、「チャップリン死亡により高額生命保険の受取人になったも同様」なのです。

    これが映画ではなく、リアルであれば、世間の噂が、そんな風に流れることもありえるわけです。


    ここで映画「シンプルファイバー」の話に戻りますが、ステファニーは事故死した夫の保険金で生活しています。

    エミリーも自分の双子の姉妹を、自分に見せかけて溺死させ、保険金詐欺を企みました。

    映画「街の灯」に隠されていた「チャップリン保険金殺人事件の体」が、ここに引用されていたのかもしれません。

  • 追記Y ( 見なかったことに… ) ネタバレ

    2019/3/16 9:40 by さくらんぼ

    >タイトルは忘れましたが、昔観た他の映画にも、「自滅するから花屋は覗いてはいけない」(花屋さんごめんなさい)というエピソードが、オマージュとして挿入されていましたので、映画「街の灯」のラストが悲劇だという認識は、映画関係者では共通のものかもしれませんね。(追記Vより)


    訂正します。

    正しくは、「外に、もし気になる男が通っても、花屋の中から、その人を覗いてはいけない。もし覗けば、不幸の始まりになる」というものでした。

  • 追記Z ( 人生いろいろ ) ネタバレ

    2019/3/17 10:02 by さくらんぼ

    ( 以下は、映画「ライムライト」のネタバレにもふれています。)


    『 自分と結婚する事が、彼女にとっては行く末幸せではないと冷徹に分析し、彼は身を引くのである。途中、彼の心の中には、色々な思いが有ったと思うけれど、彼ほどの人物ならば、その結論を出す事は難しい事ではない。

    では、ここでチャップリンのもう一つの名作である「街の灯」を思い出してみる。主人公は若い。しかし貧しいのである。かれはその貧しさを気にかけない。一人暮らしならそれで結構だが、それが恋のマイナス材料になっている事に気づかない。たとえ気づいても貧しさから抜け出す事は容易ではないだろう。彼はその状況で事実上の求愛をする。

    この「ライムライト」と「街の灯」は「身の程をしる」と言うポイントにおいて、思えば対照的な作品であったのだろうか。両方とも優れた作品で、それをシンプルに仕上げている。

    でも、若者の中にもこんな人がいるかもしれない。たとえば「街の灯」の主人公を借りて語ると・・・

    彼は自身が貧しいのを自覚し、彼女が誤解している事にも気づき、目が開いたら、彼女にどう説明しようかと最初から苦悩する。いや、人の心をもてあそんではいけないから、今すぐにでも彼女に自分の実像を教えたい。それから改めて求愛したい。しかし実像を教えたら、彼女は去っていくかもしれない。それは耐え難く哀しいが、もし去っていかなかったら、ある意味、それも苦しいことだろう・・・

    もちろんこれでは別の映画になってしまいかねない。

    しかし実人生は意外と複雑なのだと、改めて思うのである。 』

    ( 映画「ライムライト」 2003/8/17 by さくらんぼ 本文の再掲 )

  • 追記[ ( 初めと終わり ) ネタバレ

    2019/3/17 13:59 by さくらんぼ

    >そのチラシの裏面には、映画「街の灯」の冒頭にあった、銅像の下に眠っていたチャップリンを模した写真もあります。(追記Uより)


    その銅像は、除幕式前だったので、大きな幕が被さっていました。チャップリンにしてみれば、布団代わり。

    ところが除幕式が始まり、幕は降ろされました。あわててチャップリンも降りようとします。しかし、服が銅像に引っかかり、なかなか降りられないのです。銅像の前には、いつのまにか役人と来賓が集まっていて、「早く降りろ!」と急かしているのですが。

    このエピソードが、映画「シンプル・フェイバー」では、戯れにステファニーの服をエミリーが着たら、脱げなくなり、そこに刑事が訪ねてくる話になっていたようです。



    >そして、映画「街の灯」では、娘の目が見えないので、チャップリンは自分が浮浪者であることを隠して(事実上、娘を騙して)いましたが、目が見えるようになった娘は、チャップリンの驚愕の正体を知るのです。(追記Vより)


    このエピソードは道路上で行われましたが、娘にとっても、捨てられるチャップリンにとっても、突然クルマにぶつけられたような衝撃だったと思います。

    これが映画「シンプル・フェイバー」では、そのまま交通事故になっていたようです。

    最後にチャップリン役のエミリーが、娘役のステファニーに手を延ばすシーンが痛々しい。

満足度データ

シンプル・フェイバー
100点
2人(6%) 
90点
4人(12%) 
80点
7人(22%) 
70点
5人(16%) 
60点
9人(29%) 
50点
2人(6%) 
40点
1人(3%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(3%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
31人
レビュー者数
19
満足度平均
70
レビュー者満足度平均
72
満足度ランキング
129位
ファン
1人
観たい人
20人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  日比谷 

他の地域

この映画のファン

  • ヒロピー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】