ただいまの掲載件数は タイトル64754件 口コミ 1176187件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 初恋〜お父さん、チビがいなくなりました > 掲示板 > ネコに逃げられるようではいけない!?

ネコに逃げられるようではいけない!? ネタバレ

2019/5/15 18:13 by さくらんぼ

初恋〜お父さん、チビがいなくなりました

どちらかと言えばシニア向けの、しみじみとした良い作品でした。

若い人が観たら、もしかしたら「何が面白いん!?」と思うかもしれませんが、その、観客に媚びていないところにも好感が持てます。

行間に深みと味わいがあります。

名優、倍賞千恵子さんと藤竜也さんの演技対決も見どころです。

AIには登場人物たちの気持ちが解読できるでしょうか。



★★★★☆

 



  • 追記 ( 「生前退位」 ) ネタバレ

    2019/5/16 9:26 by さくらんぼ

    中高年になって会話もなくなり、離婚の危機に在る夫婦。それを知っても頑固オヤジにはものが言えない三人の子どもたち。

    そこに忍び寄る、夫の認知症と、夫婦双方の浮気疑惑。

    そして、ネコもいなくなってしまった。


    「死別」ではなく「生き別れ」の哀しみ。

    もし失礼でしたらお許しください。この延長線上には、もしかしたら先の「生前退位」で、(賛同しつつも)国民が密かに感じていた「別れの哀しみ」が、描かれていたのかもしれません。映画が時代の空気を表すものであるならば。

  • 追記U ( 映画「まあだだよ」 ) ネタバレ

    2019/5/16 9:35 by さくらんぼ

    ネコがいなくなると言えば、映画「まあだだよ」を思いだします。

    「 これは、もしかしたら黒澤明監督の、昭和天皇への敬愛の気持ちを、ひそかに描いた作品だったのかもしれません。映画界の天皇から、昭和天皇への手紙です。」

    ( 映画「まあだだよ」 2017/6/26 by さくらんぼ レビュー本文 より抜粋 )

  • 追記V ( 「菊花紋章」 ) ネタバレ

    2019/5/16 9:41 by さくらんぼ

    偶然だと言われればそれまでですが、主人公宅の、玄関ドアの飾りガラスに、「菊花紋章」のような模様がたくさん入っていました。

  • 追記W ( ネコは何でも知っている ) ネタバレ

    2019/5/16 9:51 by さくらんぼ

    >ネコに逃げられるようではいけない!?(タイトルより)

    >中高年になって会話もなくなり、離婚の危機に在る夫婦。それを知っても頑固オヤジにはものが言えない三人の子どもたち。(追記より)


    そんな中、人と会話できないはずのネコだけが、絶妙のタイミングで逃げだしたり、現れたりするのです。人の心を読めるがごとく。やはりネコは、人が発するオーラの色を見ているのでしょうか。

  • 追記X ( 残り少ない人生ですから ) ネタバレ

    2019/5/16 15:18 by さくらんぼ

    娘・菜穂子の縁談が潰れた理由は、「菜穂子が出世しすぎて、彼より高給取りになってしまい、メンツが保てなくなった男が逃げた」という説明を、菜穂子の母がしていました。

    同様に、菜穂子の父・勝が認知症になりかけた時、それを妻・有喜子にすぐ言えなかったのは、「昭和の頑固オヤジとしてのメンツが邪魔をした」からなのでしょう。これは、離婚の意志がなかったという事でもあります。

    逆に、勝は(浮気相手だと疑われていた)志津子には、素直に打ち明けました。もし志津子と再婚したいと思っていたなら隠す話なので、浮気相手というよりも、文字通りの、気軽な茶飲み友達だったのだと思います。もちろん、かつて志津子は本気で勝に恋していましたが、それは、もう何十年も昔の思い出。

    あれぐらいの年齢になったら、夫婦とも、異性の茶飲み友達の一人や二人、あっても良いのではないでしょうか。どこからが浮気の一線越えだという、微妙な問題はありますが、酸いも甘いも噛み分けた大人同士、阿吽の呼吸で上手くやって欲しいものです。

  • 追記Y ( 真剣勝負 ) ネタバレ

    2019/5/18 9:42 by さくらんぼ

    二人の女性は、50年ほど前に、ミルクスタンドで働いていました。そこで、客だったお父さんと知り合ったのです。

    何度も店の様子が描かれていますが、「パンと牛乳」と言って、カウンターにポンと小銭を置くサラリーマン。間髪を入れずに物をさしだす女性たちがいました。

    頻繁に丸いものが行き来するそれは、さながら、テニスか卓球のラリーのよう。そして、若い頃の妻・有喜子は、どこか美智子さまのお顔に似てなくもありません。

    さらに、映画の冒頭、妻・有喜子が観ていた韓流ドラマでは、サッカーか何かのボールが、歩いていた主人公の頭に当たり、そのショックで記憶を取り戻して、ヒロインと再会するエピソードもありました。

    失礼ながら「テニスコートの恋」を思いだしてしまいました。

  • 追記Z ( 真剣勝負A ) ネタバレ

    2019/5/18 16:08 by さくらんぼ

    >頻繁に丸いものが行き来するそれは、さながら、テニスか卓球のラリーのよう。そして、若い頃の妻・有喜子は、どこか美智子さまのお顔に似てなくもありません。(追記Yより)


    そして、熱心な客だった若い頃の勝の顔も、どこか上皇陛下に似てなくもありません。

  • 追記[ ( 「さよならだけが人生だ」 ) ネタバレ

    2019/5/18 16:17 by さくらんぼ

    >さらに、映画の冒頭、妻・有喜子が観ていた韓流ドラマでは、サッカーか何かのボールが、歩いていた主人公の頭に当たり、そのショックで記憶を取り戻して、ヒロインと再会するエピソードもありました。(追記Yより)


    その時、有喜子はつぶやくのです。「でも結局、別れちゃうのよね…」と。

    この冒頭の韓流ドラマのエピソードは、映画全体のストーリーとも符合しています。

    浮気疑惑の夫・勝と仲直りしましたが、認知症で、また別れることになるのです。

    映画のラスト、仲直りしたばかりの有喜子と勝は、仲良く公園を散歩します。すると、茂みで子猫を見つけます。喜んで近づく有喜子。「もう飼えないよ、俺たちの方が先に逝ってしまう」と勝。うなずく有喜子。

    しかし、子猫は二人に甘え、近寄ってくるのでした。ある意味、子猫の「初恋」。

    結局、二人は子猫を飼うでしょう。

    そして勝が認知症になり、一人になった有喜子を子猫が慰めるはずですが、そんな子猫もやがて一人ぼっちになるのです。

  • 追記\ ( 50年目の告白 ) ネタバレ

    2019/5/18 16:41 by さくらんぼ

    >二人の女性は、50年ほど前に、ミルクスタンドで働いていました。そこで、客だったお父さんと知り合ったのです。(追記Yより)


    二人の女性とは、後輩の有喜子と、先輩の志津子です。

    志津子は、勝が自分目当てで通ってくると誤解していました。有喜子もそれを信じて、勝が好きだったのに、あきらめてお見合いをしたのです。そうしたら、見合い相手が勝でびっくり。

    しかもその席で勝は、「僕は最初の見合い相手と結婚すると決めていた」と、機械的に言い放ったのです。「ミルクスタンドでは、有喜子さんに惚れていた」とは、結婚して50年経つまで言わなかった。男の照れもあったのかもしれませんが。

    でも、その照れが、有喜子の気持ちを50年間不安定にしてきたのです。「自分は最初から愛されてはいないのでは」と。だから、夫の浮気疑惑に激怒したのでしょう。

満足度データ

初恋〜お父さん、チビがいなくなりました
100点
0人(0%) 
90点
1人(11%) 
80点
1人(11%) 
70点
6人(66%) 
60点
0人(0%) 
50点
1人(11%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
9人
レビュー者数
5
満足度平均
71
レビュー者満足度平均
72
満足度ランキング
166位
ファン
1人
観たい人
6人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

大泉  品川  亀有  昭島  武蔵村山  日の出町  銀座  錦糸町  新宿三丁目  渋谷  池袋  二子玉川  調布 

他の地域

この映画のファン

  • gyoku_on_record

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ