ただいまの掲載件数は タイトル61033件 口コミ 1165162件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ボヘミアン・ラプソディ > 掲示板 > 我が父の教えたまいし歌

ラスト 我が父の教えたまいし歌 ネタバレ

2018/11/12 17:53 by さくらんぼ

ボヘミアン・ラプソディ

「人は人に奉仕すること(善き事)で幸せになれる」のでしょう。自分一人だけでは幸せになれないのかもしれません。

たとえ社長になっても、総理大臣になっても、クイーンになっても。

フレディも成功して豪邸を構えましたが、ペットの猫がいるだけのガランとした大豪邸は、彼の孤独をいっそう冷やしました。とにかく人を呼んでばか騒ぎをしたくなる気持ちが、ウサギ小屋に住んでいる私にも分かるような気がして、痛い。

無名の頃は、「善き考えを、善き事を…」と説教する父に、「それで成功したのか?」と反論して家を飛びだしてしまったフレディ。

しかし映画のラスト。家族を含め、沢山の人から祝福されて「ライヴ・エイド」に出演する彼は、父の教えを、しみじみと、かみしめていました。



★★★★

 



  • 追記 ( トランプさんへの手紙 ) ネタバレ

    2018/11/12 21:43 by さくらんぼ

    >「人は人に奉仕すること(善き事)で幸せになれる」のでしょう。自分一人だけでは幸せになれないのかもしれません。


    映画「華氏119」がストレートにトランプさんに宛てた手紙なら、映画「ボヘミアン・ラプソディ」は変化球なのかもしれません。

    アメリカも自分一人だけでは幸せになれないのです。

    映画のチラシ、フレディがシルエットで歌っている向こうには、スタジアムらしきものが見えますが、(トランプの)壁のようにも見えます。

    マイクを持って、のけぞるフレディは、壁の前で嘆き悲しむ移民・難民のよう(さらに深層的には、股間のマイクは元気な男性のシンボルであり、無意識のセクシーさで、客寄せをしていますが)。

  • 追記U ( 両親たちの苦労 ) ネタバレ

    2018/11/12 21:58 by さくらんぼ

    劇中、フレディが父に「なぜ移民したの?」と聞くと、「迫害されたんだ」みたいな話がありました。両親も苦労したようです。


    「 フレディは、当時イギリス領だった、東アフリカ・タンザニアにあるザンジバル島のストーン・タウンで生まれた。

    両親のBomi(1908〜2003)とJerBulsara(1922〜2016)は、ペルシャ系インド人であるパールシー。彼の名字のバルサラは、インド・南グジャラートの町であるバルサードに由来する。植民地のオフィスで会計係として働く彼の父親が仕事を続けるため、ザンジバルに移った。彼の妹にKashmiraがいる[2]。 フレディは、インドで幼少期の大半を過ごした。・・・

    1963年にザンジバルに戻り家族と一緒に暮らし始めたが、その翌年ザンジバル革命が起こり、アラブ人とインド人の多数の死傷者が出た。当時17才のフレディとその家族は、安全上の理由でザンジバルから逃れた[8][9]。家族は、イングランドのミドルセックス州フェルサムにある小さな家へ移り住んだ。フレディはウェスト・ロンドンにあるアイルワース工業学校(現在のウェスト・テムズ・カレッジ)に入り、芸術を学んだ。」

    ( ウィキペディア 「フレディ・マーキュリー」 生い立ち より抜粋 )

  • 追記W ( 造花と生花 ) ネタバレ

    2018/11/13 10:16 by さくらんぼ

    エンドロールに、本物のクイーンの、演奏風景が流れます。

    やはり本物はすごい。

    映画を観ている時は、映画の中の彼らは凄いと思っていましたが、本物と比べると、熱気というか、ほとばしり出るものに、造花と生花ほどの違いがありました。

  • 追記X ( ハワイでも北帰行 ) ネタバレ

    2018/11/13 13:53 by さくらんぼ

    >フレディも成功して豪邸を構えましたが、ペットの猫がいるだけのガランとした大豪邸は、彼の孤独をいっそう冷やしました。とにかく人を呼んでばか騒ぎをしたくなる気持ちが、ウサギ小屋に住んでいる私にも分かるような気がして、痛い。(本文より)


    私が初めて海外旅行をしたとき、当時の正式名称は何と言ったか忘れてしまいましたが、その飛行場は国際線待合室が、区役所の一階ロビーぐらいの広さでした。NHKの流れる大型TVと、駅のキオスク程度の売店がありました。

    狭いから人口密度が高く、一人旅でも、団体旅行のような雰囲気でした。夜7時頃、すぐ隣、話しかけられるほど近くでは、ハワイに出発する見知らぬおじさんたちが、缶ビールで酒盛りをしていました。その賑やかさが嬉しかった。あれは、まるで小さな花見の宴。

    何年かの後、それがリニューアルされ、近代空港らしくなりましたが、待合室が広大になったため、行先ごとに、待合コーナーが分散されてしまったようです。空間ばかりで、人がどこにいるのか分からなくなりました。

    ロビーから、旅の喜びと熱気が消え、人々の間には、北帰行の旅人みたいな雰囲気が漂うようになりました。


    ところで、「フレディのガランとした大邸宅」は、ラストの超満員「ライヴ・エイド」と対になっているのだと思います。もちろん建物の物理的規模が同じだと言っているわけではありません。フレディはたくさんの人を招いて仲良くしたかったのです。

    そして偶然でしょうが、映画に描かれている通り、彼はLGBTのBだった可能性もあり、それにも繋がっていきます。

  • 追記Y ( 建物と管 ) ネタバレ

    2018/11/13 14:08 by さくらんぼ

    シュノーケルをする人なら知っていますが、流体力学の問題なのでしょうか、細い管だと息が苦しいのは容易に想像できますが、太すぎても良くないようです。

    自分の肺活量にあった太さが一番良いのだとか。簡単にいうと、普通、男性よりも女性は細い管を使います。

    これ、人の数と、建物の規模のマッチングから、思いだしましたので。

  • 追記Z ( たとえば写真で ) ネタバレ

    2018/11/13 14:15 by さくらんぼ

    >映画を観ている時は、映画の中の彼らは凄いと思っていましたが、本物と比べると、熱気というか、ほとばしり出るものに、造花と生花ほどの違いがありました。(追記Wより)


    この事が、最後になって、少し映画の感動に水を注した感がありました。監督は最初から当然気づいていたはずですが、結果的に何もしなかったのが不思議です。私なら、演技指導で解決しなければ、動画ではなく、たとえば写真を何枚も張り付けたかもしれません。

満足度データ

ボヘミアン・ラプソディ
100点
71人(29%) 
90点
78人(32%) 
80点
64人(26%) 
70点
18人(7%) 
60点
6人(2%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
238人
レビュー者数
101
満足度平均
88
レビュー者満足度平均
90
満足度ランキング
1位
ファン
37人
観たい人
116人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  池袋  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  新宿三丁目  錦糸町  立川  日本橋  新宿  二子玉川  お台場  調布  上野  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • hikarururu
  • morgan
  • きゃらぷり
  • でぐち
  • mikikar
  • sophia703
  • クリス・トフォルー
  • じぇろにも三世
  • リリーローズ908
  • 佳辰
  • すのもの
  • よっchan
  • とけしたけし
  • のんべののん太
  • ありりん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”