ただいまの掲載件数は タイトル60385件 口コミ 1160368件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 太陽の塔 > 掲示板 > 各国の威信をかけた、本物だけが集結

各国の威信をかけた、本物だけが集結 ネタバレ

2018/11/6 17:34 by さくらんぼ

太陽の塔

2025年に立候補の大阪万博。愛知万博ファンは夢見ています。

(言葉の通じる)自国開催の万博は、ネットとも、海外旅行とも違う、極上の感動を与えてくれることがあります。

万博は、世界中の国と地域から、その国の威信をかけた、本物だけが集結してくるのです。たとえ海外旅行へ行っても、それら最高のものを、容易に体験できるとは限りません。

たとえばフラダンスひとつとっても、ハワイへ行っても観られないような、最高の人たちが来てくれるのです。

愛知万博ファンは、その事を、2005年に身をもって知りました。

 



  • 追記 ( 街中にて ) ネタバレ

    2018/11/7 8:23 by さくらんぼ

    もしかしたら、こんな出会いも、あるかもしれません。


    「 その『愛知万博』の7月25日、長久手会場・EXPOドーム において、スペインイベント『パコ・デ・ルシア ギターコンサート』がありました。

    これは、ちょうどその前後、名古屋市内でのお話しです。

    私は近くの若宮大通(いわゆる100メートル道路)を横断中、『道路の中州にある公園』で凄いものを見つけてしまったのです。

    中年の欧米人が座り、クラシックギターでフラメンコのような音楽をガンガンかき鳴らしていました。脇では助手らしき中年男性が一人、CDを数枚箱に並べて売っていました。

    PAなし、超絶技巧です。私もフォークギターをかじったことがありますので、すぐにあのテクニックは神業だとわかりました。

    私はそんなことを感じつつも、やはり帰りの地下鉄に乗るため、後ろ髪をひかれながら、そこを後にしました。

    そしてプラットホームに掲示されていたポスターを見て『あっ』と声を上げそうになったのです。それは『パコ・デ・ルシア ギターコンサート』のもの。そして、そのポスター写真は路上ライブの彼にそっくりだったのです。」

    ( 映画「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」の私のレビュー・追記より抜粋・編集 )

    詳細はレビュー本文をご覧ください。

  • 追記U ( ゴジラの背びれみたいな ) ネタバレ

    2018/11/7 9:16 by さくらんぼ

    まだ、この映画は観ていませんが、「太陽の塔」には入ったことがあります。

    大阪万博当時、知り合いのクルマに乗せてもらい、日帰りで行ったのです。

    子どもだった私は、初めてのロングドライブで、しかも初高速道路に大感激。窓を少し開け、手のひらを出して、時速100キロの風を受け止めていました。風切り音が凄かったので、さぞかしドライバーさんは迷惑したことでしょう(ごめんなさい)。

    万博会場は、予想通り美しく、そして賑わっていました。「月の石」など、大行列がある所には入れませんでしたが、「太陽の塔」には入ってきました。たぶん空いていたのでしょう。

    その内部には、確かエスカレーターがあり、それで登りながら、生物の進化に関する作品を観るのです。何と呼ぶのか、特殊なライトで照らされており、その光の下では、(自分の服など)白いものがゴジラの背びれみたいな青白い光を発したのが驚きでした。

    その「太陽の塔」が、今となっては一番の遺産になっているのですね。

  • 追記V ( グッドラック ) ネタバレ

    2018/11/8 18:02 by さくらんぼ

    もしも、「万博会場に散歩がてら行けるような場所」に住んでいる人がいたら、(期間中、周辺が混雑して、ご迷惑をおかけするかもしれませんが)宝くじにでも当たったぐらいラッキーなこと、一生に二度とないチャンスだと思ってもよいです。

    特に、リタイアしたシニア層や、それに準ずる自由な人たちは、その気になれば、夏も涼しい朝一で出かけられ、午後には自宅に戻って昼寝して、日が暮れたら、また夜間の部に参戦することが出来ます。パスポート券を買って、毎日のように。

    万博期間の6か月間、毎日のように出かけ、世界中の最高のパフォーマンスを体験することが出来たのなら、もちろん入場料の元は十分に取れますし、それどころか、得られる価値から言えば、入場料なんてタダみたいなものだと、感じる人も少なくないはずです。

    その他の人との、公平感から言えば、回数券制度にするべきでしょうが、当局は入場者数を増やすことに重きを置きますから、きっと次回もパスポート券が発売されるのだと思います。

  • 追記W ( 岡本太郎作の梵鐘 ) ネタバレ

    2018/11/8 18:17 by さくらんぼ

    私も観てきましたが、こじんまりとした、きれいなお寺です。

    お寺と岡本太郎さんのカップルは、初めて食べたイチゴ大福みたいに、新鮮でした。


    「 久国寺(きゅうこくじ)は、愛知県名古屋市北区にある曹洞宗の寺院。山号は天長山。岡本太郎作の梵鐘があること知られる。」 (ウィキペディア「久国寺」より抜粋)

  • 追記X ( 小津映画的風景 ) ネタバレ

    2018/11/9 10:09 by さくらんぼ

    あの休日、愛知万博へ出かけた私は、会場周辺のあまりの混雑に驚きました。後で分かったことですが、あの日は記録的な入場者数がニュースになったほどの日だったのです。

    まず電車内の大混雑。つぎは電車からシャトルバスへ乗り換えの大行列。

    消耗しながらやっとの思いで会場前までたどり着いたのに、またそこに、うねりながらゲートまで延々と続く大行列。

    さすがの私も「今日はやめた方が楽だ。。。」そう思ってUターンしました。一人旅はお気楽です。

    帰りの、ガラリと空いた電車の安堵感。

    ふと気がつくと、斜向かいには60代と思われる品の良いご夫婦らしき人が、静かに話をされていました。

    聴くともなく聴いていると、どうも大阪からの旅行客の方で、子どもさんからプレゼントされた愛知万博旅行に来たけれど、あまりの大渋滞に、あきらめて、私みたいに入場せずUターンしてきたようです。

    最後にご主人が言いました。

    「子どもたちには、入れなかった事は言わないでおこう…」。

    私は、先ほどまでの安堵感は消え、なぜか心の中で頭を下げていました。


    ( 映画「となりのトトロ」の私のレビュー追記より転記 )

  • 追記Y ( 万博の遺産 ) ネタバレ

    2018/11/9 10:36 by さくらんぼ

    大阪万博の有形遺産は「太陽の塔」ですが、愛知万博のそれは何でしょう。

    現地は、時々イベントが行われる「愛・地球博記念公園」(万博記念公園)になっていて、「サツキとメイの家」と、「グローバル・ループ」(空中回廊)の一部が残っています。

    それからアクセスの「リニモ」(リニアモーターカー)も営業運転しています。何年か前に東京からのお客さんが、わざわざ試乗していかれました。

    そして、「住みよさランキング2018」で第二位に輝いているのが「愛知県の長久手市」です。ここは愛知万博会場のあったところ。

    これは私の想像ですが、長久手市は、愛知万博に来られたお客さんたちによって、再発見されたのかもしれませんね。名古屋市からのアクセスも良い上、自然の豊かなところです。

  • 追記Z ( 「万博ロス」の処方箋 ) ネタバレ

    2018/11/9 17:20 by さくらんぼ

    遠くの方には信じられないかもしれませんが、愛知万博が終わった時、愛知県やその近隣の方の中には、ペットロスならぬ、「万博ロス」になった人も少なくなかったのです。

    私は3回ぐらい行っただけで、地元では(たぶん)平均的な住民でしたが、それでも「祭りの後の寂しさ」は十分感じられました。今までは休日になると、今日は万博へ行こうか、などと毎回考えていましたが、その選択肢が消滅したのですから。

    これを機会に、海外で開催される万博にもせっせと通い、地元のニュースに載った人もいたようです。又、私のように、常設万博とも言える「リトルワールド」へ行った人もいたことでしょう。

    そして私が最終的に思ったのは、ある意味「映画館も常設万博だった」という事です。

  • 追記[ ( 「ジブリパーク」になる愛知万博会場 ) ネタバレ

    2018/11/10 6:44 by さくらんぼ

    そのライバルは「ディズニーランド」。


    「 愛知県、ジブリパーク基本設計を日本設計に委託

    愛知県は愛・地球博記念公園(長久手市)に整備予定の『ジブリパーク』について、基本設計業務をスタジオジブリ(東京都小金井市)と日本設計(東京・新宿)に委託する。スタジオジブリがデザインを監修し、日本設計が図面作製などの基本設計を担う。…

    愛知県は2017年にジブリパーク構想を表明。18年4月には22年度中の開業を目指すと発表している。計画では、愛・地球博記念公園に5つのエリアを整備する。18年度中に基本構想・設計を固め、19年度に詳細設計に入る。着工は20年度をめどにしている。 」

    ( 日経新聞2018/11/9 19:30 より抜粋 )

  • 追記\ ( 「太陽の塔」と「サツキとメイの家」 ) ネタバレ

    2018/11/10 22:21 by さくらんぼ

    1970大阪万博では、最初からあの大屋根を突き抜けるほど大きく、異彩を放っていた、岡本太郎さんの「太陽の塔」が、そのまま犯しがたい遺産になりました。

    外見が、テーマである「人類の進歩と調和」かどうかはともかく、そのパワーと異彩は、「高度経済成長のシンボル」を感じさせました。

    2005愛知万博は、最初は森に隠れるほど小さく、目立たなかった、ジブリの「サツキとメイの家」が、一粒の種となり、「ジブリパーク」へと育つのです。

    つまり「ジブリパーク」も(遅れてきた)愛知万博の遺産と呼んでも良いでしょう。自然に一歩譲る小さな家が、大自然の前の人間の在り方にも相応しく、テーマである「自然の叡智」になじみますし、これは今の世にもふさわしい展開だと思います。

満足度データ

太陽の塔
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
1人(33%) 
70点
2人(66%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
3人
レビュー者数
2
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
75
満足度ランキング
256位
ファン
0人
観たい人
6人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

阿佐ヶ谷 

他の地域

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”