ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162397件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 四月の永い夢 > 掲示板 > イングリッド・バーグマン

イングリッド・バーグマン ネタバレ

2018/6/6 21:58 by さくらんぼ

四月の永い夢

映画「カサブランカ」。

あれはリック(ハンフリー・ボガート)の物語でしたが、再会するまでの、恋人イルザ(イングリッド・バーグマン)の、心の軌跡はどうだったのか。

それを想像し、モチーフにして作ったのが、この映画「四月の永い夢」だったのかもしれません。

劇中にも映画「カサブランカ」が出てきて、スクリーンいっぱいに、愁いを帯びたイングリッド・バーグマンのアップが映り、一瞬、なんの映画を観ているのか分からなくなりました。

そう言えば、朝倉あきさんは、どこかバーグマンにも似ていますね。きっと、そんな理由もあって、ヒロインの座をつかんだのでしょう。ピタッとはまり役です。

これは、希なほど純文学している、佳作。



★★★★☆

 



  • 追記 ( ハンフリー・ボガート ) ネタバレ

    2018/6/7 8:45 by さくらんぼ

    濃いキャラを持っている桐谷健太さん。好きな俳優さんですが、失礼ながら、ラブコメなどで、デフォルメ気味の演技をすると、濃すぎる感がありました。もし高倉健さんが喜劇をしても、きっと同様でしょう。

    だから今回、この純文学で、朴訥で真面目な好青年を演じたのは、正解だと思ったのです。

    この、「濃い役者が、押さえた演技をする」のは、まさに、映画「カサブランカ」のリック(ハンフリー・ボガート)や高倉健さんと同じですね。

    つまり彼は、リック役だったのです。

    と、一人で納得していましたら…

    実は彼、桐谷健太さんではなかったのですね。彼は三浦貴大さんだったのです(〈父〉三浦友和さん・〈母〉三浦百恵さん)。

    ネット上でも、「似てる」との声がありますが、大変失礼しました。

  • 追記U ( 「君の瞳に乾杯」 ) ネタバレ

    2018/6/7 9:02 by さくらんぼ

    映画「カサブランカ」と言えば、名セリフ「君の瞳に乾杯」ですね。

    それが、映画「四月の永い夢」の、どこにあるのかと思いを巡らしましたら、それらしきものを見つけました。

    映画の終わり、亡き、元彼の実家からの帰り道、乗る予定の電車が30分も遅れたので、駅前食堂で軽食をとるヒロイン。

    ガランとしたオフタイムの食堂で、なぜか真空管式の、古いラジオが鳴っています。

    注文を終え、深い湖の底に沈んでいるような気持ちで、聴くともなく聴いていると…

    そのラストカットが、(彼と観客から贈る)「君の瞳に乾杯」になっているのです。

  • 追記V ( ガメラ ) ネタバレ

    2018/6/7 9:10 by さくらんぼ

    いろいろと書きましたが、このような「女性の繊細な気持ちのひだを描いた作品」は、私の最も苦手とするひとつで、実際の所、今回も、ヒロインの内面は、ほぼ分かりません。

    きっと、ガメラの方が感情移入しやすいと思います。

  • 追記W ( わかれてもすきなひと ) ネタバレ

    2018/6/7 9:45 by さくらんぼ

    そう言えば…

    私も若い頃、「すでに終わってしまった恋」なのに、周囲の、現在進行形だと思っている人たちから、事あるごとに冷かされた思い出があります。

    嫌いになったから別れたわけではないので、そのたびに痛痒い感情が…そして、だんだん、それも、つらくなって…みたいなことが。

  • 追記X ( 心の傷を視覚化する ) ネタバレ

    2018/6/7 16:54 by さくらんぼ

    ヒロインの所へ、恋人からのDVに怯えた女が逃げてきました。「顔と脚には、ぶたれた青あざ」が。後に出てくる男は、気の弱そうな青年で、ときどき発作的に暴力をふるうみたいです。

    彼女は、ヒロインの「心の傷を視覚化するため」に配置されたのでしょう。

    ヒロインは元彼を愛していました。しかし、一つ嫌いなところがあって、悩んだあげく、別れたのです。そして、その直後に彼は死んだ。

    その間の悪さもあるし、彼がこの世からいなくなってみれば、別れたことを後悔する気持ちもわいてきたし…そこで、ヒロインの時計は止まってしまったようです。

  • 追記Y ( 視覚と聴覚 ) ネタバレ

    2018/6/7 17:12 by さくらんぼ

    ヒロインの新たな恋人になる男性(三浦貴大さん)は、染め物職人で、「きれいな手ぬぐい」を描いています。みんなで花火を見にいくエピソードもありました。

    一方、ヒロインはTVを持たず、ラジオと音楽だけの生活。

    もう一度観なければ良く分かりませんが、どうも、ここらあたりにも、意味があるようで、この映画の場合、男性は視覚的世界にいるけれど、女性は聴覚的世界にいるようです。

    もしかしたら、それが元彼との溝だったのかもしれません。

    でも、映画のラストでは、男性(三浦貴大さん)の投書が、ラジオから聴こえてくるのです。

  • 追記Z ( 「As Time Goes By」 ) ネタバレ

    2018/6/8 8:53 by さくらんぼ

    >嫌いになったから別れたわけではないので、そのたびに痛痒い感情が…そして、だんだん、それも、つらくなって…みたいなことが。(追記Wより)


    類似の話は、「死の前に別れていた」ことを知らない元彼の両親が、今でも「まるで新妻みたいに接待する」エピソードとして、映画「四月の永い夢」にも出てきました。

    これは、映画「カサブランカ」の名曲、「As Time Goes By」を、リックが演奏禁止にしたエピソードが、元になっていると思います。

    その他、列車とか、切符とか…もう一度映画「カサブランカ」を観て、細部を比較すると、いろいろ面白いと思います。

  • 追記[ ( 歩幅 ) ネタバレ

    2018/6/8 8:57 by さくらんぼ

    昔、ある売れっ子の女性歌手が、着物姿のビデオクリップを公開しました。

    私の好きな歌手の一人でしたが、それを見て残念に思ったことを覚えています。

    ジーパンで街を闊歩する時と同じような歩幅で、歩いていたからです。

    私は行儀作法の専門家ではありませんが、TVの時代劇や、舞妓さんたちの姿を見て、「歩幅はふだんの半分」ぐらいが美しく見えると感じています。

    今回、映画「四月の永い夢」でも、浴衣姿のヒロインが、スマホのイヤホンで軽音楽を聴きながら、さっそうと夜道を闊歩するシーンがありました。

    あれは映画「雨に唄えば」を思いだすような、ヒロインの喜びを表現したシーンなのでしょうが、つい、私のトラウマを思いだしてしまったのです。

  • 追記\ ( 青春時代 ) ネタバレ

    2018/6/8 9:15 by さくらんぼ

    4月とは、人事異動もあり、出会いと別れの季節です。

    ほどんどの人は、そこから再スタートを切れるのですが、一部の人は、つまづいて、なかなか転職先が見つからなかったり、引きこもりになってしまったりします。

    そのような人にとっては、4月で時間が止まっているのかもしれませんね。

    私も就職したての4月には、落ち込んで、食欲もなくなり、体力が落ち、何にもない処でつまづいたこともあるほどです(たぶん、床材の摩擦係数の違いで)。

    でも、今から思えば、すべてが懐かしい。

  • 追記] ( 送り火 ) ネタバレ

    2018/6/9 9:28 by さくらんぼ

    映画のラストに、元彼からの手紙を、台所で燃やすシーンがありました。

    あれは、ある意味「お盆の送り火」だったのでしょう。

    元彼とは本当に別れ、ヒロインが再起するための。

満足度データ

四月の永い夢
100点
0人(0%) 
90点
6人(26%) 
80点
6人(26%) 
70点
7人(30%) 
60点
2人(8%) 
50点
1人(4%) 
40点
1人(4%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
23人
レビュー者数
19
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
77
ファン
1人
観たい人
12人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • 映画監督かい

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

四月の永い夢 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”