ただいまの掲載件数は タイトル61033件 口コミ 1165298件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発― > 掲示板 > 平成最後の師走に

平成最後の師走に ネタバレ

2018/12/5 21:50 by さくらんぼ

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

他にも素晴らしい映画はあるかもしれませんが、もし、この作品で平成最後の師走を終えてしまったとしても、私に後悔はありません。

珍しく眠気もなく、我を忘れて映画に引き込まれたこの作品。エンドロールが終わると、見知らぬ奥さまグループの御一行から、「よかったね〜」と、ため息と称賛の混じった声が聞こえてきました。そんな感嘆符が聞こえることはめったにありません。私の気持ちを代弁してくれたような気分になりました。

観客にあまりこびない、純文学の文体を持った作品です。自然体の演技も素晴らしい。

あえて難を言うと、時間が前後する所で、過去がモノクロにならないため、少し混乱するところがありますが、それぐらいでしょうか。

これは万人にオススメできる掘り出し物です。



★★★★☆

 



  • 追記 ( 「沈着冷静」はカッコ良い ) ネタバレ

    2018/12/6 10:38 by さくらんぼ

    「 1980年、既に人類は地球防衛組織シャドーを結成していた。シャドーの本部は、イギリスのとある映画会社の地下深く秘密裏に作られ、沈着冷静なストレイカー最高司令官のもと、日夜、謎の円盤UFOに敢然と挑戦していた。」

    ( TVドラマ「謎の円盤UFO」 矢島正明のオープニング・ナレーションより抜粋 )


    上記は「1970年大阪万博」の頃にあった、人気SF・TVドラマのナレーションです。ドラマでは、一般の人には宇宙人の存在は秘密にされていたため、ストレイカーは家族にも言えないのです。

    だから、24時間体制で、いつも妻をほったらかして仕事に飛びだしていく彼は、「私と仕事とどっちが大切なの?」とばかりに妻を怒らせたり、悲しませたりしていました。

    ストレイカーでなくとも、リーダーなら沈着冷静が必要です。キレてはいけません。

    もちろんリーダーでなくとも、キレてはいけません。沈着冷静であればもっと良いのです。


    そして、この映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発― 」の主題も、そこにあるのかもしれません。運転手も、一家の主も、子の親も、学校の先生も、(そして乗客も、家族も、子も)キレてはいけません。

  • 追記U ( 映画「クレイマー、クレイマー」 ) ネタバレ

    2018/12/6 11:32 by さくらんぼ

    >あえて難を言うと、時間が前後する所で、過去がモノクロにならないため、少し混乱するところがありますが、それぐらいでしょうか。(本文より)


    忘れていましたが、もう一つありました。

    子どもが生まれると同時に、母は病死したようです。突然、父子家庭になったわけですが、父は子を溺愛していました。でも祖父母が、「自分たちが育てる。お前にはお任しておけない!」と、力づくで子を、それも葬儀場で略奪しようとするのです。必死で取り返す父。

    そもそも、子の親権は父にあるはずですから、父を無視して子を取り上げようとするのは親族でも許されることではないはずですし、葬儀場で略奪するというのも異常です。そこまでに至った背景がよく描かれていないので、これも「?」ですね。


    しかし、もしかしたら、こんな理由で、このエピソードが作られたのかもしれません。

    「キレる」と言えば、「あおり運転」や「モンスタークレーマー」を連想しますね。映画「クレイマー、クレイマー」のエピソードには、離婚した夫婦が子どもの奪い合いをするところがあります。

    ちなみに映画「クレイマー、クレイマー」の「クレイマー」とは、名前の「クレイマー」と、社会にトラブルを起こす「クレイマー」とに、韻を踏んでいるのかもしれません(詳細は私のレビューをご覧ください)。

    もし、映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発― 」が、映画「クレイマー、クレイマー」へのオマージュだとしたら(まだ断定したわけではありません)、その代表的記号として、唐突でも「この奪い合い」を入れたかったのかもしれません。

    そして、映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発― 」では、後妻としてヒロイン・晶(有村架純)が来たのですが、今度は夫が急に病死してしまうのです。

    家賃が払えず、アパートも追いだされてしまった晶と子。しかし、晶は子どもを育てるために、偶然募集のあった電車の運転手を目指すのです。このあたりも、失業のために子どもを取り上げられようとしていた、映画「クレイマー、クレイマー」の父を連想させますね。名前も「晶」であり、男性でも通用するものであるのも微妙です。

  • 追記V ( 「エンドロール」のリズムは必聴 ) ネタバレ

    2018/12/6 11:39 by さくらんぼ

    エンドロールに流れる曲のリズムが「ガッタン、ゴットン」調なのです。

    ご承知のとおり「電車の音」ですね。

    あの音は、とてもノリが良くて、日本のリズムである「エンヤ、トット」にも通じるところがあるし、もう一度聴きたいぐらい。

    ぜひ楽しんできてください。

  • 追記W ( 鉄道事故 ) ネタバレ

    2018/12/7 9:20 by さくらんぼ

    学校での土下座のエピソードがありましたが、この映画では「モンスタークレーマー」を、通常の意味だけでつかっているのではありません。

    ヒロインが見習いとして電車を運転していた時、線路上にいた鹿を轢いてしまいました。多くの人を乗せて時刻表どうりに走る電車は、映画の記号では「モラル」とされています。

    それを妨害し、停車までさせたのですから、鹿も「モンスタークレーマー」なのでしょう。さらに、死骸を片付けようとしたとき、近くにいた小鹿にじっと見つめられましたが、ヒロインの哀しみをダメ押しした小鹿も「モンスタークレーマー」なのかもしれません。そのせいで、ヒロインは発狂したように泣きわめき、以後の運転ができなくなったようですから。

    ヒロインには父を亡くした息子がおり、親を亡くした子どもの気持ちが分かりすぎていただけに、小鹿の件は堪えたのでしょう。

    しかし、沢山の乗客を預かる電車の運転手としては、放置自転車でも片付けるがごとく、沈着冷静に行動し、運行を再開しなければならないのです。

  • 追記X ( 戻って来た小鹿 ) ネタバレ

    2018/12/7 17:26 by さくらんぼ

    >ヒロインには父を亡くした息子がおり、親を亡くした子どもの気持ちが分かりすぎていただけに、小鹿の件は堪えたのでしょう。(追記Wより)


    鹿の事故があった直後、いろいろあって、ヒロインの息子が(正確には「夫の連れ子」で、ヒロインと養子縁組をしていたかまでは、描かれていなかったと思います。リアルでは養子縁組する場合がほとんどですが)、いつまでたっても父の死を受け入れられないでいることが発覚し、気持ちのゆとりを無くしていたヒロインが、目を覚まさせようと、強く叱責しました。「お父さんは、もういないの。死んだのよ!」と。

    すると、息子は「晶(ヒロインのこと)が死ねばよかったのに…」と言い放ったのです。

    映画を観ていた私は大ショックでした。「それをいっちゃあ、おしまいよ」の世界です。晶も当然大きなショックを受けたでしょう。たぶんその時、「あの小鹿の悲鳴が、息子の口を通して、今、吐きだされた」ような気がしたのだと思います。だから返す言葉もなかった。

    その上、鉄道会社からも、「しばらく休んで、自分の適性を考えてみろ」と、半ば、退職への印籠を渡されていたので、ヒロインはそのまま行方不明になったのです。

  • 追記Y ( 小鹿の親になる決意 ) ネタバレ

    2018/12/7 17:53 by さくらんぼ

    >すると、息子は「晶(ヒロインのこと)が死ねばよかったのに…」と言い放ったのです。(追記Xより)


    さすがに「ひどい事を言ってしまった」と悟った息子は、泣きながら祖父に助けを求めます。… 祖父は晶を捜しに … そして、運よく再会できた祖父は、晶に言いました。

    「もし、このまま戻らなくても、息子は祖父の私が育てるから心配しなくて良い。これからの進路は、自分で考えなさい」と。

    その後、しばらくして、晶は息子と電話で話しました。息子は、泣きながら、「ごめんなさい…」と。

    たぶんその時、この息子を育てることが、「あの小鹿への罪滅ぼし」だとも思ったのでしょう。そうする事が、一番自分の気持ちを安定させるとも。

    ヒロインはすぐ息子の元へ帰り、鉄道会社にも頭を下げて、運転手として再起の決意をしたのです。

  • 追記Z ( でも、母とは呼びたくない… ) ネタバレ

    2018/12/7 18:09 by さくらんぼ

    めでたく息子と和解したヒロインですが、その時、また息子が余分な一言を言ったのです。

    「お母さんじゃなくて、晶のままが良い」と。

    「いいよ!」と笑顔を見せるヒロイン。

    これは、どういう意味でしょうか。

    たぶん息子は、「両親が死んでしまったトラウマで、もう親を持ちたくなかった」のでしょう。また逝ってしまいそうで。それは晶への愛情の裏返しでもあります。

    そして、年齢が15歳しか離れていなかったし、継母でもあるから、「お母さん」よりも「晶という、歳の離れた姉」の方が、しっくりきたのかもしれませんね。

  • 追記[ ( 訂正 ) ネタバレ

    2018/12/7 21:51 by さくらんぼ

    >その上、鉄道会社からも、「しばらく休んで、自分の適性を考えてみろ」と、半ば、退職への印籠を渡されていたので、ヒロインはそのまま行方不明になったのです。(追記Xより)


    上記の「印籠」(いんろう)、正しくは「引導」(いんどう)でした。訂正してお詫びします。

満足度データ

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―
100点
4人(14%) 
90点
4人(14%) 
80点
7人(25%) 
70点
6人(22%) 
60点
6人(22%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
27人
レビュー者数
19
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
81
満足度ランキング
73位
ファン
2人
観たい人
12人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • hiryuden24
  • takappesan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”